ロッド 写真

モアザン ワイズメンシリーズの第一弾は2017年秋新発売のヒラスズキ専用ロッド!その特徴や使い方を大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ヒラスズキを釣ったことがありますか?

豪快で荒々しく、磯の岩場から飛び出してきて白波立つサラシで捕食を繰り返すかと思えば、波消しブロックや波止周りを悠然と泳いでいる姿を見かけることもあります。

なんとかルアーを食わせることができて引っ張ってきたのに、手前のシモリ(=沈み岩・磯)に絡まってバラしてしまった!という経験を持ち主は多いでしょう。

2017年新発売のヒラスズキ専用ロッド、ダイワ モアザン ワイズメンなら、その長さを利用してさまざまな操作・竿さばきが可能です。

その特徴や使い方・製品ラインナップをご紹介しましょう。

2017年秋に新発売となるダイワ モアザン ワイズメン!ヒラスズキ専用ロッドとしての特徴

モアザン ワイズメンは、釣り人のこだわりを形にしていくロッドシリーズの総称。

その第一弾が2017年秋に発売されましたよ。

ソルトアングラーの第一人者・村越正海監修による、ヒラスズキ専用のロッドです。

5本継ぎの内訳は、穂先からなるテレスコ(=振り出し)部分と、グリップ部を含むバットジョイント部分で構成されています。

こうすることで簡単に伸縮できるので、持ち運びの利便性という特徴を生んでいるのです。

製品スペックと使い方の紹介動画はこちら

モアザン ワイズメンのロッドの長さを活かした使い方

いざ実釣を開始すると、15フィートという圧倒的な長さが手前にあるシモリをかわして、掛かったヒラスズキをバラさず取り込むことができます。

その十分なロッドの長さは、ルアーのトレースコースの選択にも自由度を生み、あらゆるアプローチを駆使してヒラスズキをゲットする可能性を高めてくれています。

ロッド リールシート 写真

ダブルロック仕様のリールシート

出典:ダイワ

リールシートの特徴に注目!

モアザン ワイズメンのリールシートに注目してください。

取り付け部分にはアルミナットを採用し、ダブルロック仕様にしてズレやガタ付きを防止しています。

ナットのサイズが長めなので、リールを保持する力は格段にアップしていますよ。

新発売となった製品ラインナップはこの1機種のみ

アイテム長さ継数仕舞寸法自重
T150M-5 平狂4.57m5本(振り出し+バットジョイント)112cm322g
先径/元径適合ルアー適合ラインカーボン含有率メーカー希望本体価格
1.7mm/19.7mm10g~50gPE0.8号~2号99%98,000円(税別)

モアザン ワイズメンのラインナップは、現在この1機種のみです。

今後追加される予定ですので、楽しみに待ちたいですよね。

最新の感性領域設計システム・ESSや、SVFコンパイル×ナノプラス・X45・3DXを採用して、カーボンロッドとしての感度や耐久性を最高レベルに仕上げてくれるはずですから、どんなロッドが発売されても気になって欲しくなるでしょう。

製品のご購入はこちら

シーバスの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY