シマノ 17セドナ 写真

17セドナはシマノ独自の機能搭載の低価格リール!その気になる特徴やインプレをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

2015年に発売されたセドナがリニューアルして2017年に登場しています!

価格は5000円~とリーズナブルにもかかわらず優れた性能で、初心者から改造ベースとして使いたい上級者まで人気があります。

それでは、気になる特徴やインプレをご紹介します。

17セドナの特徴

●HAGANEギア

金属の塊を約200トンの圧力でプレスし、シマノ独自の精密冷間鍛造という技術で作られた、硬くて粘り強いギアが搭載されています。

セドナはエントリーモデルにも関わらず、なめらかな巻き心地でストレスを与えません。

●Gフリーボディ

ウォームシャフトをドライブギア上部に配置することで手元に重心を集めています。

元々軽量なリールですが、このGフリーボディによって、さらに軽さを実感できますよ。

●大径ドラグノブ

剛性と耐久性に優れた大径タイプのドラグノブを搭載することでファイト中の細やかなドラグ調整が可能です。

操作性が高いのでエントリーモデルでも安心して使えますよ!

2500・2500s・C3000のインプレはこちら

巻き心地は前より随分よくなりましたし、今のところ全く壊れる気配がありません。ハンドルもカタカタしません。ロッドも新調するのであればお財布事情を鑑みると、これで充分なのかなと思います。

出典:アマゾン

海釣り用に購入しましたテンヤやフカセなど幅広く対応でき実際魚がかかっても充分対応できましたこの値段でこのスペックなら大満足です。

出典:アマゾン

シンプルなデザインで、使い倒すにはピッタリのリールです。この価格でこれだけ滑らかに巻ければ、文句なしです。

出典:アマゾン

HAGANEギアの恩恵なのか、巻き心地、リトリーブのヌルヌルさはいい感じです。

出典:アマゾン

インプレではコスパがいいという声がたくさん上がりました。

ただ、ストッパーレバーは付いていないので、キャスト前の巻きすぎには気をつけてくださいね。

ハイスピード対応のC3000HGや8000番代まで幅広く対応!

ラインナップはこちらになります。

・1000

・C2000S

・C2000HGS

・2500

・2500HG

・2500S

・2500S PE

・C3000

・C3000HG

・C3000DH

・4000

・4000XG

・C5000XG

・6000

・8000

ハイスピード対応のC3000HG/4000HGモデルがあり、幅広い釣種やフィールドに対応できますよ。

また、シマノのバスフィッシングを目的としたリールの中では2500sが一番適しているのではないかとアングラーの中では言われています。

使用目的に合わして自分にあった種類を選びましょう。

「改造できる?」「ベアリンク数は?」リール選びで気になる事!

高いリールほどベアリング数が多いと思う方も多いのではないでしょうか。

17セドナは1000~8000までベアリング数は3となっております。

また、中には廉価版リールを改造して使いたいという上級アングラーもいますよね。

17セドナは高強度なギアが元々備わっているので、一通り使用した後は改造ベースにして楽しむのもいいのではないでしょうか。

ご購入はこちら

17セドナの公式HPはこちら!

NEW セドナ[SEDONA]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノロジーと感性を融合させた、こころ躍る製品をお届けします。

シマノ スピニングリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY