モアザン ミドルアッパー ダイワ ルアー 写真

ダイワ モアザン ミドルアッパーでタフコンディションのシーバス・ヒラメを迎撃!詳細インプレッションを特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、シーバスをワームで釣ったことはありますか?

これまでの釣り方は、ハードプラグであるミノーやスピンテールジグなどを用いるスタイルが主体でした。

しかし昨今の釣り場は、釣り人でごった返していてハイプレッシャーの中で釣り上げなければなりません。

そんなときに効果があるのが、ソフトマテリアルで作られたワーム。

ダイワ モアザン ミドルアッパーは、あの小沼正弥さんが監修したシーバス・ヒラメ・青物を狙うための必釣ワームです。

その詳細インプレッションをお届けしましょう。

ダイワ モアザン ミドルアッパーには3.5インチ・4.2インチモデルがラインナップ

モアザン ミドルアッパーには、2つのボディサイズがラインナップされています。

3.5インチと4.2インチです。

釣り場にいる小魚のサイズに合わせて、ローテーションしながら使い方を工夫してみましょう。

水中スイムアクションと使用インプレ動画はこちら

ヒラメにも効く!モアザン ミドルアッパーの特徴

モアザン ミドルアッパーの3.5インチ・4.2インチどちらも正面から見ると、逆三角形のフォルムをしています。

このままの向きでジグヘッドにセットして泳がせると、水平姿勢をキープしながら最後尾を微細に振動させているのが分かります。

まさに小魚のアクションを再現できていますよね。

ハイプレッシャーでスレたシーバスでも、思わず反応してくれるでしょう。

インプレ動画の通りに上下逆転させてジグヘッドに付けた使い方

今度はワームの上下をひっくり返してジグヘッドにセットしてください。

正面から見ると三角形、つまり背中が尖っていてお腹がフラットになりました。

この状態で水中を泳がせると、アップダウンを伴なった機敏なダートアクションをおこなうようになります。

いわゆる反射食い(=リアクションバイト)を誘発できるので重宝しますよ。

3.5インチ・4.2インチ両方に共通のカラーラインナップはこちら

モアザン ミドルアッパーには17種類のカラーラインナップが用意されています。

3.5インチ・4.2インチどちらにも同じカラーがあるのが便利ですね。

●小沼オレンジ

●小沼シャイナー改

●バチSP

●パールピンクベリー

●パールレッドヘッド

●ピンクゴールド

●ライムチャート

●銀粉アミ

●銀粉キビナゴ

●銀粉生イワシ

●銀粉富津ベイト

●グローパールピンクベリー

●銀粉ケイムラネオン

●銀粉ヒラメピンク

●エメラルド鮎

●銀粉グローチャート

●銀粉生カタクチ

さまざまな実釣インプレッションを元に、これほどたくさんのカラーをリリースしてくれると、釣り人側としては選択の幅が広がって、とてもありがたいですよね。

オールシーズン楽しめるシーバス釣り、始めてみたい!と考えている方のお助けアイテムになるのは間違いないでしょう!

製品のご購入はこちら

シーバスの関連記事

ダイワ モアザンシャローアッパー 125Fが新発売!デッドスローリトリーブ対応の魅惑のシーバス専用リップレスミノー!

夏が終わりに差しかかり、シーバスフィッシングで爆釣が期待できる季節が、もうそこまでやってきました。 そんなシーバスフィッシングに欠かせないルアーの種類と言えばミノー。 そのシ…

FISHING JAPAN 編集部

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY