トイレットペーパー 女性 写真

マサバが便秘の妙薬!?秋が旬で人気のターゲットにはこんな噂が!その真偽はいかに…?

FISHING JAPAN 編集部

皆様、サバはお好きですか?

しめサバ、刺身、味噌煮…

料理方法によって色々なバリエーションが楽しめるおいしいお魚です。

「秋サバは嫁に食わすな」といわれることもありますが、その言葉にも出てくるようにサバの旬は秋から初冬にかけてと言われています。

秋が旬のサバについて、もう少し詳しく見ていきましょう!

エサによって夏サバも脂のり最高!

サバの旬は秋~冬とされていますが、夏のサバも包丁の滑りが悪くなるほど脂が乗っていて、ウハウハ言いたくなるほどのおいしさです。

これは、その時期に食べているエサと大いに関係があるようなんです。

瀬戸内ではイカナゴをエサとして食べると脂がよく乗るといわれていますが、紀州ではイワシがいいようです。

このようにイワシを飽食したサバは、包丁が滑るほど脂がよく乗るそうですよ。

コマサバとマサバは旬の時期が違う

また、日本の近海にはマサバとゴマサバが生息しています。

マサバの旬は秋から冬にかけてですが、ゴマサバは夏から秋にかけてです。

そのためゴマサバは、マサバよりおいしくなるのが早いです。

さらに地球温暖化の影響か、最近は紀州でも暖かい海を好むゴマサバの方が多くなったようですよ。

死後しばらくしてから斑点が出現??

実はマサバとゴマサバは、見た目がとてもまぎらわしいのはご存じですか?

ゴマサバを釣り上げたときに、マサバのようにおなかが真っ白なので、「やった!マサバが釣れた!」と喜んでいたら、いつの間にかおなかにゴマ粒のような斑点が現われて、正体はゴマサバだったということがよくあるんです。

ゴマサバはおなかにあるゴマ粒のような斑点から生まれた呼び名で、この斑点は死後しばらく経たないと出現しないそうです。

マサバは便秘の妙薬?

ところで、元禄8年(1695年)に発行された本朝食鑑には、便秘の人にはマサバが特効薬だと書かれているそうです。

また、生サバの目を肛門に入れるとお通じがよくなるとも書かれているそう。

これって…本当でしょうか!?

どうやらこれは、アレルギー体質の人が背の青い魚を食べるとじんま疹が出たり下痢したりすることから、便秘によいという説が一人歩きしたようですよ。

便秘に効くというよりも…おいしいサバを釣ってこの秋もたくさん食べてみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY