フック 画像

ジャッカル アンチョビ太刀魚フックでタチウオを逃がさない!刺さりの良さと強さを両立しています!

FISHING JAPAN 編集部

タチウオはもともとずいぶんと深い層に漂っていて、潮の動きや水温、それからベイトフィッシュの群れを追って浅い層に移動してきます。

上下の動きに加えて、横の動きにもたけているような印象なのですが、実は食い付くのがとても不器用。

釣り人が懸命にルアーで誘っても、とんでもないところにかみ付いていたりします。

そんなタチウオの習性に対応するべく開発されたのが、ジャッカルのタチウオ専用フック『アンチョビ太刀魚フック』です。

どんな製品なのか見ていきましょう!

目次

  • 3つのサイズでルアー・ジグにジャストフィット
  • 貫通能力を重視
  • フッ素コートに注目!
  • 平打ち構造でビッグサイズも狙える!?
  • ジャッカルの『アンチョビ太刀魚フック』の商品レビューはこちらから

3つのサイズでルアー・ジグにジャストフィット

S・M・Lの3種類のサイズが用意されています。

取りつけるルアーやジグの長さに合わせて、サイズを換えることができるので便利ですね。

貫通能力を重視

4本針仕様で、そのハリ先は全てバーブレスです。

いわゆるカエシが付いていない状態で、このほうがタチウオに刺さったときに貫通しやすいからなのです。

フッ素コートに注目!

貫通させるという点では、アンチョビ太刀魚フック全体にフッ素をコーティングしてあります。

これよにより滑りが格段に向上し、貫通を助けてくれる効果があります。

平打ち構造でビッグサイズも狙える!?

フック全体は細軸に作られていますが、よく見るとしっかりプレスされたハリ先鋭い平打ち構造です。

これによりフックの耐久性・剛性が上がり、ドラゴン級と呼ばれる1メートルを超えるタチウオにも、難なく対応できるようになっています。

タチウオ釣りは初心者にも人気ですので、週末に出かけられる方も多いのでは!?

ぜひ、一度アンチョビ太刀魚フックを試してみてくださいね!

ジャッカルの『アンチョビ太刀魚フック』の商品レビューはこちらから

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY