ゼロゴッサ ゼログラビティ バス

【超激レア】ゼログラビティのサイトにも載っていないレアすぎるルアー『ゼロゴッサ』とはナニモノ!?

FISHING JAPAN 編集部

ゼログラビティのペンシルベイト『ゼロゴッサ』をご紹介します!

こちらの製品はボディに模様が入っているものの、木材の色をそのまま利用しています。

どのような意図で作られたルアーなのか、大変興味深いですね。

詳しく見ていきましょう!!

ゼログラビティっぽくないルアー?

ゼログラビティといえば、木材と金属をうまく組み合わせて、バスを誘い出す釣り道具を製作するメーカーです。

ユーザーとのコミュニケーションを大切にすることでも有名で、ゼログラビティ製のルアーで釣れたバスの写真を募集して、フォトトーナメントを開催しています!

その一環として、『ゼロゴッサ』が登場します!

その動画はこちらです、チェックしてみてください♪

記念品として世に出た『ゼロゴッサ』

開催されたフォトトーナメントの記念品として、『ゼロゴッサ』は用意されました。

本場アメリカでも、そういったノベルティ目的のルアーは存在していましたが、ここ日本で、しかも参加者全員に配布したハンドメイドルアーなど、前例がないでしょう。

しかもこの『ゼロゴッサ』、実釣能力も素晴らしいレベルに仕上がっています。

コミカルテイストの実力派

投げた後の着水音が低く静かで、バスが警戒心を起こしにくくなっています。

動き出しもスムーズで、まるで水面を舞うスケーターのようですね。

ボリュームが太めのソーセージっぽいですから、コミカルな雰囲気も漂っています。

実釣で機能することと、ユーザーを楽しませることが同居できている、極めてまれなルアーといえます!!

ゲットしたい超激レアルアー!

『ゼロゴッサ』を手に入れようと思ったら、再度製作をしてもらわなければなりません。

次もノベルティになるのか、正規リリースされるのか、どちらか判明するまでは、楽しみに待つことにしましょう♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

巨大海洋生物捕獲!!開いた口が塞がらない!?実際に起きた衝撃的すぎる捕獲事例3選【動画】

今回はフィッシングジャパン編集部が厳選した3事例をご紹介します!

2位

元NMB48 門脇佳奈子さんの釣り愛がとまらない!卒業後はかわいい釣りドルに!?

門脇佳奈子さんは、テレビ番組の企画をきっかけに2級小型船舶操縦士の資格を持っています!

3位

ダイワ パワーフィネスジグ SSが2017年9月ニューリリース!気になる使い方やラインナップをご紹介!

こちらのカラーはチラシカラーと呼ばれていて、障害物の中でもひと際目立って見失いません!

記事ランキングをすべて見る