渓流釣り フライフィッシング

【初心者必見!】フィッシングベストは渓流ルアーフィッシングに必要?また、ポケットの効果的な使い方とは??

FISHING JAPAN 編集部

ポケットがいっぱい付いたフィッシングベストは、渓流でのルアーマンとっておなじみのアイテムですよね!

このベストを着用すると、まるで皆同じような服装になっていますが、本当に必要なのでしょうか。

今回は初心者渓流ルアーマンの為に、フィッシングベストの必要性と使い方をご紹介します☆

目次

  • フィッシングベストは必要!?不要!?
  • ベストからぶら下げておくと便利なもの
  • 魚体を傷めないためにランディングネットを!

フィッシングベストは必要!?不要!?

いきなり結論ですが、フィッシングベストは大変便利なアイテムといえると思います。

しかし、それでも必ず必要とは限りません。

画一的な服装は嫌とか、フィッシングバッグ等でも自分なりに便利に使えていれば、それでも全く問題はありません。

皆さんはベストをご覧になった事がありますか?

フィッシングベストにはたくさんポケットがありますよね☆

腰上の大きなポケットはルアーのタックルが収容できます。

片方にはスピナー、スプーン、反対側にミノーなどと分けると便利です!

胸のポケットは替えのフック、スイベルなどの小物を入れる事ができます。

このように、フィッシングベストは、アングラーの為に開発されたものなので、鞄をもたずしても、アイテム別の収納・整理整頓力は他をも寄せ付けません☆

ベストからぶら下げておくと便利なもの

ラインカッターや、魚体のサイズを測る小さなメジャーを、伸びるワイヤーに付けてベストからぶら下げておくと、使い勝手が大変便利です。

さらにフックを外す時に必要な小さなプライヤーも、熊よけ鈴もぶら下げておきましょう。

さらに、虫除けスプレーや虫刺されの薬傷用絆創膏などの救急用品、小さなタオルなどの小物も内側のポケットに入れます。

水の入ったペットボトルやおにぎりは背中の大きなポケットに入ります。

これだけ入るのを想像すると、便利そうだな…!!とおもいませんか??

魚体を傷めないためにランディングネットを!

渓流の魚は常に減少傾向にあります。

釣り人が釣れた魚をすべて持ち帰っていると、いつか渓流の魚がいなくなってしまうことも考えられます。

もちろん、キャッチ&イートの日もあっても構いませんが、それ以外の日は紳士的なアングラーとして、リリースすることをお勧めします。

しかし、釣れた魚をピックアップする時に手で触ると、魚にとっては火傷状態になってしまいます。

この場合は手を冷やすか、ランディングネットを使うと効果的ですが、ランディングネットをぶら下げるためのフックが背中に付いています。

最後に、渓流釣りをする時は、ゴロゴロした岩場や滑りやすい川の中を歩きますよね?

リールをつけたロッド以外は手に持たず、片手をフリーにして歩くのが安全です。

そのために、フィッシングベストは手で持たなくても何でも収容できるようになっているのです。

絶対に必要なアイテムではありませんが、あるとこれほど便利なものはない!と思える事間違いなしです。

一度、釣り具店などで実物を見てみてはいかがでしょうか?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY