ダイワ ルアー ネコストレート

【使い勝手抜群】究極のスタンダードワーム!ダイワの『ネコストレート』の激釣の理由はココにあった!

FISHING JAPAN 編集部

非常にシンプルなデザインのストレートワームだからこそ、製作者の苦労が凝縮されているといえる商品、ダイワの『ネコストレート』。

これに手足の付いたワームなら、個性を演出して差別化することは簡単なのですが…ストレートワームだとそういうわけにはいきません。

ダイワの『ネコストレート』に込められた、製作者の思いを確認してみましょう!!

シンプルさが売りのストレートデザイン

ストレートワームは、単にまっすぐな形状を採用したワームです。

細長いことが、そのままバスの食い付きを強烈に誘導するからです。

しかし、フックをどこにつけるかによって基本的なアクションが変わってきますし、そのフックに付随するシンカーの位置や重さによっても、変わります。

ということは、意図して取り付け位置を変えることによって、さまざまなアクションをつくりだせるんです!

また、こちらの琵琶湖編の動画では、大きな湖のウイードエリアにおけるストレートワームの使い方を伝授してくれています。

アクションに変化をつけるための工夫が!

ダイワの『ネコストレート』には、アクションの変化やその演出を支えるための工夫が盛り込まれています。

例えば、頭の部分に開けられている穴。

これは釘状のシンカーを突き刺すためのもので、アクションにキレが生まれます。

また頭の部分が真っ先に着底し、まるで小魚がエサをついばんでいるかのような、逆立ちアクションを具現化してくれるのです。

『ネコストレート』はサイズも4種類

他にも、最後尾の形が水を受けて微細に震えるようなデサインに仕上げられています。

また、ボディ全体に刻まれたリブには、水に絡み付き、同時に水を揺り動かす効果がありますよ!

サイズは、3.75インチ・5インチ・5.8インチ・6.5インチの4種類が用意されています。

ぜひあなたが通うフィールドに合わせて、サイズや色を選択して、使いこなせるようになってみてくださいね♪

ダイワの『ネコストレート』の商品レビューはこちらから

ダイワの『ネコストレート』の開発担当者の実釣シーンのこちらからチェック!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

巨大海洋生物捕獲!!開いた口が塞がらない!?実際に起きた衝撃的すぎる捕獲事例3選【動画】

今回はフィッシングジャパン編集部が厳選した3事例をご紹介します!

2位

元NMB48 門脇佳奈子さんの釣り愛がとまらない!卒業後はかわいい釣りドルに!?

門脇佳奈子さんは、テレビ番組の企画をきっかけに2級小型船舶操縦士の資格を持っています!

3位

ダイワ パワーフィネスジグ SSが2017年9月ニューリリース!気になる使い方やラインナップをご紹介!

こちらのカラーはチラシカラーと呼ばれていて、障害物の中でもひと際目立って見失いません!

記事ランキングをすべて見る