渓流釣り ルアー

【どれをチョイス?】タイプ別ルアーの使い分けでもっと面白くなる!!渓流ルアーフィッシング

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは渓流釣りに行かれるとき、場所によってルアーの使い分けはちゃんとしていますか?

実は狭い渓流などでは、キャストするルアーも使い分けが必要なんです。

なぜかというと、ブラックバスがいる場所と違い、渓流釣りはかなり流れのある中での釣りなので、ルアーのアクションも流れに対応させる必要があったんです!

今回は様々な種類のルアーの使い分けオススメポイントをご紹介します。

どの方向にキャストしても反応がいいスピナー

流れの中でルアーをキャストする場合、上流側に投げるアップストリームケースと、下流側に投げるダウンストリームケースがあります。

淵や瀬など、ポイントによってキャストする方向を現地で判断しますが、どっちに投げても効果があるのがスピナーです。

スピナーはボディにブレードと呼ばれる楕円形の金属片がついており、それが引かれるとブレードがくるくる回る仕組みになっています。

スピナーは上流へでも下流へ投げても、ブレードが回りながらリーリング(リールを巻く)するので、魚に最も効果的にアピールできます。

アップストリーム側に弱いスプーン

スプーンは文字通り食器のスプーンの円盤状の形をしており、水中で引かれるとゆらゆらと揺れて魚を誘う動きが特徴です。

下流側のダウンストリームに投げて、上流に向かって引く場合はアクションが有効です。

ただし、アップ側に投げて引く場合、まず水流にのってスプーンが流れるので、水流以上に早く引かないとアクションできません。

早く引くと、魚が追いつけないこともあり、アピールが弱くなってしまうのが弱点です。

ミノーは渓流の場所を選ぶ

ミノーは先端のリップで水の抵抗を受け左右にクネクネと動くアクションが特徴です。

ところが流れの中では、それこそアップに投げるとかなり早く引かないとアクションできず、下流から上流に引くと水の抵抗が大きくなりすぎ、あまりに派手に動きます。

魚の活性が、かなり高い時ならアタックしてきますが、ミノーはオーバーアクションなので自然な姿に見えないことから、やはり反応が悪くなることがあるといえます。

しかし、大きな淵の水が溜まっているような大場所などでは、ミノーが効果的になります。
渓流ではミノーはトップウォーターではなく、シンキングタイプを使うと効果的です。

いかがでしたか?

渓流では大石が並ぶ瀬や流れのある場所はスピナーを中心にチャレンジを!

淵が連続するようなポイントではスプーンや、ミノーを使うとGOOD!

肝心なのは、場所によってこれらのルアーアクションが発揮されるように流すことです。

一部、ミノーが瀬で有効な場所もありますのでご注意を。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

巨大海洋生物捕獲!!開いた口が塞がらない!?実際に起きた衝撃的すぎる捕獲事例3選【動画】

今回はフィッシングジャパン編集部が厳選した3事例をご紹介します!

2位

元NMB48 門脇佳奈子さんの釣り愛がとまらない!卒業後はかわいい釣りドルに!?

門脇佳奈子さんは、テレビ番組の企画をきっかけに2級小型船舶操縦士の資格を持っています!

3位

ダイワ パワーフィネスジグ SSが2017年9月ニューリリース!気になる使い方やラインナップをご紹介!

こちらのカラーはチラシカラーと呼ばれていて、障害物の中でもひと際目立って見失いません!

記事ランキングをすべて見る