ルアー フック カルディバ

【超使える】ルアーボックス内のフック絡みが激減!?カルティバのフックバンドが便利すぎる!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーを交換する時って周りのフックがまとわりついて、スムーズに交換できない経験ありませんか??

しかも、焦ってる時は余計はずれなかったり…。

そこでBOX内のフック絡みを最小限に抑え、ルアーの取り出しが楽々な商品をご紹介します!

カルティバの「フックバンド」で簡単整理!

紹介させていただくのは、オーナーから出ているカルティバの「フックバンド」!

フックをまとめてバンドを引くだけで簡単装着できるんです。

そのため着脱がとてもスムーズ!

フックカバーではかさばってしまうような状況でも、最小限のスペースで収納できます。

使い方の手順はとっても簡単ですよ!

まとめて引くだけの簡単装着!

まずはフックをそろえてバンドでまとめます!

次にバンドの片方を引っ張り、ゆっくりと締め込みます!

そうするとフックのばらつきがなくなり、ルアーの出し入れのストレスがなくなります。

最後に短い方を引っ張り、バンドの長さをそろえれば完成です。

とても簡単ですね!

通常フックカバーであれば、針の大きさによって細かくサイズが異なります。

しかもかさばるため、収納できるルアーの数が限られるデメリットがあるんです!

しかし!!

カルティバの「フックバンド」であれば、針の大きさでカバーの大きさを変える手間もはぶけます!!

サイズはSとLの2サイズから選べて安心!

3フックでも安心のLサイズがあるのが素敵!

またLサイズであればオフショア用の大型プラグでも取り付けることも可能なので、ソルトアングラーにもうれしいですね!

フックの間隔で取り付け可能か判断できるので、ぜひ一度測ってみてください!

輪ゴムとは違う!!

バンドでいいなら輪ゴムでもいいのでは?と思うかもしれません。

実際にルアーを買った時って輪ゴムでフックを止めてますもんね。

しかし、輪ゴムって劣化するとパリパリになったり、ひっついたりしてストレスなんです。

何よりワンタッチで取り外しができるのが最大の魅力!

ボックスの整理に一度試してみてはどうでしょうか?

気になる方はチェックしてみてくださいね♪

カルティバの「フックバンド」の商品レビューはこちらから

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

巨大海洋生物捕獲!!開いた口が塞がらない!?実際に起きた衝撃的すぎる捕獲事例3選【動画】

今回はフィッシングジャパン編集部が厳選した3事例をご紹介します!

2位

元NMB48 門脇佳奈子さんの釣り愛がとまらない!卒業後はかわいい釣りドルに!?

門脇佳奈子さんは、テレビ番組の企画をきっかけに2級小型船舶操縦士の資格を持っています!

3位

ダイワ パワーフィネスジグ SSが2017年9月ニューリリース!気になる使い方やラインナップをご紹介!

こちらのカラーはチラシカラーと呼ばれていて、障害物の中でもひと際目立って見失いません!

記事ランキングをすべて見る