バス釣り ダーター バス バスフィッシング リップ

【バス釣りテクニック】初心者必見!岸際に投げても釣れない…そんな時のとっておきの解決法とは??

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りに行って、なにやら潜んでいそうなこんな岸際に遭遇したことはありませんか??

目次

  • まずはその場を観察することが大切
  • バスは泥けむりを嫌う!
  • ダーターを浮かべて放置

でも、ルアーを投げても無反応。

バスはいないのかな?という印象を持ちますよね。

でも、それは大きな間違いかも!?

まずはその場を観察することが大切

以前に釣りに行って、その場所で釣れてしまうと「ここではバスが釣れる!」と思ってしまいますよね。

岸際でデカいバスを釣った経験があれば、岸際にルアーを投げることに、何の疑問も持ちません。

だからこそ偏見を持たずに観察することが何より大切なんです!!

バスは泥けむりを嫌う!

水底の様子を見てください。

底の状態が、泥や赤土ならそこから離れましょう。

波などで巻き上がる泥けむりがエラに入るのを、バスは極端に嫌がる傾向があります。

視覚が遮られるのも、気に入らないのかもしれませんね。

ダーターを浮かべて放置

石や岩が転がっているエリアでは、依然としてバスの姿は見えませんが、それは特に気にしなくていいです。

岸際にダーターを浮かべてクラッチを切り、ラインを放出しながら、ここから離れましょう!

風が吹いたり止んだりしても、ダーターを引き寄せずにそのまま。

時間でいえば、お昼ごはんを食べ出して、食べ終わるくらいの間、漂わせてみたら…ドカンッ!

まるで仕掛けが爆発したかのようなタイミングで釣れます!!

浮力の高いリップを持った木製のダーターは、遠隔操作に向いています。

ちょっとアクションを加えたら、ピクピクっと反応してくれます!

静の釣りのようにも見えますが、釣れないときの突破口になるのは間違いなさそうです。

ぜひ、そういう場所に遭遇した際はこのテクニックを使ってみてくださいね♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY