ダイワ ルアー ボスクロー

超ヘビーウエイトボディの実力がすごい!ダイワのワーム『ボスクロー』のバックスライドアクションに注目!

FISHING JAPAN 編集部

普通のワームよりも、とびきり重くなっているダイワのワーム、『ボスクロー』。

体内の黒い部分が、比重の高いことで知られている樹脂製のタングステンです。

ヒゲが何本か伸び、平らな爪が付いていますので、ザリガニやエビといった甲殻類に似せてあります。

重めのザリガニワームの実力は、いったいどのようなものなのでしょう??

9グラムもあるウエイトにびっくり!

ダイワの『ボスクロー』は、全長約7.6センチで、自重がなんと9グラムもあります。

それだけ重ければ、オモリを付けずにベイトタックルで、楽々投げることが可能です。

カラーバリエーションは、全部で10種類。

甲殻類が脱皮したときのようなカラーも含まれています!

注目の動き、バックスライドとは?

ダイワの『ボスクロー』は、バックスライドというアクションをすることができます。

バックスライドとは、『ボスクロー』を投げて水面に着水した位置から、真下に向かうのではなく、まだ奥に向かって滑り込むように突っ込んでいくアクションのこと。

これにより、覆い被さった木の枝があったとしても、その根元へ向かって『ボスクロー』を滑り込ませることが可能になるのです。

特殊な仕掛けは必要なく、オフセットフックの3/0サイズを爪の付いている側から差し込んでセットするだけで、準備は完了。

ダイワの『ボスクロー』独特の、ぜひ試してもらいたいアプローチです。

爪をカットしたら別のアクションもOK

ダイワの『ボスクロー』をバックスライド以外でも使うことができます。

爪をよく見ると、平らな面にスジが入っています。

これに沿って切れ目を入れてやると、カーリーテール状に早変わりしてくれるのです!。

爪部分をバタバタ震わせながら落とし込めるので、バスにとって刺激の強いアピールとなるでしょう。

ダイワの『ボスクロー』の2種類のアクションを駆使して、本来なら攻めることのできなかった場所にいるバスを、釣り上げてみましょう!!

ダイワの『ボスクロー』でシャロー攻略の動画はここからチェック!

ダイワの『ボスクロー』の商品レビューをチェック!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

新着記事

新着記事をすべて見る