梅雨 雨 釣り

【雨天実行】苦手な雨を好きになれる!梅雨時期にバスを釣るために知っておきたい秘訣とは?

FISHING JAPAN 編集部

もうすぐ梅雨の季節ですよね。

雨は衣服が濡れてしまいますから嫌なもの。

そんな中、バス釣りをするのなら、どのような影響があるのでしょう?

一見大荒れの水面では、バスはルアーを見失ってしまう雰囲気があるのですが・・。

目次

  • 急な雨にはカミナリが!
  • 雨宿り中に周りを観察
  • 再度「荒れ」を演出!
  • 雨の時こそ試してみる!

急な雨にはカミナリが!

雨が急に降ってきました。

まずしなければならないことは、釣りではありません。

安全第一です!

雨といえば低気圧、カミナリが発生する可能性があります。

手に持っているロッドは、避雷針の役割を果たすくらいカミナリを引き寄せる効果があります。

放り捨ててしまわないのであれば、ロッドとともに木の下などに隠れるようにしましょう。

雨宿り中に周りを観察

木の下に避難すれば、雨に濡れることも防げます。

レインスーツを持参して着ていてもそのまま濡れっぱなしにならずに、雨宿りする習慣を付けるようにしましょう!

落ち着いたら、その場から周囲を見渡してください。

いつもより濁りのキツい水、荒れる水面、生命感をまるで感じない岸辺。

そういった状況がふと変わる瞬間を逃さないように、観察を続けるのです。

再度「荒れ」を演出!

濁りはすぐには消えません。

しかし、荒れた水面なら、雨脚が弱まれば収まる可能性があります。

それを見逃さないようにして、少しでも雨粒の落ちるのが減った水面に、ポッパーを投げ入れて放置しておきます。

すぐには動かしません!

もっと雨粒が減って、ほとんど荒れていない状況に変わった瞬間に、「ボコッ!」とアクションを加え水しぶきを上げるのです。

下から見上げ続けていたバスが、たまらず水面を割って躍り出てくるかもしれません。

雨の時こそ試してみる!

雨降りのときは、晴れの日と同じアプローチはしないで、静と動のメリハリに気を配ることを忘れないようにしてみてください。

ぜひポッパー以外のルアーも試してみたり、雨の時にどのような釣りをするのがいいか色々チャレンジしてみてくださいね♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

待ちに待った日本を代表するハイエンドスピニングリールが2018年新しくなります!

2位

【シマノ2018年新作リール最新情報】バンタムシリーズに待望のベイトリールが登場!

新作リールの感触を真っ先に確かめたい人は1月から開催されるフィッシングショーへ行きましょう。

3位

昔からレッドヘッドカラーがルアーに使われるのはなぜ?その理由をじっくり考えてみよう!

ルアーには数多くのカラーが塗られていて、それぞれに理由があります。

記事ランキングをすべて見る