ジャッカル ルアー クランクベイト

【新提案】カバー攻略のためのダックビルリップに注目!ジャッカル『マッシュボブ50MR』ってどんなの?

FISHING JAPAN 編集部

小さめサイズのクランクベイトは、昔からバス釣りで重宝するんですよね。

ただ、リップに耐久性がなくて欠けたり、カバー(=障害物)に引っ掛かりやすかったりと、使いづらいものがありました。

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、その辺をクリアできているのか、詳しく見てみましょう!

目次

  • 新しい小型クランクベイト
  • 移動する重心を磁石で固定!
  • ダックビルリップでカバー攻略
  • 狙って仕掛けるスモールクランク『マッシュボブ50MR』をチェック!
  • ジャッカルの『マッシュボブ50MR』の商品レビューはこちらから!

新しい小型クランクベイト

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、長めのリップが付いた小型クランクベイトです。

全長が5センチで、自重が9.5グラム。

その泳ぎと特徴を解説している動画をチェックしましょう。

移動する重心を磁石で固定!

動画でもわかりますが、ジャッカルの『マッシュボブ50MR』の泳ぎはとても安定しています。

カバーのない水中を泳がせてみると、そのロール(=正面から見たときのボディの揺れ)やウォブル(=上から見下ろしたときのボディの揺れ)に、しっかりとしたメリハリがあります。

これは重心が一点に集まって固定されているからで、重心移動システムに磁石を用いたメリットが、うまく表れています!

ダックビルリップでカバー攻略

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』のリップ形状は、他のクランクベイトと異なっています。

既存のリップには、角張ったものや丸みを帯びたものが採用されているのですが、『マッシュボブ50MR』のリップは、あひるのくちばしのような形をしています。

これが水中のカバー、例えば沈木などに当たると、一瞬「クンッ」という引っ掛かったような感触が伝わってきてから、プルンと外れて乗り越えてくれるのです。

カバーを乗り越えるのが得意なリップといえば、角張ったタイプが主流だったのですが、今後はこのあひるのくちばし(=ダックビルリップ)が取って代わるかもしれませんね。

狙って仕掛けるスモールクランク『マッシュボブ50MR』をチェック!

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、1,500円(税別)です。

カバーに潜んでいるビッグバスの中には、ワームに反応しないものがいますから、『マッシュボブ50MR』を使って誘い出してみたいですね!

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』の商品レビューはこちらから!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

待ちに待った日本を代表するハイエンドスピニングリールが2018年新しくなります!

2位

【シマノ2018年新作リール最新情報】バンタムシリーズに待望のベイトリールが登場!

新作リールの感触を真っ先に確かめたい人は1月から開催されるフィッシングショーへ行きましょう。

3位

昔からレッドヘッドカラーがルアーに使われるのはなぜ?その理由をじっくり考えてみよう!

ルアーには数多くのカラーが塗られていて、それぞれに理由があります。

記事ランキングをすべて見る