ジャッカル ルアー クランクベイト

【新提案】カバー攻略のためのダックビルリップに注目!ジャッカル『マッシュボブ50MR』ってどんなの?

FISHING JAPAN 編集部

小さめサイズのクランクベイトは、昔からバス釣りで重宝するんですよね。

ただ、リップに耐久性がなくて欠けたり、カバー(=障害物)に引っ掛かりやすかったりと、使いづらいものがありました。

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、その辺をクリアできているのか、詳しく見てみましょう!

新しい小型クランクベイト

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、長めのリップが付いた小型クランクベイトです。

全長が5センチで、自重が9.5グラム。

その泳ぎと特徴を解説している動画をチェックしましょう。

移動する重心を磁石で固定!

動画でもわかりますが、ジャッカルの『マッシュボブ50MR』の泳ぎはとても安定しています。

カバーのない水中を泳がせてみると、そのロール(=正面から見たときのボディの揺れ)やウォブル(=上から見下ろしたときのボディの揺れ)に、しっかりとしたメリハリがあります。

これは重心が一点に集まって固定されているからで、重心移動システムに磁石を用いたメリットが、うまく表れています!

ダックビルリップでカバー攻略

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』のリップ形状は、他のクランクベイトと異なっています。

既存のリップには、角張ったものや丸みを帯びたものが採用されているのですが、『マッシュボブ50MR』のリップは、あひるのくちばしのような形をしています。

これが水中のカバー、例えば沈木などに当たると、一瞬「クンッ」という引っ掛かったような感触が伝わってきてから、プルンと外れて乗り越えてくれるのです。

カバーを乗り越えるのが得意なリップといえば、角張ったタイプが主流だったのですが、今後はこのあひるのくちばし(=ダックビルリップ)が取って代わるかもしれませんね。

狙って仕掛けるスモールクランク『マッシュボブ50MR』をチェック!

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』は、1,500円(税別)です。

カバーに潜んでいるビッグバスの中には、ワームに反応しないものがいますから、『マッシュボブ50MR』を使って誘い出してみたいですね!

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

ジャッカルの『マッシュボブ50MR』の商品レビューはこちらから!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

【徹底解剖】最近人気のエステルラインって?PEラインやフロロラインとの違いはこれだ!

状況や特徴によってラインを変えることも釣りの楽しみの一つです。

3位

ダイワファン必見★リニューアルしたベイトリール「タトゥーラ SV TW」がすごい!

タトゥーラ SV TWはSVスプール搭載で1台で色々なリグ、ロッドとのセットが可能になります!

記事ランキングをすべて見る

新着記事

新着記事をすべて見る