仕掛けのアップ写真

エッグショットに2021年ニューカラー2種類が追加ラインナップ!ロックフィッシュを攻略

FISHING JAPAN 編集部

穴釣りでカサゴやソイ・アイナメなどのロックフィッシュを狙いたいなら、専用仕掛けのブラクリを使いたいですよね。

ジャッカルからリリースされているエッグショットなら、テトラの穴の隙間を縫って、ロックフィッシュが潜むポイントを直撃できますよ。

2021年にはニューカラーが2種類追加、ますます積極的に攻めることができそうです。

ここでは、ジャッカル・エッグショットの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

エッグショットで穴釣りを楽しみたい!どんなふうに使えばいいの?

エッグショットとは、ジャッカルから発売中の穴釣り仕掛けのことです。

昔からブラクリという名前で、穴釣り専用の仕掛けがありましたよね。

その進化形で、穴の中で引っ掛かりにくく、潜んでいるロックフィッシュたちに積極的にアピールできるスペックを搭載しています。

ウエイト設定は、全部で4種類用意されていますよ。

最も軽いものが3号タイプで、11グラムのウエイトがあります。

順に、4号タイプ15グラム・5号タイプ19グラム・7号タイプ26グラム。

これらの中から、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてください。

具体的には、テトラなどの波消しブロックに対してアプローチします。

テトラは複雑に組まれているので、穴を見つけても水面から一直線に底まで貫通しているものは、ほとんどありません。

エッグショットに連なっているフックに餌を付けて、まずは穴の入り口へフリーフォールさせてみましょう。

コツンとテトラに当たるのが、ロッドを握る手元で感じ取れます。

ロッドティップの曲がりの変化でも、接触が分かりますよ。

そのまま転がるようにして、底まで落ち続けてくれればいいのですが、そう上手くはいかないもの。

テトラの上に乗ってしまい、底まで到達しないケースがあります。

そんなときにやるのは2つ。

まず、ロッドティップを持ち上げて、テトラに乗っている状態をリセットします。

再度フォールを開始すれば、先ほど乗ってしまった場所を、上手く回避してもっと下へ向かえるかもしれませんよ。

次に実践したいのは、エッグショットが下へ向かわない場合の対処。

ウエイトを使っているものからより重いものへ取り換えてみるのです。

重くなることで、フォールにスピードが加わり、効率よく底まで落とし込むことができるでしょう。

すり抜けバンパーが付いているエッグショット!

エッグショットのボディデザインに注目してください。

頭の部分にフィンのようなカタチをした、突起が付いています。

これをすり抜けバンパーと呼び、仕掛けを底から引き上げる際に、積極的にぶつけてみましょう。

そうすると、接触したことがしっかり手元に伝わってきて、なおかつ跳ねることで根掛かりを回避しながら、水面まで引き上げることが可能になります。

ロックフィッシュが掛かっている状態でも、引き上げ作業をスムーズにおこなえるので、とても役に立つパーツですよ。

全部で2種類のカラーバリエーションを追加ラインナップ!

エッグショットには合計2種類の新しいカラーが、追加ラインナップされます。

●グリーンゴールドカラー

落ち着いた配色なので、アピールを弱めてナチュラルな刺激に変えたいときに有効でしょう。

例えば、潮止まりなどの低活性を引き起こしそうなタイミングで使うと、バイトを引き出せるはずです。

●レッドグロードットカラー

元々ブラクリといえば、レッドカラーが定番でしたよね。

そこにグローカラーを散りばめているので、光の届きにくい底付近でも、しっかりアピールしてくれるでしょう。

グローの点々が、まるで小魚やエビの目のように見えます。

エッグショットを操作するのにおすすめのロッドを選んでみた!

エッグショットをバーチカルに落とし込んで、ロックフィッシュを誘うのにおすすめのロッドを取り上げてみましょう。

テトラの穴を丁寧に探りたいなら、あまり長いブランクスだと邪魔になってしまいます。

操作性の高いショートレングスで丈夫なものを選びたいですね。

JACKALL(ジャッカル) EGG ARM SHORTY スポーティグリーン

JACKALL(ジャッカル) EGG ARM SHORTY スポーティグリーン

最安値価格
¥6,980(amazon)

Amazonへ ¥6,980

楽天市場へ ¥9,135

Yahoo!へ ¥7,539

ジャッカルからリリースされている、穴釣り専用のロッドです。

とても短くて軽いので、操作性や手元感度はバツグン。

丁寧に仕掛けを穴へ落とし込みながら、ロックフィッシュが食い付いてくる瞬間を待ちましょう。

全長は55センチで1ピース仕様、ウエイトは68グラムしかありません。

これなら子供や女性が、長い時間釣りを楽しめますよね。

適合するウエイトの範囲は、最大で26グラム前後まで。

実際にフィールドで使ってみると、ロッドティップが柔軟に曲がり込んで、さまざまな変化をとらえてくれますよ。

ロックフィッシュが食い付いてきても、瞬時に追従してくれるのはありがたいですね。

グリップ周りは、ぜい肉がカットされている印象で、とても握りやすくなっています。

実売価格は3千円台と、とても安い価格帯に設定されていますよ。

エッグショット追加カラーの気になる発売日はいつ?

エッグショット追加カラーの気になる発売日は、2021年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、418円から462円です。

水温が下がっていくにつれて、ロックフィッシュがよく釣れるようになりますから、ぜひフィールドへ足を運んでみましょう。

穴釣りの関連記事はこちら

ロックフィッシュゲーム」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング