ルアーのアップ写真

定番シャッドのウルトラスレッジに2021年追加カラーがラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

ウルトラスレッジといえば、エバーグリーンからリリースされている定番シャッドです。

低水温に切り換わった時期に発生しやすいタフコンディションを、サラリと解消してくれるルアーとして人気が高いですよね。

2021年には新しく6種類のカラーが、追加ラインナップされます。

そのカラーバリエーションや使い方について、詳しくチェックしてみましょう。

ウルトラスレッジとは

ウルトラスレッジとは、エバーグリーンから発売中のバス釣り用シャッドルアーのことです。

固定重心タイプと重心移動タイプがありますが、2021年に追加カラーが設定されるのは、重心移動タイプ。

全長6.0センチで、ウエイトが5.5グラム。

これをロングキャストしようと考えたら、やはりスピニングロッドになるでしょうか。

実際に既存のウルトラスレッジを持参して、フィールドへ出かけてみました。

シチュエーションは、1周30分ほどで歩けるぐらいの山上にある池で、最深部は7メートル。

クリアな水質+ウィードがあちこちに伸びています。

流れ込みエリアには、大きな岩が転がっていて、まるでダム湖のような様相。

そこに30センチから40センチクラスのバスか付いています。

ロングキャストで岩を越えた水面に着水、グリグリとリールハンドルを回して、水深2メートルほどまで潜行させたら、キルを入れます。

その場でサスペンドしているのか、待っていてもウルトラスレッジは、水面まで浮いてきません。

ラインをよく見て、何の変化も無ければ、ハンドルを2回転させます。

イメージ的には、結構早めに巻いてみてください。

そのほうが、ウルトラスレッジが左右にスライドダートアクションしやすいですよ。

バイトはラインに出ますから、常にラインテンションを持たせておく必要はありません。

たるんだラインが引っ張られたり、ハンドルを回しているのにたるみが取れなかったりしたら、バスが口にくわえていると考えましょう。

すぐにロッドを立ててフッキングするのではなく、リールハンドルを回してラインテンションを張ってから、動いていくラインの方向とは真逆に、ロッドを鋭く振ってください。

バスが掛かったら、テンションそのままで足元まで引き寄せるようにしましょう。

ウルトラスレッジはドラッギングで用いると効果的!

ウルトラスレッジをボート釣りで用いると、ドラッキングでより深く潜行させることができます。

ボートに付いているエレキを回しながら、トローリングするようにウルトラスレッジを引っ張り続けるのです。

そうすることで、本来なら最大潜行2.5メートルほどなのが、なんと4メートルから5メートルラインまで達することができるようになります。

ロッドワークを加えると、水深4メートルエリアでダートアクションを繰り出せることになり、ディープエリアに潜んでいるビッグバスを、釣り上げることが可能でしょう。

ドラッギングで引っ張りながら、時折軽くジャークやトゥイッチさせるのが効果的です。

ウルトラスレッジの追加カラーバリエーションは全部で6種類!

ウルトラスレッジに追加ラインナップされるカラーは、全部で6種類です。

表題に掲載したものから順に、

●ショーギンカラー

●スプリングブロッサムカラー

●ゴーストシルバーカラー

●マットシャッドカラー

●ライムファイアカラー

●カンキツカラー

エバーグリーンらしいカラーバリエーションになっているので、ファンにはたまらない配色といえるでしょう。

ショーギンやライムファイアなど、使う場面が広がりそうなものばかりですね。

ウルトラスレッジをフィールドで操作するのに使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

ウルトラスレッジをキャストしてさまざまなロッドワークを駆使するのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ウエイトが5.5グラムですから、柔らかめのブランクスを持ったスピニングロッドがいいかもしれませんね。

細めのフロロカーボンラインを使えば、ロングキャストも深い潜行も可能になるでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ファンタジスタ X-GLAIVE FNS-610ML. バスロッド 琵琶湖 スピニングロッド 1ピース

アブガルシア(Abu Garcia) ファンタジスタ X-GLAIVE FNS-610ML. バスロッド 琵琶湖 スピニングロッド 1ピース

最安値価格
¥36,220(楽天市場)

Amazonへ ¥36,587

楽天市場へ ¥36,220

Yahoo!へ ¥36,220

アブガルシアブランドから発売中の、バス釣り用スピニングロッドです。

全長2.08メートルで1ピース仕様、標準自重は100グラムと軽量に設計されています。

先径/元径は、1.3/9.5ミリと細め。

適合するルアーウエイトは、1/32オンスから3/8オンスまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3ポンドから8ポンドまでです。

ブランクスのパワーはMLで、カーボン素材の含有率は100パーセントになっています。

実売価格は3万円台と、FUJIチタンガイド+トルザイトリング搭載などのハイスペックに応じた価格設定ですね。

実際に手にしてみると握りやすい細身グリップで、ホールド感はバツグンです。

ウルトラスレッジ追加カラーの気になる発売日はいつ?

ウルトラスレッジ追加カラーの気になる発売日は、2021年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,650円です。

水質やその場のベイトフィッシュに合わせて、カラーローテーションをこまめに実施してみましょう。

リトリーブにキルを意図的に入れるようにして、バスにルアーを見せる時間を取れるようになれば、コンスタントに釣るスキルが身に付くはずです。

シャッドの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング