釣行の写真

【釣割マガジン】秋めく沖釣り、大型混じりで開幕!太東~大原のヒラメ

隔週刊つり情報編集部

9月1日、九十九里片貝の全エリアと、外房太東~大原の一部でヒラメ釣りが解禁した。

半月後の10月には御宿岩和田を含め外房エリアが全面解禁となり、さらに11~12月にかけては北は茨城県海域、南は南房のヒラメ釣り場が順次解禁していく。

9月中にヒラメ乗合で出船するのは左ページの船宿となり、各船が推奨するタックルと使用オモリの号数を表にまとめておいた。

見てお分かりのとおり、現在のヒラメ釣りは道糸PE3~4号、オモリ60~100号を使う「ノーマル」と、PE2号以下でオモリ40~60号の「ライト」タックルがあり、どちらでもOKという船が多いが、釣行の際は念のため各船宿に直接確認しよう。

さて、タックルがノーマルでもライトでも相手にするのは同じヒラメ。

釣りの勘どころやコツ、悩みどころは基本的に同じ。

そこで今回は解禁日の太東沖にて、私やお客さんが迷い悩んだヒラメ釣りのツボを4つ紹介したい。

目次

  • シングルそれともトリプル孫バリはどっちがいい?
  • 底を切ったらタナはどこ?取り直し3分、入れ直し10分とは?
  • スッポ抜けだけはご勘弁!そのアタリ、いつまで待つ?
  • ヒラメに気づいてもらえ!「目立つが勝ち」の イワシエサ
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング