ワームのアップ写真

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0の発売日が気になる!2021年秋リリースのロックフィッシュ用ワーム

FISHING JAPAN 編集部

海水温が下がり始めると、岩礁帯やテトラエリアに棲むロックフィッシュが気になります。

タイトに攻めて、隠れ家から引っ張り出すアプローチを繰り返してみましょう。

思わぬ大物が、食い付いてくるかもしれませんよ。

そんな秋のロックフィッシュゲームに欠かせないのが、餌の甲殻類に似たワームです。

2021年ダイワから新発売のカサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0なら、初心者アングラーも扱いやすい工夫が盛り込まれているので、要チェックですね。

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0ってどんなワームなの?

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0とは、2021年ダイワからリリースされる、ロックフィッシュゲームを楽しむためのワームのことです。

サイズは、2.0インチ=5.08センチですから、カサゴやアイナメならひと口でパクリ!でしょう。

デザインは、エビ・カニ甲殻類そっくりのホッグ系を採用。

細かなレッグパーツや、アーム・触角などが四方に伸びていますよ。

ボディ本体には、ありがちなリブが刻まれておらず、ツルンとしています。

当然水の抵抗は抑えられるので、軽めのウエイトのジグヘッドにセットしても、ストンとすぐに着底してくれるでしょう。

底付近でのアクションに、キレとスピード感が生まれることになりますから、それを見たロックフィッシュは、リアクションバイトしてくるかもしれませんね。

おすすめのリグは、前述のジグヘッドを利用した、ジグヘッドリグ。

いわゆるジグ単と呼ばれるセッティングで、フォール主体の誘い方を実践できますよ。

例えば、コンクリート護岸の壁。

ピッタリと壁に沿って、カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0を装着したジグヘッドリグをフォールさせると、壁の途中でサスペンドしていたカサゴが食い付いてくるでしょう。

底まで落ちると、底と壁が垂直に交わっていることになります。

そういう角地には、カサゴやソイなどが定着しやすく、目の前に落ちてきたカサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0を見逃すはずがありません。

着底地点でしばらく動かさずにステイさせておくのも、実はとても有効です。

ロックフィッシュがゆっくり近づいてきて、フッと飲み込みバイトすることが多いからです。

バイトが無いときは、カラーローテーションしながら攻めてみるのが大切。

ググッ!と引っ張られるようなアタリもあれば、ラインがたるむだけのバイトもあります。

集中力を高めながら、ラインの変化を読み取るようにしましょう。

ワームのアップ写真

ジグヘッドリグとテキサスリグ

出典:ダイワ

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0をジグヘッドリグにセットして使いこなしてみよう!

ジグヘッドリグは、キャストしてカーブフォールさせながら誘いをかけるのにも効き目があります。

表層から中層にサスペンドしているメバルが居れば、バイトしてくる可能性が高まるでしょう。

沖に発生する潮目を撃つときも、ジグヘッドリグのほうがフッキングが決まりやすいですよ。

食い上げバイトなら、ラインテンションが一瞬緩むので、それを見逃さずにロッドを振り上げるようにしたいですね。

テキサスリグなら引っ掛かりそうなポイントでも積極的に攻めることが可能!

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0は、テキサスリグにもマッチします。

狙う場所は、ズバリ!テトラエリア。

無数にある穴の中にテキサスリグを放り込んで、底に着くまでラインを送るようにしましょう。

底に着いたらしばらく放置、アタリがなければ少しピックアップして、また底まで落とし込みます。

ロックフィッシュが接近してきている可能性が高いので、いつでもフッキングに移れるように、ロッドをかまえて待ってください。

ラインがテトラなどのコンクリートに擦れますから、表面がザラザラに傷んできます。

定期的にラインをカットして、結び直すことを忘れないようにしましょう。

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0のデモンストレーション動画はこちら

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0をキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0をジグヘッドリグやテキサスリグにセットしてキャストするのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

軽めのウエイトも操りたいなら、スピニングロッドのほうが操りやすいかもしれません。

でもテトラエリアなどでラインがひんぱんに擦れる場合は、太いラインで対処してください。

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF AGS 78ML 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF AGS 78ML 釣り竿

最安値価格
¥32,010(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥47,272

Yahoo!へ ¥32,010

ダイワからリリースされている、ロックフィッシュゲーム用のスピニングロッドです。

全長は2.34メートルに設定されていて、とても扱いやすい長さでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は121センチにまで縮まります。

自重は108グラムと軽めで感度が高く、先径/元径は1.4/11.7ミリと細めデザインです。

適合するルアーウエイトは、5グラムから25グラムまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6ポンドから16ポンドまでで、PEラインなら0.4号から1.5号までですね。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98パーセントになっています。

ダイワオリジナルのAGSと軽量ブランクスが、微細なアタリまでも明確に手元に伝えてくれるはずです。

実売価格は4万円台と、ハイエンドスペックモデルらしい価格に設定されています。

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0の気になる発売日はいつ?

カサゴ倶楽部ガブリホッグ2.0の気になる発売日は、2021年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、500円です。

カラーバリエーションは、以下の10種類です。

●日本海クリア

●夜光パールホワイト

●夜光オレンジ

●夜光ピンク

●レッドグロー

●玉露グロー

●イワシ

●マジックグロー

●ロックチャート

●夜光イエロー

魅力的なカラーばかりなので、ロックフィッシュも夢中になるでしょう!

ロックフィッシュの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング