ロッドのアップ写真

渓流でルアーをキャストするのにどんなロッドを選べばいいの?

FISHING JAPAN 編集部

渓流に出向いて、イワナやヤマメ・アマゴをルアーで釣るスタイルが流行っています。

ベイトフィネスタックルで攻めている人や、スピニングロッドでミノーをキャストしている人など、さまざまなアプローチを楽しんでいますよね。

ここでは、渓流のルアー釣りで用いるロッドについて、詳しくご紹介しましょう。

「もうそろそろ禁漁期間に入っちゃうんだよね!」

その通り!毎年9月の末日まで渓流釣りを楽しめるところがほとんどで、10月から次の年の解禁日まで、釣りをすること自体ができなくなります。

渓流の環境や渓流魚を保護して、いつまでも釣りを楽しめるようにするための取り決めなので、しっかり順守するようにしたいですね。

渓流でルアー釣りをするのにどんなロッドを使うと便利なの?

渓流でルアー釣りをしたい!と思ったら、まずは近くの管理釣り場へ出かけてみてください。

そこにはイワナやヤマメ・ニジマスなどのトラウトが、数多く泳いでいます。

定められたルールに則って、トラウトの釣りを始められる環境が整っていますから、渓流釣りで活かせるベースを作り上げることができますよ。

ラインの結び方からスタートして、キャストの方法やフッキング・ランディングの仕方、釣った魚の取り扱い方やリリース方法まで、きっちり習得できます。

そして自分にマッチした、ロッドを見つけ出すことができるのです。

柔らかさや長さを確定できたら、それをベースにして管理釣り場のトラウト釣りをやり込んでみましょう。

特に渓流釣りには、禁漁期間がありますから、その間を利用して管理釣り場へ通い込むのは、とても良いことです。

そのロッドを、そのまま渓流釣りへ持ち込んでみましょう。

長さ6フィートを超えていなければ、さほど不便に感じることはないといえます。

木の枝や草が渓流の岸辺から伸びていますから、それらを丁寧にかわしながら、あまりロッドを振り回さずにキャストをし続けてください。

時間が経過して経験値を積むごとに、キャストの精度はアップしてきます。

それをフォローしてくれるロッドはない!と、自分の中で想定しておくと、スキルアップのスピードは上がるでしょう。

キャストするのは自分!魚を釣るのも自分!

ロッドは単なる補助的なものだと位置づけておくことで、あなたの釣りスタイルからイライラや焦りが吹き飛んでしまいますよ。

基本的なものを管理釣り場で学び、渓流という自然の中で経験を積み重ねることで、自分にとって本当に必要な渓流用ロッドが見えてくるでしょう。

当然時間はかかりますが、この時間をかけているときが、とても楽しいのです。

魚を釣り上げることを目的とせず、釣りという趣味を心底楽しめる自分になることを目指しましょう。

結果的に、多くの魚に触れることができるようになるでしょう。

携行性の高いロッドを選びたい!

渓流で使うロッドは、管理釣り場で使うものより携行性に優れたものにシフトするかもしれません。

どうしても歩く距離が伸びるので、重くて長いものは不向きです。

振出式のロッドなら、デイパックへ入れて背負うことが可能ですから、しっかり歩きたい人におすすめですね。

また継ぎ数の多いモバイル系ロッドも、仕舞寸法が短くなるので持ち運びが便利でしょう。

ただし、振出式にしてもモバイル系にしても、継ぎ数が多いことがブランクスの曲がりに影響を与えます。

スムーズで美しい曲がりを望む場合は、ロッドの長さそのものを短くして、2ピース式の並継ロッドを選ぶほうがいいかもしれません。

釣具店で実際に継いでみて、納得のいく曲がりなら、購入を検討していいのではないでしょうか。

渓流釣りに求められる知識や覚悟を認識しよう!

渓流にはローカルルールが定められていますし、他の釣り人もいます。

マナーを体得していなければ、足を運ぶべきではありません。

先行者を追い抜いて上流へ向かうのは、ダメな行為だと知っていますか?

クマやイノシシが棲んでいますし、ハチやアブ・ブヨにも襲われますよ。

想定しなければならない事態がかなり多く、覚悟の求められる釣りです。

渓流用のロッド選びとともに、強く認識しておきたい事実ですね。

渓流エリアでイワナ釣りを楽しんでいる動画はこちら

渓流のルアー釣りで使ってみたいおすすめのロッドをピックアップ!

それでは渓流でルアーをキャストするのに使ってみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

スピニングロッドなら、かなり軽いルアーやライトラインでも使いこなすことが可能です。

カバーやストラクチャーに擦られにくいフィールド環境なら、こちらはいかがでしょうか?

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 56L 釣り竿

最安値価格
¥26,400(Yahoo!)

Amazonへ ¥28,160

楽天市場へ ¥26,920

Yahoo!へ ¥26,400

ダイワからリリースされている、トラウトゲーム用のスピニングロッドです。

もっと短いほうが渓流釣り用らしいのですが、里川など幅広い河川での釣りも考慮して、この長さをおすすめします。

全長は1.68メートルなので、飛距離を伸ばすキャストも実践できますよ。

継数は2本で、仕舞寸法は87センチになります。

片手で保持してブッシュをかき分けて行くには、じゅうぶんな収納サイズといえるでしょう。

自重は90グラムと軽めで、先径/元径は1.6/7.4ミリと扱いやすい太さに設計。

適合するルアーウエイトは、2グラムから10グラムまでです。

適合するモノフィラメントラインは、2ポンドから6ポンドまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99パーセントになっていますよ。

実際に手にしてみると、軽くてよく曲がり込む印象ですね。

軽量なミノーやスピナーでも、しっかりと胴に乗せて送り出せる味付けに作られています。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

金属製のスクリュータイプのリールシートですから、リールフットをしっかりと保持して、安定感があるのがいいですね。

ストリームトゥイッチャーシリーズには、3.8フィートといった短いものや、4本継ぎで仕舞寸法が50センチを下回るものもラインナップされています。

自分の好みに合わせて、いろいろ手に取って検討してみましょう。

テイルウォーク(tailwalk) troutia 38L/C-T 17299

テイルウォーク(tailwalk) troutia 38L/C-T 17299

最安値価格
¥13,090(楽天市場)

Amazonへ ¥13,770

楽天市場へ ¥13,090

Yahoo!へ ¥13,090

テイルウォークブランドから発売中の、振出式トラウトゲーム用ベイトロッドです。

なんと、仕舞寸法が40センチを下回るので、バッグやデイパックにカンタんに収納できてしまうスグレモノ。

これさえあれば、木々が生い茂る渓流でも、気にせず入り込んでいけるのではないでしょうか。

全長は3.8フィートと短い設計で、継ぎ数は6本です。

具体的な仕舞寸法は、驚きの33センチ。

旅行にも持って行けてしまうサイズですから、釣りをする機会が増えるのは間違いないでしょう。

自重は83グラムで、先径0.9ミリ・元径6.5ミリと細めです。

適合するルアーウエイトは最大で7グラム、適合するモノフィラメントラインは最大で6ポンドになっています。

実際にフィールドで使ってみると、しなやかに曲がってくれますし、キャストフィールも安定していて扱いやすいですね。

魚が掛かると、全体的に弧を描いて耐えてくれるので、丁寧に引き寄せてランディングに持ち込めます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に抑えられていますよ。

購入を検討しやすく、ベイトフィネスのトラウトゲームを始めるのにも丁度いいかもしれませんね。

渓流ルアーをキャストするロッドを使いこなして釣りを楽しもう!

渓流用のルアーをキャストするロッドの特徴や、おすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

キャスト可能な空間が限られるのが、渓流の釣りの特徴でもあります。

ルアーを引っ掛けてしまわないように、丁寧なバックスイングを取って、緩やかに前に押し出すようなアプローチを心がけましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング