釣り人のアップ写真

ちょい投げ釣りの仕掛けでさまざまな魚を釣り上げたい!おすすめロッドもチェック

FISHING JAPAN 編集部

防波堤などの安全な足場から、ほんの少しだけキャストしてさまざまな魚を狙う釣り方を、ちょい投げ釣りと呼びます。

手軽に餌釣りを楽しめることから、各地で人気が高まっていますよ。

初心者の人にとっても実践しやすいこのアプローチ、分かりやすくご紹介しましょう。

ちょい投げってどんな釣り方なの?

ちょい投げの釣り方は、名前そのままのアプローチをおこなうだけで魚が釣れてしまいます。

とてもカンタンでマスターしやすいですから、順序立ててご紹介していきましょう。

まず、ちょい投げで確定したいのは、釣り場です。

足場の安定した防波堤なら、飛距離ちょっぴりのちょい投げアプローチでも、魚の居場所に届きますよ。

防波堤の周囲には、石やコンクリートが沈められていて、そこから沖は砂地になっているケースがほとんど。

石組みにはカサゴやアイナメ・ソイ・メバル・キジハタなどのロックフィッシユや、カワハギ・ベラなどが棲み付いていますよ。

そこから離れた砂地には、キスやカレイ・ヒラメ・マゴチ・ハゼなどが潜んでいて、中層には回遊してきたサバ・アジ・イワシ・ヒイラギ・イサキ・マダイ・チヌ・シーバスなどが泳いでいます。

サイズは大小さまざまなので、どんな魚が釣れるかドキドキすることに。

あまりに足場の高い防波堤を選ばずに、ある程度海水面まで近いところで、ちょい投げを始めるようにしましょう。

持参するタックルは、なんといっても仕掛けです。

最近では、ちょい投げ用と表記されたセットものが釣具店で販売されていますから、それを複数購入するのが手っ取り早いですね。

当然自作してもかまいませんので、あれこれ工夫を加えてみましょう。

針の大きさやカタチ、それに結ぶハリスの長さや太さ、本数を1本にするか2本にするかなど、応用のバリエーションは広がっていきます。

その仕掛けに装着するのが、天秤というパーツ。

ステンレスワイヤーとオモリで構成されていて、餌の付いた針に食い付いてきた魚のアタリ・振動を、増幅して釣り人に伝える役割を果たします。

オモリを重くすれば飛距離を伸ばせますし、軽くすれば根掛かりトラブルを減らせるでしょう。

最近では、底で立つ天秤が開発されているので、そのままズル引きしてもちょい投げ仕掛けが引っ掛かりにくくなっていますよ。

ちょい投げに使うロッドやリールをチェック!

ちょい投げ釣りに使うタックル、すなわちロッドやリールはどんなものが適しているのでしょうか。

振出式のスピニングロッドなら、持ち運びが便利ですし移動もラクラク。

スピニングリールの2500番から3000番程度を装着し、0.8号前後のPEラインにショックリーダーラインの3号から4号を結んで、キャストしてください。

リールとラインの番手を見ると、まるでエギングタックルのようですよね。

もしエギングロッドを持っているなら、そのままちょい投げタックルとして使ってみることをおすすめします。

エギングロッドは感度バツグンなので、キスやハゼの微細なアタリでも、しっかりととらえることができますよ。

ちょい投げして仕掛けを底まで落とし込むところからスタート!

実際にちょい投げ釣りへ出かけてみましょう。

防波堤に立ったら、周囲に他の釣り人がいないのを確認してから、釣りをスタートします。

足元に仕掛けを落とし込むと、根掛かりの恐れがあるので、ちょい投げするのがセオリー。

着底してもすぐにズル引きするのではなく、そのまま放置して、時折ラインテンションを張ります。

魚が食い付いていれば、手元にブルッと振動が伝わってきますよ。

ちょい投げ釣りを丁寧に解説している動画を見つけましたので、ぜひ参考にしてください。

ちょい投げ釣りを分かりやすく解説している動画はこちら

ちょい投げ釣りにマッチしているおすすめロッドを選んでみた!

ちょい投げ釣りに使ってみたくなる、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

前述の通り、振出式のコンパクトロッドさえあれば、飛距離を抑えたアプローチは可能です。

魚のアタリを敏感に受け取りたいなら、やはりエギングロッドを選ぶのがいいでしょう。

飛距離も伸びますし、底に置いている状態からズル引きするだけで、地形変化も把握できます。

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86M・N

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86M・N

最安値価格
¥22,715(amazon)

Amazonへ ¥22,715

Yahoo!へ ¥22,715

ダイワから2021年にリリースされた、ベーシックなエギングロッドです。

全長2.59メートルと取り回ししやすく、Mパワーのブランクスなので張り・感度ともにバッチリ。

継数は2本で、仕舞寸法134センチまで収めることができますよ。

標準自重は95グラムと軽め、先径/元径は1.4/11.4ミリと細く設計されています。

適合するエギサイズは2.5号4.0号までですから、8号ぐらいまでのオモリなら扱えるでしょう。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97パーセントになっています。

実際に手にしてみると、最新型らしくどのパーツのシェイプも流麗で、扱いやすい印象です。

軽くて適度な張りがありますから、ちょい投げ仕掛けからの振動はとらえやすいでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

ちょい投げ釣りをマスターしてさまざまな魚を釣り上げよう!

ちょい投げ釣りの仕掛けや釣り方、おすすめのロッドについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

五目釣りにチャレンジして、クーラーボックスの中身をいっぱいにしましょう!

餌釣りの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング