ルアーのアップ写真

鉄板バイブレーションルアーを使ってビッグフィッシュを釣りたい!おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

細身でベイトフィッシュそっくりなデザインの鉄板バイブレーションルアーは、デイゲームはもちろん、ナイトゲームでも役に立ってくれるグッドアイテムです。

真上から見下ろすと、めっちゃ薄い作りになっていて、これが水を切り裂き、小刻みな振動=バイブレーションを起こす原動力になっています。

ここでは、鉄板バイブレーションルアーの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

「たくさんのメーカーからびっくりするぐらいの種類がリリースされているよね!」

その通り!釣具店でルアーコーナーに出向いても、すぐには決められないほどの量ですね。

鉄板バイブレーションルアーの特徴をチェック!

鉄板バイブレーションルアーとは、文字通りボディがプラスチック樹脂でなく、スチールの板で出来ているハードルアーのことです。

一切の空気室が無いので、一気に底まで沈んでいこうとする、シンキング仕様になっていますよ。

デザインは、真横から見るとベイトフィッシュそのもの。

海でいえば、イワシやサバ・アジといった感じでしょうか。

とてもコンパクトに作っても、結構重いものに仕上げられるので、よく飛びよく沈んでくれる特徴を持っています。

底まで到着したら、ロッドティップを持ち上げてリフトするだけで、ボディを左右に小刻みに振動させることができます。

これが波動となって水中を伝わり、広範囲からフィッシュイーターたちを呼び寄せるきっかけになるのです。

鉄板バイブレーションルアーに接近してきた魚たちは、側面の光反射=フラッシング効果にも魅了されますよ。

キラキラと輝く体色を見て、思わずバイトしてしまうケースも多々あるでしょう。

「背中に穴が開いているのは何なの?」

通常のルアーなら、鼻先にラインアイが付いているのですが、鉄板バイブレーションルアーは背中に付いています。

そうすることで、レスポンスよく振動を発生させることができるのです。

スイミング姿勢に入っても、ルアーの浮き上がりを抑える効果があり、足元まできっちりトレースできるのが嬉しいですね。

ラインアイの穴にはスナップが装着してあり、振動が発生しやすいように作られています。

鉄板バイブレーションルアーの使い方をチェック!

鉄板バイブレーションルアーの使い方は、キャストしてそのまま底まできっちり落とし込むようにしましょう。

底に着いたらラインの放出が止まり、たるみが発生しますよ。

そのままズル引きすると根掛かりしてしまうので、ロッドティップを立てて底を切ってから、リトリーブするように心がけたいですね。

リトリーブしても水面で引き上げてしまわずに、できるだけ一定の層をトレースするようにスイミングさせてください。

分かりにくいときは、再度鉄板バイブレーションルアーを底まで沈めて、リフト&フォールを繰り返すようにします。

底に着いている状態でも魚は食い付いてくるので、アタリが出るのを集中して待つようにしましょう。

渓流エリアでも大活躍する鉄板バイブレーションルアー!

鉄板バイブレーションルアーは、淡水のバス釣りやトラウトゲームでも積極的に用いられています。

特に渓流域のイワナ・ヤマメ・アマゴ釣りには、とても効果的ですよ。

淵などの水深のあるポイントに対して、底まで落とし込みます。

大きな岩などがあれば、それに沿うようにして落とし込み、アタリを待ちます。

無ければリフトアップして、また落とし込むことを繰り返してみてください。

鉄板バイブレーションルアーを渓流で用いるのにおすすめのタックルを選んでみた!

鉄板バイブレーションルアーを渓流エリアで扱うのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

流行りのベイトフィネスタックルなら、カバーやストラクチャーに擦ってもラインが破断しにくいですよ。

3.5グラム前後の鉄板バイブレーションルアーを使うことを想定して、5ポンド前後のフロロカーボンラインでアプローチしてください。

テイルウォーク(tailwalk) ロッド troutia 55ML/C 17290

テイルウォーク(tailwalk) ロッド troutia 55ML/C 17290

最安値価格
¥14,520(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,918

楽天市場へ ¥14,918

Yahoo!へ ¥14,520

テイルウォークブランドからリリースされている、2ピース仕様のトラウトゲーム用ロッドです。

コンパクトに収納できるので、木の枝や草が生えているような渓流エリアでも、持ち運びしやすいでしょう。

全長は5.5フィートなので、ある程度の飛距離を引き出すことができます。

仕舞寸法は、たったの85センチになりますから、どんどん歩いて新しいポイントを見つけ出してください。

自重は98グラムと、100グラムを下回る軽さを実現しています。

先径は1.55ミリで、元径は7.64ミリ。

適合するルアーウエイトは10グラムまでなので、小型軽量な鉄板バイブレーションルアーをラインに結んでキャストしてみましょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大6ポンドまでです。

実際に手にしてみると、グリップ周りのデザインや仕上がりにとても質感があります。

長く使いたくなるコスメが採用されているので、好みのベイトフィネスリールを装着して釣り場へ向かいましょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に抑えられていますよ。

これならベイトフィネス初心者の人でも、購入を検討しやすいでしょう。

テイルウォークからは、数多くのルアーゲーム用ロッドが発売されています。

釣り場のシチュエーションや、使ってみたいルアーに合わせて、ベストマッチなロッドを選ぶようにしてください。

渓流エリアでは、目の前に先行者を見つけたら、追い抜いて釣りをしないようにしましょう。

またイノシシやシカ・クマなどの野生動物と遭遇することがあるので、単独釣行はできるだけ避けて行動したいですね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス SLX BFS 2021 RIGHT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス SLX BFS 2021 RIGHT バス釣り

最安値価格
¥17,000(Yahoo!)

Amazonへ ¥17,480

楽天市場へ ¥17,149

Yahoo!へ ¥17,000

シマノから2021年に新発売された、ベイトフィネス専用リールです。

超浅溝のスプールを標準で搭載しているので、ライトラインによる軽量ルアーのキャストに向いていますよ。

ギア比は6.3対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき63センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は3.5キロで、自重は170グラムとかなり軽量に作られていますね。

スプール寸法は、直径が32ミリで幅が22ミリです。

ラインキャパは、フロロカーボンラインなら8ポンドを45メートル巻けますよ。

渓流ではさほどロングキャストは求められないので、これぐらいのラインキャパがあれば釣りは成立するでしょう。

ハンドルの長さは42ミリで、ボールベアリングの個数は5個です。

実際に使ってみると、とてもパーミングしやすくてフッキングもしやすい印象ですね。

シマノでは珍しいマグネットブレーキシステムを採用、バックラッシュをしっかり抑え込んでくれます。

ハンドルの巻き心地もスムーズなので、かなりコスパ優秀なリールといえそうです。

実売価格は1万円台と、とても安くて購入しやすい価格帯に抑えられています。

ベイトフィネススタイルのエントリーモデルとして、とても魅力的なベイトリールではないでしょうか。

メカニカルブレーキノブがやや固いので、微調整ができるように日頃から練習しておきましょう。

ちなみに、3.5グラムの鉄板バイブレーションルアーなら、ラインは4ポンドまで細くしても破断トラブルには見舞われませんでした。

岩などで根ズレを繰り返したら、ラインを指で触ってみて傷みが激しくないかチェックしてください。

鉄板バイブレーションルアーを使いこなして釣りを楽しもう!

鉄板バイブレーションルアーの特徴や使い方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

底に着いた瞬間、横倒れしていると想像していたのですが、腹部を下にして立っていることもあります。

バイトがいつ発生するか分かりませんので、常にフッキングできる準備を整えておきましょう。

バイブレーションルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング