ラバージグのアップ写真

スモールラバージグ・ビークの発売日が気になる!2021年ジャッカルから新登場

FISHING JAPAN 編集部

MHパワークラスのスピニングタックルを用いた、カバー攻略パワーフィネスが流行っています。

2021年ジャッカルから新登場のビークなら、パワーフィネスのアプローチでビッグバスをとらえてくれるでしょう。

その特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

「ベイトフィネスじゃないの?」

あえてスピニングタックルを用いたパワーフィネスにすることで、ラインの出をスムーズにし、カバーに吊るしながらもっと奥!もっと深く!を攻めることが可能になります。

2500番のガッチリ系スピニングリールに、2号前後のPEラインを巻いてアプローチするアングラーが多いですよ。

ビークとは?

ビークとは、2021年にジャッカルからリリースされる、バス釣り用のスモールラバージグのことです。

ボリュームがコンパクトなので、カンタンにバスの口の中に吸い込まれやすいですよ。

またブッシュカバーの隙間に、スルスルと入り込んでいくことができます。

ビッグサイズのバスほど、警戒心が強くて自分のテリトリーをきっちり確保しているので、濃いカバーの奥に潜んでいることが多いですね。

そんな中へ果敢に突入して、フィネスな誘いでバイトに持ち込むつもりなら、スモールラバージグは外せないでしょう。

でも既存のスモールラバージグだと、垂直にカバーの中へ落とし込もうとしたとき、途中でカバーに乗っかってしまったり、引っ掛かったりするトラブルが多発します。

その下にバスがいるのに、到達できなければ釣れるはずがありませんよね。

そこでジャッカルのビークは、ヘッドの素材やデザインにこだわってみました。

まずは、採用した素材から。

ありがちな鉛ではなく、高い純度の樹脂タングステンを使っています。

ということは、ヘッドのボリュームを小さくしても、しっかり重いものになっていることになります。

またヘッドのデザインを、どこから見てもひし形になるようにして、ブッシュに引っ掛かりにくくしてあります。

ラインは水上の木の枝に引っ掛けて、そこを支点にスルスルと水中奥深くへ滑り込ませるのに、極めて適したウエイト&デザインに仕上がっていますよ。

スカートは、シリコン素材のファイン仕様ですから、微細なアクションを得意としています。

ラインアイは、ヘッドに前部分を覆われているので、前に結び目がズレません。

これにより、ビーク自体が吊るし状態になっても、水平姿勢を維持できるのです。

水平姿勢のものが水中でプルプル震えていたら、バスはたまらずバイトしてくるでしょう。

フッ素加工の太軸フックも装備されていますから、ビッグバスの上アゴを貫通しやすいですよ。

ビークの使い方!

ビークの使い方は、ブッシュなどの冠水カバーに向かってキャストし、ラインを引っ掛けるところからスタートします。

枝などに上手くラインが掛かったら、ラインを送りながらビークを下へ、水中の奥深くへ降ろしていきましょう。

途中でさまざまな障害物に接触しますが、少しロッドティップを揺らしてラインを躍らせると、その振動でビークはまた下へと向かいます。

アタリは、いきなり発生しますから、集中力を高めながら降ろしましょう。

ラインが引っ張られることもあれば、一瞬たるんでテンションが無くなることも。

どちらもバスがくわえたことによる変化なので、しっかりと腕を振り上げてフッキング動作に移ってください。

全部で8種類のカラーバリエーションから選択可能!

ビークには、全部で3種類のウエイトが用意されています。

2.3グラム・3.3グラム・4.3グラムの中から、カバーの濃さに合わせて選ぶようにしましょう。

重いほうが、カバーの中を突き抜けやすいですよ。

カラーバリエーションは、計8種類がラインナップされています。

●グリパン/チャートカラー

●チビザリカラー

●スポーンギルカラー

●ダークグリパン/ブルーフレークカラー

●シルエットブラックスモークカラー

●抱卵スジエビカラー

●マーモシークレットカラー

●脱皮スジエビカラー

リアルな配色のものが多く、さまざまなシチュエーションにマッチしそうですね。

ビークのデモンストレーション動画はこちら

ビークを操るのにマッチしているおすすめタックルを選んでみた!

ビークをキャストしてパワーフィネスを展開するのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

MHパワーのブランクを持ったスピニングロッドなら、ブッシュの奥からでもバスを引き抜くことができますよ。

スピニンクリールは、ドラグをフルロックした状態で耐えられる、剛性の高いものを装着したいですね。

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン S68MH 1ピース スピニングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン S68MH 1ピース スピニングモデル

最安値価格
¥14,212(Yahoo!)

Amazonへ ¥17,739

Yahoo!へ ¥14,212

ダイワからリリースされている、MHパワーブランクのバス釣り用スピニングロッドです。

全長は2.03メートルと取り回ししやすい長さで、継数は2本です。

グリップジョイント方式を採用しているので、仕舞寸法は177センチと長めになっていますよ。

自重は110グラムと軽めで、先径/元径は2.2/12.9ミリと太め。

適合するルアーウエイトは、最大で21グラムまで。

適合するPEラインは、0.8号から2.0号までです。

ブランクのカーボン素材含有率は、91パーセントですね。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープなブランクに仕上がっている印象です。

振ってみると、ロッドティップは曲がり込むものの、すぐにピンと復元してしまうような、張りの強さが伺えます。

これならビークを枝に吊るして使う際に、アクションを加えやすいですし、フッキングパワーも伝わるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に抑えられています。

特殊な硬さのロッドなので、パワーフィネスにチャレンジしてみたいアングラーに適していますよ。

グリップ周りは、スリムで握りやすいデザインですから、しっかりと握り込んで支えることが可能です。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT2500S-XH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT2500S-XH (2019モデル)

最安値価格
¥22,900(amazon)

Amazonへ ¥22,900

楽天市場へ ¥25,961

Yahoo!へ ¥23,789

ダイワから発売されている、2500番サイズのスピニングリールです。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1回転につき87センチのラインを回収できるようになっています。

標準自重は170グラムと軽めなので、長い時間釣りをしていても、あまり疲れずにいられるのが嬉しいですね。

最大ドラグ力は5.0キロありますから、フルロックしてフッキング、カバーからバスを引き出すことも可能でしょう。

ハンドルの長さは55ミリ、ハンドルノブはT型、ボールベアリングは7個搭載しています。

ラインキャパは、PEラインなら1.0号を140メートル巻けますよ。

実際に使ってみると、ラインスラックを取り去るのにあまり時間がかからないので、手返しよくルアーを撃ち続けることが可能です。

ハンドル回転は滑らかで、ローターも滑らかに回ってくれますよ。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格に設定されています。

パワーフィネスのバス釣りは、スピニングリールに大きな負荷が掛かりますから、剛性・耐久性のあるものを選びたいですね。

ダイワの場合は、モノコックボディを採用している上位機種もラインナップされているので、選択肢が多いですよ。

使用後はラインローラーにPEラインが付着していたりするので、しっかり洗って拭き取りメンテナンスをおこなっておきましょう。

そのまま放置しておくと、次回の釣行でトラブルにつながるかもしれませんよ。

ビークの気になる発売日はいつ?

ビークの気になる発売日は、2021年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、660円です。

もしバイト後にカバーへ潜り込まれても、慌てず時間をかけて引き出すようにしましょう。

しっかりフッキング出来ていれば、バスが動き出すタイミングでランディングにつなぐことができますよ。

ジャッカルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング