魚のアップ写真

ウグイって釣ったことある?特徴や釣り方・おすすめタックルを詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

河川に足を運んでみると、流れの緩んだ場所にたくさんの魚が泳いでいるのを見かけることがあります。

ギラリと光る銀色のボディ、鯉と見間違えるほど大きなサイズなら、ウグイかもしれませんよ。

ここでは、ウグイの特徴や生態・釣り方についてご紹介しましょう。

「ウグイってハヤのことだよね?食べれるのかな?」

その通り!ウグイは、ハヤとかマルタとか呼ばれることがあります。

釣って食べてみると、川魚独特の苦みが口の中に広がりますが、味噌などとの相性がよく、美味しく食べることができますよ。

ウグイとは

ウグイとは、コイ目コイ科の淡水魚のことです。

コイならヒゲが伸びているかな?と観察してみたら、ヒゲはありませんでした。

体長は30センチ前後のものが多く、河川の流れの緩いエリアを好む習性があります。

「50センチを超えるウグイを釣ったことがあるんだけど!」

実は、降海型のウグイがいて、それが河川に戻ってきた場合に体長が大きくなるといわれています。

昨今では河川にカワムツやオイカワなどが増えたので、ウグイは上流部へ追いやられているイメージがありますね。

その上流部で50センチを超えるサイズを釣った経験がありますから、あながち降海型のみが大型化するわけではないのでしょう。

ウグイの生息エリアは、沖縄県を除く日本全国に広がっています。

水質の汚染にも強いので、市街地の排水が流れ込むような環境でも、元気に泳ぐ姿が確認されていますよ。

ウグイは雑食性なので、本当になんでも食べてしまいます。

水生昆虫や水に誤って落ちたセミやトンボなどはもちろん、水底に生えているコケ・小魚・魚の卵・エビやカニなどの甲殻類など。

試しに、魚肉ソーセージの小さな塊をフックに付けて流してみました。

ザリガニが食い付いてくるかな?と予想していたのですが、30センチを超えるウグイが一瞬で食い付いてきましたよ。

引きは強烈で、素晴らしいファイトをしてくれます。

身近にこんなガッツのある魚が棲んでいるのですから、釣り対象魚としてもっと注目されてもよいのではないでしょうか。

アジングやメバリングのような展開になれば、ターゲットとして狙うアングラーも増えるはずです。

ウグイの釣り方をチェック!

ウグイの釣り方について、面白いアプローチ方法があります。

雑食性の強さを利用して、ルアーで誘ってみるのです。

おすすめは、6センチから7センチ程度のペンシルベイトがいいでしょう。

フローティングタイプにすることで、水面に留め置いてウグイを誘い出すことができますよ。

ペンシルといえばドッグウォークアクションですか、ひたすら緩い流れに乗せつつ、時折ダイブさせる程度のアクションのほうが、食いは良かったです。

大型サイズがバイトするかもしれませんから、フックは太軸タイプに換装しておきましょう。

婚姻色が鮮やかで美しいウグイ!

ウグイの産卵時期は、毎年春の5月前後です。

そのころになると、オスもメスも体表にオレンジカラーの婚姻色が出てきますよ。

銀色にオレンジの配色は、見た目も美しくよく目立ちます。

初めて釣り上げると、ちょっと驚いてしまうかもしれませんね。

卵をまだ抱いているようなら、そのまますみやかにリリースしてあげましょう。

ウグイを釣るのにおすすめのロッドを選んでみた!

河川で泳いでいるウグイを釣るのに適している、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

餌釣りなら、3メートル前後の長さの延べ竿を用いれば釣りやすいですよ。

前述のペンシルベイトをキャストして誘うなら、スピニングタイプのルアーロッドを選んでみてください。

飛距離も稼げますし、ルアーにアクションをつけるのもカンタンにおこなえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン スピニングモデル ワン&ハーフ2ピース 2652R-2 バーサタイル

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 スコーピオン スピニングモデル ワン&ハーフ2ピース 2652R-2 バーサタイル

最安値価格
¥24,640(Yahoo!)

Amazonへ ¥26,949

楽天市場へ ¥25,132

Yahoo!へ ¥24,640

シマノからリリースされている、フリースタイル向きのスピニングロッドです。

バスやシーバス・ライトソルトウォーターゲームなどに転用できるので、ウグイ釣りにもバッチリ対応可能でしょう。

全長は1.98メートルで、継数は2本。

仕舞寸法は130.0センチに収まっていますから、航空機で移動したり公共交通機関を利用する際にも持ち運びが便利ですよ。

自重は115グラムと軽め、先径は1.6ミリと細めに作られています。

適合するルアーウェイトは7グラムから20グラムなので、扱えるペンシルベイトの数も豊富ですね。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6ポンドから14ポンドまで。

ブランクスはレギュラーテーパーで、カーボン素材の含有率は98.7パーセントです。

実際に使ってみると、とても振り抜けがよく、魚が掛かってからの曲がりがスムーズな印象です。

バットパワーはじゅうぶんで、大型サイズの魚が掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

これならウグイ釣りを始めとする、さまざまな釣り方に活用できますよね。

ガイド径が大き目に設定されているので、ショッリーダーとの結び目の通過もスムーズです。

ウグイの特徴を理解して大型サイズを釣り上げよう!

ウグイの特徴や生態、おすすめの釣りロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

想像以上によく引く魚なので、フッキングしてからも油断せずに丁寧に取り込むようにしましょう。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング