スルメイカの写真

【釣割マガジン】[訓覇啓雄の船釣り百景(第83回)]南伊豆石廊崎沖のスルメイカ

隔週刊つり情報編集部

今年も梅雨明けと同時にスルメイカの本格シーズンに入った。

とはいえ、ここ数年の不調は周知のとおり。

スルメは数あるイカの中でも多く漁獲されている重要種だが、10年前と比べて漁獲量はなんと10分の1にまで減少している。

原因は産卵場所である東シナ海の海水温の変動にあると推測されている。

スルメに限った話ではないのだろうが、外洋性の生物であっても、環境の変化が深刻なダメージを与えていると思われる。

関東各地でも依然パッとしない釣況が続くが、唯一健闘しているのが南伊豆の石廊崎沖。

7月下旬にはトップが束オーバーを記録し、往年の釣れっぷりを彷彿させた。

8月8日、手石港の米丸へ釣行する。

集合は5時。

7人のお客さんとともに乗船し、準備が整ったところで青野川河口から海に出る。

ポイントの石廊崎沖へは30~40分の航程で到着する。

目次

  • リールが悲鳴を上げるほどの豪快な釣れっぷりを楽しもう。
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング