釣行の写真

【釣割マガジン】[タカハシゴーの親子でゴー(第53回)]沼津の夜タチウオで夏のオモシロ体験

隔週刊つり情報編集部

キャッホーイ!ドボーン!!

白くて強い日差しが照りつける沼津・江えのうら浦港には、叫び声をあげて岸壁からダバダバ飛び込む子どもたちがいた。

こんがりと灼けた肌に海水がまとわりついて、滑らかに輝いている。

澄んだ水の中に潜り、浮かび上がり、岸に上がり、また飛び込み・・・。

せわしなく動き回り続ける彼ら/彼女らは、太陽から降り注ぐエネルギーを全開でほとばしらせている。

すげえ・・・。

遠目で眺めているだけでも子どもたちのパワーに圧倒される。

そして、こう思っていた。

オレも飛び込みてぇ・・・。

オレの中にいる子どものオレがウズウズしている。

なのに、なぜオレは飛び込まないんだ?

着替えを持って来ていないから。

人目があるから。

これから船に乗るから。

あ、そうだった!

オレは沖釣りをしに来ている。

目的遂行に際し、できるだけのムダを省き、最大限に効率を高めるべきではないか。

海に飛び込んでいる場合じゃない。

オレはオトナなのだ。

・・・本当か?

だいたい、千葉・外房くんだりからすさまじい渋滞に飲み込まれたり、財布のヒモが緩みまくる魔宮・釣具のイシグロ沼津店などを経たりしながら、はるばる沼津の海までやってきている時点で、効率のネジなんざ弾け飛んでいる。

ああ、それにしても本当に素晴らしい。

子どもたちがバッシャンバッシャンと海で遊んでいる姿に、目も心も洗われる。

自分の中の子どもがズゴゴゴゴッと動き出して、簡単に言えば元気になるのだ。

子ども万歳!

よ~し、夜タチウオ狙いの伊勝丸にもじゃんじゃん乗るといいぞ、子どもたち!!

じゃんじゃんじゃんじゃん、じゃ・・・、なになに?

何人乗るの!?

さらにママさんたちも!?

なになに?

いったい何が起きるの~ッ!?

目次

  • 彼らが発見したのは操舵室にある魚群探知機だった。
  • 小学生男子どもは瞬時に 真剣度が増し、瞬時に飽きていた。
  • 蒼一朗のためになる手記
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング