釣行の様子

【釣割マガジン】盛夏の東京湾はジギングでも快釣。1m級のタチウオが乱舞!

隔週刊つり情報編集部

ルアーでも好調な東京湾のタチウオ。

ジギングはタックルがシンプルで釣り方も簡単。

ひとたび活性の高い群れに当たればだれでも釣れるとあってビギナーや女性の姿も多い。

好調な釣れっぷりの東京湾のルアータチウオの模様をお届けするため8月10日、東京湾奥木更津港の宮川丸へ向かった。

午前7時、18名のお客さんを乗せて出船、航程40分で観音崎沖のポイントに到着。

「メタルジグは120gを付けておいてください。

水深50mです。底から30m上まで探ってください」

との合図で一斉にジグが投入される。

早く着底した人から順にワンピッチジャークで誘い始めると、いきなり船中あちこちでヒット!

指幅3本サイズが次つぎと取り込まれていく。

左舷トモに並んだビギナー連れのグループは初めて見るタチウオに大はしゃぎして、「銀色に輝いてキレイですね」とまじまじと魚体を眺めている。

タチウオの活性は高い様子で、ピンク、パープル、赤金など様ざまなカラーで釣れている。

その後も船内で常にだれかが竿を曲げているような状況がしばらく続いて全員がタチウオの顔を見ることができた。

やがてアタリが遠のいた所で、5分ほど移動。

「水深68mです。底から30m上までやってみてください」とのアナウンスで再開。

ややアタリが減ったものの、今度は指幅3本半~4本半級がポツポツ釣れる展開となる。

慣れた人は速くて細かいピッチでラインをたるませないようにシャクって数をのばしていく。

一方、大きくシャクっていた方はタチウオにリーダーを噛まれてジグをロストしてしまうこともしばしばあった。

目次

  • 1m級が連発!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

ジギング」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング