ルアーのアップ写真

人気のジグラバースルーに2021年腹グローカラーモデルが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

ショアからのキャスティングゲームでマダイを狙うための人気アイテム、メジャークラフトのジグラバースルー。

2021年には追加カラーとして、お腹の部分がグロー塗装で光るように仕上げられた、腹グローカラーモデルがラインナップされます。

これまで以上にめっちゃ釣れそうですよね。

ここでは、その特徴や釣り方についてご紹介しましょう。

「ネクタイ付きでグロー系カラーなら、他の魚も反応しそうだよね!」

その通り!マダイはもちろん、ハタやソイなどのロックフィッシュや、ヒラメ・マゴチ・チヌなどもコンスタントに狙えるでしょう。

ジグラバースルーとは

ジグラバースルーとは、メジャークラフトからリリースされている、ショアキャスティングゲーム用のタイラバのこと。

ヘッド形状がタイラバとは異なり、流線形でラインが中央を貫通する構造になっています。

いわゆる誘導式なので、後に続くネクタイやスカート部分にマダイが食い付いたとき、その動きに追従してヘッドの重さを魚にほぼ伝えない役割を果たします。

これにより、マダイは違和感を覚えずに、しっかり食い込むことができるのです。

また、誘導型ヘッドにすることで、ヘッドの上下が回転せずに、フォール姿勢が安定しますよ。

流線形フォルムにしていることで、根掛かりの確率は抑えられているほうですが、それでも岩礁帯でキャストすると引っ掛かるケースがありますね。

そんなときは、キャストの際にひと工夫を加えます。

①キャストして着水を確認します。

②リールのスプールに指や手のひらを当てて、ややテンションのかかるフォールを実践します。

③着底の瞬間をとらえやすくなるので、着底したなと感じたらすぐにロッドを立ててください。

④ベールを起こしてリールハンドルを回し、リトリーブを開始します。

⑤ジグラバースルーのヘッド形状は、浮き上がりやすくデザインされていますから、底を切った状態でスイミングを続けるでしょう。

タイラバゲームでもそうなのですが、マダイはただ巻き・等速巻きに極めて高い反応を示してくれますよ。

リフト&フォールのほうが釣れるんじゃない?と考える人も多いでしょうが、最初からやってしまうと根掛かりのラッシュに。

まずはただ巻きで何度もその場を通してみて、地形変化や藻の生え方を掌握してから、別のアプローチに切り換えましょう。

このアプローチを実践することで、根掛かりはかなり減らせるはずです。

豊富なウエイトから選べるジグラバースルー!

ジグラバースルーには、ネクタイタイプに3種類のウエイトが用意されていますよ。

30グラム・40グラム・60グラムの中から選べるのですが、根掛かりしにくいのは30グラムでしょう。

飛距離が欲しいときや潮の流れが強い場所で、40グラムや60グラムをラインに結ぶようにしたいですね。

ワームをトレーラーに用いるオフセットタイプには、より軽量な10グラム・15グラム・20グラムが用意されていますよ。

腹グローカラーモデル4種類が追加ラインナップ!

ジグラバースルーに2021年腹グローカラーモデルが、4種類追加ラインナップされます。

●グローレッドカラー

●グローオレンジカラー

●グローグリーンカラー

●グローゴールドカラー

誘導式ヘッドにスカート+ネクタイ仕様ですから、まさにタイラバそのものですよね。

グロー系カラーは、カサゴやアイナメ・クロソイ・マハタ・アコウなどのロックフィッシュにも効果が高いので、バイトが増えるのは間違いないでしょう。

ジグラバースルーでマダイを釣り上げている動画はこちら

ジグラバースルーをキャストするのに使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

ジグラバースルーをキャストしてリトリーブを繰り返すのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

基本的にはショアジギング用ロッドを転用すれば、キャストすることは可能です。

リトリーブの際にロッドティップでアタリを取りたいので、ややライトな曲がり込みのいいブランクスのほうが、操りやすいかもしれません。

メジャークラフト トリプルクロスショアラバージギング TCX-922ML/SRJ

メジャークラフト トリプルクロスショアラバージギング TCX-922ML/SRJ

最安値価格
¥15,206(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,000

楽天市場へ ¥15,840

Yahoo!へ ¥15,206

メジャークラフトからリリースされている、ショアラバージギング専用のスピニングロッドです。

ブランクスがMLパワーなので、30グラム前後のウエイトをキャストするのに向いていますよ。

もっと重いものをキャストしたいときは、Mパワー以上のモデルもラインナップされているので、チェックしてみてはいかがでしょう。

全長は9.2フィートなので取り回ししやすく、適合するルアーウエイトは15グラムから30グラムまで。

ブランクスはレギュラーファーストアクションで、適合するPEラインは0.6号から2.0号までです。

実際に手にしてみると、軽くて握りやすい印象ですね。

4軸カーボンやSiC-Sガイドリングなど、最新のスペックが搭載されているので扱いやすいですよ。

魚が触ってきたとき、ロッドティップに変化が出ますから、フッキングのタイミングは判断しやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

ジグラバースルー腹グローカラーモデルの気になる発売日はいつ?

ジグラバースルー腹グローカラーモデルの気になる発売日は、2021年の8月を予定しています。

キャストするときは、周囲に他のアングラーや通行人がいないか、しっかり確かめてから動作に移るようにしてください。

マダイの関連記事はこちら

メジャークラフト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング