ワームのアップ写真

ジャゴロケット3インチならベイトタックルで飛ばせる!2021年新登場のバス釣りワーム

FISHING JAPAN 編集部

オフセットフックを用いたノーシンカーリグで、カバー周りを徹底的に攻めたいときってありますよね。

高比重で水平姿勢を保ちながら沈んでくれるなら、バスをバイトに持ち込みやすいでしょう。

2021年にバークレイブランドから新発売されるジャゴロケット3インチなら、通常のベイトタックルでロングキャストできるので、使えるシチュエーションがグッと広がります。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ジャゴロケット3インチとは

ジャゴロケット3インチとは、2021年バークレイからリリースされる、バス釣り用の高比重ワームのことです。

いわゆる、沈む虫をイメージして作られていますが、既存アイテムのように小さ過ぎず、フィネス寄りではありません。

つまり、ライトリグを扱うスピニングタックルを持ち出す必要がなく、いつも使っているベイトタックルでキャストが可能なのです。

ウエイトは、ワーム単体で13.5グラムもあります。

ここまで重ければ、オフセットフックを装着するだけのノーシンカーリグでも、ベイトタックルでロングキャストできてしまえるでしょう。

加えて、太いラインで操れるメリットも付随してきます。

16ポンドから20ポンドクラスの、フロロカーボンラインやナイロンラインでアプローチできるので、カバーやストラクチャーに擦りながら、バスを誘えますよ。

当然釣れる確率はアップ、ビッグサイズのバスもゲットすることが可能になります。

また、ジャゴロケット3インチのボディマテリアルには、ソルトが含まれています。

それ故に高比重に仕上がっているのですが、ボディ全体にソルトが満ちているのではありません。

真横から見て、上半分にはソルトがほぼ入っておらず、下半分にしっかり混入されています。

こうすることで、ワームの上下がひっくり返りにくく、セットしたフックのハリ先をワーム内に隠して、スナッグレス効果を高められます。

ソルトインのままだと、ハリ持ちが悪くてハリ先がすぐに飛び出してしまいますからね。

腹部にはスリットが刻まれているので、その縦線に沿ってフックを装着しやすくなっています。

ハリ先を隠しやすいように、背中側には横線のスリットが設けられていますよ。

ジャゴロケット3インチの足やテールに注目!

このワームには、複数の突起物が配置されています。

側面からは、曲がりのある足が6本突き出していて、フォールの際にピリピリと自発的アクションを発生。

まさに虫が足を動かしているように見えるので、バスの食性を刺激するのは間違いないでしょう。

最後尾には、3本のテールパーツが配置されています。

これにより後ろ斜め姿勢で沈もうとするのを抑制、水平姿勢を生み出すスタビライザーの役割を果たしていますよ。

カラーバリエーションは計6種類!

ジャゴロケット3インチには、全部で6種類のカラーバリエーションが用意されています。

どれもバス釣りで人気のカラーばかりですから、好みのものを選んでキャストしてみましょう。

●グリーンパンプキンスモークバックカラー

●スカッパノンカラー

●ネオンバックカラー

●グリーンパンプキンサファイアブルーカラー

●スモークブラウンブルーフレークカラー

●ブラックブルーフレークカラー

チャートやピンクなどの派手なカラーがラインナップされていないのは、ちょっと残念ですが、どれも釣れ筋のカラーなので早く使ってみたいですね。

ジャゴロケット3インチのデモンストレーション動画はこちら!

ジャゴロケット3インチをキャストするのに使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

ジャゴロケット3インチをキャストしてカバー周りを攻めるのに適している、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

オフセットフックは4/0番前後になるので、しっかりフッキングできるパワーのあるベイトロッドがいいですよね。

太いラインを使ってアプローチできるので、ビッグバスとのやり取りも楽しめるでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-68MH

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-68MH

最安値価格
¥24,200(amazon)

Amazonへ ¥24,200

アブガルシアブランドからリリースされている、パワーバランス設計のベイトロッドです。

全長は2.03メートルで1ピース仕様、標準自重は116グラムと軽めの設定になっています。

適合するルアーウエイトは10グラムから30グラムなので、ジャゴロケット3インチを扱うのに丁度いいでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10ポンドから20ポンドまで。

ブランクスのパワーはMH=ミディアムヘビーで、テーパーアクションはレギュラーファーストに作られています。

実際に手にしてみると、とても軽くて張りのあるブランクスですから、ロングキャストアプローチを実践しやすい印象です。

オフセットフックを装着したノーシンカーリグは、フッキングを早めないほうがいいでしょう。

ラインが走り出してからロッドを立てて、バスにラインテンションを作ってもらうのがベター。

走っている方向と真逆にロッドを倒しながら、リールハンドルを回しつつフッキング動作をおこなうようにしてください。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ジャゴロケット3インチの気になる発売日はいつ?

ジャゴロケット3インチの気になる発売日は、2021年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、980円です。

太いラインのベイトタックルを準備して、リリースを待ちたいですね!

ワームの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング