【釣割マガジン】アマダイファンに朗報! 東京湾で順調にスタート

隔週刊つり情報編集部

「まったくもって驚いた」というのが正直な感想だ。

アマダイ釣りというと、秋から冬の釣り物と認識していた。

激暑の海でそれを狙うことなど、まったくイメージにはなかった。

9月になるとポチポチ狙い始める船も出るが、なんたって8月の中旬。

クラクラ~ッと目まいがしそうな暑さだ。

リクエスト乗合として早々にアマダイ船を出したのは東京湾奥羽田の老舗かみや。

今シーズン、最初にアマダイで出船したのは8月9日だった。

保田~富浦沖を流して船中11尾。

40cm超えは3尾で最大は47cmだったようだ。

僕が出かけた8月14日が今期2回目のアマダイ船。

5時過ぎには宿に着いて、右ミヨシ2番に釣り座を構えた。

この日は9日のアマダイ船に乗った常連さんが何人もいて、様子を詳しく聞くこともできた。

リクエスト乗合を主に担当するのは2代目当主の神谷貴之船長だ。

愛称は「シャチョウ」で、気さくな人柄が顔に出ている。

リクエスト乗合は、イカ、アジ&タチウオのリレー釣りやテンヤタチウオ、オニカサゴなどなど多彩な釣り物をセッティングする。

釣り好きで新しいチャレンジもできるベテラン船長ならではのメニューだ。

アマダイは基本的にオールシーズン狙えるが、ペタッとした春潮の濁りが入った時期だけは食いが悪くなるみたいだと船長は話す。

アマダイの人気はさすがで、僕を含めて15名の釣り人が船に乗り込み、定刻の7時に出船して多摩川を下る。

船長は「剣崎沖まで走ります」とアナウンスして、ナギの夏の海を走った。

風もなく朝からチリチリと肌を焼く日差しがつらい陽気だから、走る船が切る風が気持ちいい。

フーッ、暑くなりそうだ・・・

目次

  • 本命の引き込み
  • 富浦沖で良型連発
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング