ランディングネットのアップ写真

ランディングネットで魚を確実にとらえたい!自作する人もいるってホント?

FISHING JAPAN 編集部

せっかくレコードクラスの大きな魚を掛けたのに、足場が高くてランディングできなかった経験はありませんか?

釣りをしていると悔しい思いをたくさんしますが、ランディングネットを持参しなかったときほど辛いものはありません。

ここでは、ランディングネットの特徴な効果的な使い方についてご紹介しましょう。

「ランディングネットって、ホームセンターで売ってるようなパーツを組み合わせれば自作できるのかな?」

確かにホームセンターには、竹や網・ゴム製ネットなどが販売されていますが、長さを確保したり強度をしっかりしたものに仕上げるのは、難しいかもしれませんね。

小型で淡水エリアの水路などを探るくらいなら、自作できるのではないでしょうか。

ランディングネットの効果的な使い方をチェック!

ランディングネットとは、釣りの際に掛けた魚を取り込むのに用いる、便利アイテムのことです。

網=ネット部分と、柄=シャフト部分に大きく分かれていて、それぞれに高い剛性・耐久性が求められますよ。

魚を釣り上げたまではいいものの、それを網に入れた状態で手元まで引き上げることができなければ、意味はありません。

カンタンに折れ曲がったり、破れたりするようなものでは、ランディングネットとして役に立たないのです。

網は、強度の高い撚り糸で作られています。

魚が暴れてヒレなどの鋭利なものが触れても、すぐに破れてしまうことはないように作られていますよ。

最近では、太目のラバー素材が網に用いられるようになってきました。

メリットは、魚体に網が食い込まないこと。

リリースするつもりの魚なら、できるだけダメージを残さずに海や河川などへ帰してあげたいですよね。

ラバーネットなら、とてもクッション性が高くて破れにくく、魚体にも優しいのです。

使い方は、魚の正面へラバーを持ってこないようにしてすくうこと。

魚の背後からすくうと、ラバーネットを見た魚が驚いて暴れるのを、防ぐことができます。

ラバーネットのほうが若干重くなりますが、魚に与える影響を考慮すれば、ぜひ使うようにしたいですね。

柄は、グラスファイバー素材からカーボン素材へと移り変わっているようです。

そのほうが圧倒的に軽いので、ランディング作業をスムーズにおこなえるでしょう。

竹の柄の場合は、ほぼ継ぎになりますから、セッティングするのに時間がかかってしまいます。

魚を網に入れてからのランディングネットの使い方に注意!

ランディングネットの使い方で注意したいのは、魚を入れてからの作業です。

「そのまま魚ごと持ち上げたらダメなの?」

それをすると柄の部分が必要以上に曲がってしまい、最悪の場合折れてしまうかもしれません。

せっかく釣り上げた魚を、みすみす取り逃がしてしまうことになりますから、持ち上げは絶対に止めましょう。

正しい使い方は、①まず魚を網に入れます。

②自分の足元まで持ってきます。

③そのまま持ち上げるのではなく、振出式になっている柄の部分を、ひと節ずつ収納していきましょう。

④仕舞寸法にまで収納し切ったら、網も魚もきちんと手元に届いているでしょう。

柄の角度は変えずに、ひたすら節を収納して縮めていくのが、トラブル回避のやり方です。

後付けの便利パーツでランディングネットを充実させよう!

ランディングネットには、後付けの便利パーツが豊富に揃っています。

例えば、ジョイント。

網枠と柄をつなぐ関節部分に該当するパーツで、ワンタッチで折りたたんだり伸ばしたりすることが可能です。

ランガンスタイルでシーバスゲームなどを楽しむ際に、とても扱いやすく釣りやすい状況を作り出してくれるでしょう。

それから柄に付いているショルダーベルト。

これがあれば、釣り場を転々と移動しても、持ち運びをスムーズにおこなえます。

ランディングネットから使いやすいおすすめアイテムを選んでみた!

数あるランディングネットの中から、使いやすいおすすめアイテムをご紹介しましょう。

枠や網が大きいほうが、さまざまなシチュエーションでしっかり活用できますよね。

てきるだけ軽くて剛性感のあるもの、そして長く使える耐久性の伴なったものを選んでみました。

プロックス オールインワンソルト 500(ブルー) AIOS500

プロックス オールインワンソルト 500(ブルー) AIOS500

最安値価格
¥12,375(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,298

楽天市場へ ¥12,900

Yahoo!へ ¥12,375

プロックスからリリースされている、網・柄・その他便利パーツが揃っているランディングネットです。

最初から必要なものが全て付いているので、そのまま釣り場へ持ち込むことができますよ。

全長は5.00メートルもあるので、防波堤などの足場の高い場所でも使えるでしょう。

振出式で継ぎ数は8本、仕舞寸法は72センチです。

枠サイズは、約52×65センチもありますから、大型魚が掛かってもランディングしやすいのがメリットです。

先径は15.3ミリで、元径は34ミリ。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92パーセントです。

タモジョイントやタモホルダーが標準で付いていて、ラバーコートされた網は魚をほぼ傷めずに扱うことができます。

実際に手にしてみると、とても取り回ししやすくて作業はラクラク。

これならさまざまなシチュエーションに持ち込めますから、釣りが楽しくなるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に抑えられています。

シーバスやヒラメ・マゴチはもちろん、近海に棲む青物やアオリイカ・ロックフィッシュまでカバーできるのが嬉しいですね。

磯などの岩礁帯では、たいへん足が滑りやすいので注意してください。

無理にランディングしようとして事故が発生することが多いですから、気を付けなければいけません。

ランディングネットを使いこなしてさまざまな釣りを楽しもう!

ランディングネットの特徴や使い方、おすすめのアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

忘れずに釣り場へ持ち込んで、活用するようにしましょう。

ランディングネットの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング