クーラーボックスのアップ写真

大型クーラーボックスがあれば釣れた青物を収納して持ち運びできる!おすすめのモデルはどれ?

FISHING JAPAN 編集部

ジギングで釣れた青物を自宅まで持ち帰りたいとき、大型クーラーボックスがあればとても便利ですよね。

活け締めした状態でそのまま収納できれば、鮮度を保ちながら自宅のキッチンまで運ぶことができます。

ここでは、大型クーラーボックスの特徴・スペックや選び方、おすすめの機種についてご紹介しましょう。

大型クーラーボックスに求められるスペックって何?

大型クーラーボックスがあれば、どんなメリットが生まれるかは容易に想像できます。

長さのある魚をそのままの姿で収納できますから、対象魚が大きなサイズの各種ジギングや船釣り全般に必要不可欠なアイテムといえるでしょう。

最近では海上釣り堀でも大物が釣れるので、クルマに大型クーラーボックスを積んでおきたいですよね。

長さの目安は、60センチ以上でしょうか。

クーラーボックスの内寸で60センチを超えていれば、ある程度までの魚なら収納可能でしょう。

例えば、マダイやヒラメなどなら、大型が釣れても入りそうですよね。

青物も内寸60センチあれば、なんとか収まるケースがありそうです。

そんな大型クーラーボックスに求められるスペックを、ひとつずつ挙げてみましょう。

●容量は40リットル以上

クーラーボックスの容量が40リットル以上あれば、長さ60センチをクリアできます。

これより小さな容量になってしまうと、大型クーラーボックスとは言い難いかもしれませんね。

容量が100リットルを超えるようなタイプなら、大型青物でも難なく収納できるでしょう。

ただし、重量がかなり重くなってしまいます。

●キャスターやロングハンドル付き

重量が重くなるのは、大型クーラーボックスの宿命です。

それを独りで担いで運ぶのは至難の業で、無理をすると身体を痛めてしまいかねません。

そこで求められるのが、底部分に付いたキャスターです。

車輪がコロコロと転がることで、釣り場からクルマまでの運搬を楽にこなせるようになります。

またその際にロングハンドルが付いていれば、軽めのチカラで魚満載の大型クーラーボックスを運ぶことができるのです。

収納する魚も大きくなるので、重量が増すことは必然としても、それをどのように軽快に運べるか?も問われているわけです。

大型クーラーボックスの保冷力に注目!

大型クーラーボックスの保冷力についても、注目は集まるでしょう。

カンタンに氷や保冷剤が解けてしまうようでは、魚を鮮度の高いまま運ぶことはできませんからね。

いったいどんな素材=断熱材が使われているのか、代表的なものを挙げてみましょう。

①発泡スチロール

氷を盛って魚を運ぶのに魚屋さんが使っているのが、発泡スチロールです。

白い箱状のものをよく見かけますよね。

発泡スチロールを大型クーラーボックスの内部に配置しているタイプがあるのですが、保冷力は最も低いものになります。

価格が安くなるメリットはあるものの、あまり遠い釣り場だと自宅まで魚が持ちませんね。

ただし、とても軽いので持ち運びは便利ですよ。

②発泡ウレタン

こちらは、ウエイトも保冷力をそこそこ持っている断熱材で、価格は高くもなく低くもなくという感じ。

価格を抑えて機能をアップさせたい人に、響く素材かもしれません。

真空パネルは保冷力最高!

③真空パネル

大型クーラーボックスのボディ6面に対して、任意の箇所らこの真空パネルが用いられている機種があります。

保冷力は最高レベルで、泊りがけの釣行を企画するような場合に適しているでしょう。

ただし、価格はとても高く、ハイエンドスペックな機種に採用されています。

それからウエイトが重くなるので、持ち運びするのがタイヘン。

大型クーラーボックスには、一長一短があることを覚えておきたいですね。

自分の釣りスタイルに合わせて、丁度いいスペックのものを選びたいものです。

大型クーラーボックスからおすすめのモデルを選んでみた!

数ある大型クーラーボックスの中から、おすすめのモデルをご紹介しましょう。

やはり釣具メーカーが製作しているものが、扱いやすく高性能に作られています。

さまざまな工夫や便利機能も、豊富に盛り込まれていますよ。

ダイワ トランクマスターHD2 S4800 レッド 48l

ダイワ トランクマスターHD2 S4800 レッド 48l

最安値価格
¥25,640(楽天市場)

Amazonへ ¥29,459

楽天市場へ ¥25,640

Yahoo!へ ¥25,640

ダイワからリリースされている、大型クーラーボックスです。

容量は48リットルもありますから、かなり大きい魚でもそのままの姿で収納できるでしょう。

活け締めや血抜き作業をおこなってから、しっかり詰め込みたいですね。

自重は8.6キロと軽め、内寸は270×750×230ミリもあります。

長さ75センチまでの魚を入れられるので、大型青物のブリやカンパチ・ヒラマサなどにも対応できそうです。

外寸は、395×915×330ミリです。

断熱材には、発泡スチロールが用いられているので、あまり遠征向きではないといえそうです。

保冷力は、KEEP80ですね。

もちろんハンドルは標準で装備されていますし、静音キャスター・水栓・ふんばるマン・スノコも付いていますよ。

実際に使ってみると、上フタは開けやすくて頑丈ですから、長い間釣りに使えそうな印象です。

左右両方に開いてくれますから、魚の投入など使い勝手はバツグンに良いですね。

中身を詰めてハンドルを握ってみました。

スッと持ち上げられますし、キャスターの回転もスムーズ。

これなら釣り場からクルマまで遠くても、安心して運ぶことができるでしょう。

フラットなところばかりではないので、ゆっくり慎重にキャスターを転がすようにしたいですね。

釣行後の水洗いもしやすいですから、メンテナンスは楽におこなうことができます。

各パーツを外してしっかり洗浄しておくと、次回の釣りでも快適に使うことが可能でしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっていますよ。

大型クーラーボックスを初めて購入するつもりなら、ダイワのこのモデルを検討の選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

シマノ(SHIMANO) 釣り用クーラーボックス スペーザ ホエール ベイシス 650 ピュアホワイト NS-365T

シマノ(SHIMANO) 釣り用クーラーボックス スペーザ ホエール ベイシス 650 ピュアホワイト NS-365T

最安値価格
¥42,630(Yahoo!)

Amazonへ ¥42,838

楽天市場へ ¥43,000

Yahoo!へ ¥42,630

シマノから発売されている、大型クーラーボックスのスペーザホエールベイシスです。

なんと容量は65リットルもあるので、86センチもの長寸の魚を丸ごと収納できますよ。

重量は11.2キロと重めで、内寸は295×860×255ミリになります。

外寸は405×1000×370ミリですから、やはりかなり大きなクーラーボックスですね。

断熱材には、1面底部分に真空パネルが使われていて、その他面は発泡ポリスチレンを搭載していますよ。

I-CE値は80hで、外装・内装ともにポリプロピレンを使っています。

金属部分には、錆びに強いステンレスを配置、長く使い続けるための工夫が盛り込まれていますね。

運ぶときに便利なハンドルを標準で装備していて、静音キャスターや水栓・取り外し可能フタ・滑り止めゴム・トレー・サイドロックが付いています。

収納の目安として、500ミリリットルのペットボトルなら48本まで、板氷3個+500ミリリットルのペットボトルなら42本まで、冷凍オキアミなら10枚は入るでしょう。

実際に使ってみると、80センチのブリは楽勝で入れることができました。

ハンドルを持って傾けても、しっかりとした剛性でたわみ・歪み等は発生していない印象です。

これならさまざまな釣り場へ持ち込めますし、長く使い続けることも可能でしょう。

実売価格は4万円台と、結構高額な価格に設定されていますが、豊富にスペックや保冷力・耐久性等を考慮すれば、納得の価格といえるかもしれませんね。

使用後の洗浄メンテナンスはきっちりおこなうようにして、次回の釣行に備えるようにしましょう。

大型クーラーボックスを使いこなして釣りを楽しもう!

大型クーラーボックスの特徴やスペック、おすすめのモデルを取り上げましたが、いかがでしたか?

1つは持っておくと、多くの釣りシーンで活躍してくれるのは間違いありません。

クルマに積み込みやすい外寸サイズにすれば、カンタンに運び入れをおこなえるでしょう。

クーラーボックスの関連記事はこちら

クーラーボックス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング