水面とカヤックのアップ写真

雨の日は釣れる!ってホント?釣り方や快適に過ごすのにおすすめのアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

天気予報によると、昼前には雨。

そんな釣行日のシチュエーションなら、どんな釣り方をすれば好釣果につながるのでしょうか。

雨の日だから釣れる!という考え方では、1匹も魚の姿を見ずに終わってしまうかもしれませんよ。

ここでは、雨の日の釣り方について、分かりやすくご紹介しましょう。

「雨だけなら我慢するけど、雷が苦手なんだよな、、」

雷の気配があるようなら、即刻釣りはやめましょう。

それは克服する対象ではなく、避ける対象です。

雨の日の釣り方をマスターするにはどうすればいいの?

雨の日は、空一面に雨雲が広がっているので、日照による光が抑え込まれている状態になります。

水中を泳いでいる魚にとって、眩しい光が少ないわけですから、水面を見上げるチャンスに。

いつもは日陰に避難しているのに、眩しくなければ自由にどこへでも泳いで出かけられますよね。

そういう意味では、雨の日は晴れの日よりも、魚の活性が高いといえるでしょう。

活性が高いのなら、キャストしたルアーを積極的に追ってくれそうな期待をしてしまいます。

実際よく釣れるのですが、小さなサイズの魚も数多く浮き上がって上を見る状態になるので、なかなかビッグサイズに巡り合えません。

特に淡水エリアのバス釣りでは、子バスを大量に釣り上げてしまうことに。

最初のうちはそれでも楽しく過ごせますが、やはりビッグバスを釣りたいですよね。

そこで実践してほしい釣り方があります。

ボートでもカヤックでもオカッパリスタイルでも、同じようにアプローチできるので、ぜひ実践してみてください。

まず、子バスを釣りたくないからと、ルアーサイズを大きなものにしてしまう人がいますが、これはやめておきましょう。

大きなルアーがロングキャストが出来て、広範囲を探れますが、雨の日で活性が上がっているので、探る必要はありません。

それよりも、着水の際の大きな音を抑え込みましょう。

強過ぎる刺激を抑えることで、高い活性を長い時間維持することができますよ。

コンパクトなルアーを選んでキャストするのは、バス釣りで狙う典型的なカバー周り。

一旦あちこちに散っていたバスが、再度テリトリーに戻ってくるのです。

時間帯でいえば、お昼前ぐらいからでしょうか。

そのタイミングでカバーに投入したいのは、ダブルフックが上向きで装着されている、中空フロッグです。

中空フロッグをラインに結んでみよう!

中空フロッグは、ほとんどがお腹部分がフラットな形状になっているので、水面に着水する際に音を抑え込むことができます。

一旦陸上にキャストして、そこから水に入れることもカンタンにできますよね。

そうやって着水音をコントロールし、水の入るときの波だけを目立たせるのです。

活性の高いバスなら、その僅かな変化も見逃すことなく近寄ってきますよ。

水面に浮いた中空フロッグを、首振りなどでアクションさせる必要はありません。

水に浮かせた時点で、やるべきことの9割は完了していると考えてください。

子バスのバイトはフッキングしない!

これだけアピールを抑え込んでも、子バスはルアーに噛み付いてきます。

でも中空フロッグですから、フッキングしなければフックが刺さることはほぼありません。

バイトをじっくり観察して、これはデカイな!と感じたケースのみ、強めにフッキングするといいでしょう。

雨の日は魚の活性が上がって、自分のテリトリーから離れがちになるバス。

でも結局のところ、捕食を効率よくおこなうには自分のテリトリーが良い!と判断して戻ってきますよ。

戻ろう!と判断する個体ほど、体格のいいビッグバスである確率が高いのです。

そういう習性を利用して、朝イチではなくお昼ごろからの釣行を計画し、いつも通りのカバー撃ちを実践してみてください。

驚くほど釣果が変わることを、実感できるでしょう。

雨の日の釣りにおすすめの必携アイテムをピックアップ!

雨の日の釣りに必ず持っていきたいおすすめアイテムは、やはりレインスーツでしょう。

中にいろいろ着込むものが多いのと、腕・脚などの動きやすさを考えて、普段Lサイズの人ならXL前後の大きめサイズを選びたいですね。

防水・撥水処理を表面に施したものなら、少々長く雨が降り続いても、釣りを楽しめるでしょう。

ダイワ(DAIWA) レインマックス レインスーツ ブラック XL DR-3621

ダイワ(DAIWA) レインマックス レインスーツ ブラック XL DR-3621

最安値価格
¥7,238(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,272

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥7,238

ダイワからリリースされている、軽量で動きやすいレインスーツです。

オリジナルの生地・レインマックスを採用していて、比較的価格が抑えられているのが嬉しいですね。

透湿防水素材のレインマックスを2層生地にして、ベタツキの少ないメッシュ素材も上手く使っていますよ。

止水ファスナーを左胸のポケットに採用しているので、スマホなどを入れておくと便利でしょう。

フードにはベルクロが付いていて、前後方向の調整ができます。

ドットボタンで裾幅の調整をおこない、ウエスト部分はゴムシャーリング入り。

ドローコードも付いていますから、さらに細かなサイズ調整をおこなえるようになっています。

実際に着込んでみると、手足の自由度が高くてキャスティング・フッキングともに実践しやすいのがいいですね。

実売価格は8千円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

雨の日の釣り方を習得してビッグフィッシュを釣り上げよう!

雨の日の釣り方や、おすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

数釣りをしていて釣れなくなったときがお昼なら、釣り方を変えてアプローチしてみましょう。

釣り方の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング