魚とルアーのアップ写真

ワインド釣法でタチウオを釣りたい!釣り方やおすすめロッドをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

タチウオが釣れる季節になってきました。

各地の防波堤などでは、ウキ釣りやテンヤ釣りでアプローチするアングラーが増えてくるでしょう。

ワインド釣法を駆使するアングラーも多く、実績も高まっていますよ。

ここでは、タチウオのワインド釣法を詳しくご紹介しましょう。

「最近では、ヒラメやマゴチもワインド釣法で狙うんだよね!」

その通り!強くシャクリを入れて跳ね上げずに、底付近でダートを繰り返していると、ヒラメ・マゴチが反応してきますよ。

ワインド釣法でタチウオを釣るにはどうすればいいの?

ワインド釣法でタチウオを狙うには、まず時間帯を絞り込む必要があります。

釣り場にもよりますが、一般的には昼間タチウオは深場にいて、夕方近くになると接岸してくる傾向が強いですね。

となると、ワインド釣法を用いるのも、夕方近くになってからのほうが、効率よくタチウオを誘えるでしょう。

「ワインド釣法で使うのはジグヘッド+ワームだから、シンキングだよね。深場まで落とし込んで操ればいいんじゃないの?」

確かにその釣り方で誘えるのですが、岸から遠方の深場なら届かないことが。

しかもワインド釣法のジグヘッドは、ウエイトがメタルジグほど重くないので、どうしても届かないケースが出てきます。

やはり時間帯を絞り込んで、夕方までは別の釣り方を試すほうが、タチウオの釣れる確率が上がるでしょう。

ちなみに、メタルジグを使ったショアジギングなら、昼間でもタチウオのいる深場をトレースできるかもしれません。

シルバーベースで、グローカラーのゼブラ模様が入ったメタルジグを用意しておくと、夕方までの時間を有効に過ごせるでしょう。

ワインド釣法はスピニングタックルで!

時間帯が夕方になって、周囲が暗くなり始めたら、ワインド釣法用のタックルをセットしてください。

グローカラーの塗装が施されたジグヘッドに、ピンテール系のワームを装着します。

タチウオは歯が強いので、ショックリーダーの先端にワイヤーリーダーを付けて、そこにジグヘッド+ワームを結ぶようにしましょう。

タックルは、飛距離を伸ばすために、スピニングタックルがおすすめ。

長さは8フィート前後で、Mパワー程度のブランクスであれば、縦方向にシャクリやすいですよ。

リールは、3000番以上のスピニングリールにして、PEラインの1号前後を200メートル以上巻くようにしましょう。

ワインド釣法ではフォールしているときに注意!

ワインド釣法で大切なのは、ジグヘッド+ワームを底まで落とし切ること。

キャストして着底したら、ラインにたるみが発生するので分かりやすいですよ。

底からスタートして、リールハンドルを回しながら、ロッドを縦方向にシャクリます。

前方45度ぐらいに構えて、少しロッドティップを下げては、元の位置までシャクリ上げる感じでしょうか。

完全に表層まで上げてくるのではなく、大体中層ぐらいに到達したかな?と予想を立てて、そこからまた底まで沈めてください。

リフトしてフォール、この繰り返しでタチウオを誘います。

集中力をアップしたいのは、ジグヘッド+ワームがフォールしているとき。

フォール中にタチウオがバイトしてくる可能性が、とても高いですよ。

急にグンッ!と重くなるので、しっかりフッキングしてフックを貫通させるようにしましょう。

ワインド釣法の釣り方を詳しく解説している動画はこちら

ワインド釣法に使いたいおすすめロッドをピックアップ!

それではワインド釣法をおこなうのに使ってみたい、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

シーバスゲーム用やライトショアジギング用のものに、適したタイプが多いですよ。

あまり重くなると、シャクリ動作を入れるのが辛いので、やや軽めのロッドを選ぶようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) ワインドロッド ワインド X 86MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ワインドロッド ワインド X 86MH 釣り竿

最安値価格
¥8,203(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,701

楽天市場へ ¥8,320

Yahoo!へ ¥8,203

ダイワからリリースされている、ワインド釣法専用のスピニングロッドです。

ブランクのグラス素材比率が高いので、よく曲がり込んでくれる味付けになっていますよ。

全長は2.59メートルで2ピース仕様、仕舞寸法は134センチですから、釣り場の防波堤まで運びやすいでしょう。

自重は145グラムで、先径/元径は1.8/12.6ミリ。

適合するルアーウエイトは、11グラムから28グラムまで。

適合するPEラインは、0.8号から1.2号までです。

ブランクのカーボン素材含有率は、68パーセントに抑えられているので、全体的に曲がりやすいですよ。

実際に手にしてみると、扱いやすくてしっかり振り切れるブランクという印象が強いですね。

MHパワーが与えられていますが、それほどビシッと硬いイメージではありません。

バイトしてきたタチウオを、弾いてしまわない柔軟性が備わっていますよ。

実売価格は8千円台と、とても安い価格帯に抑えられています。

これならワインド釣法を初めておこなう人にとって、購入しやすいでしょう。

ワインド釣法をマスターして大型タチウオを釣り上げよう!

ワインド釣法の特徴や釣り方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

防波堤では大勢のタチウオアングラーと遭遇することになります。

釣り座が構えられないようなら、別の場所へ積極的に移動するようにしましょう。

タチウオの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング