釣行の写真

【釣割マガジン】タチウオが眩しかった太宰治的釣行の巻~東京湾奥浦安出船のタチウオ~

隔週刊つり情報編集部

・・・え?

記憶はあいまいだ。

その瞬間、頭にモヤがかかってしまった。

「あ~っ!」だったか、「掛かってるよ!」だったか、あるいは「落ちた!」だったか、もしくはその全部か・・・。

よく分からないが、とにかく沖藤編集長の叫び声に船ベリを見たそのとき、自分のタックルが一式、海中に没していった。

一瞬だった。

ともえ投げを食らったかのように竿尻を跳ね上げて、スパーンと引きずり込まれ、消えていったのだ。

いや、そのシーンも本当に自分が目にしたのか、脳が勝手に補完しているのか分からない。

いずれにしても、そこにあるべきオレのタックルがなかった。

え?あ?はい?いや、ちょっと待ってくれよ……。
 
現実を受け止められない。

視野がキューッと狭くなる。

夏らしく脳天気に明るい光の中なのに、視界の四隅が暗い。

こめかみのあたりをザッ、ザッと血が流れる音が聞こえる。

・・・え?

今年1月にようやく購入できたシマノ・カルカッタ301HGが。

今回のテンヤタチウオ釣行に合わせて購入したシマノ・サーベルマスターBB82MH180が。

手のうちにあった頼もしい重みが。

何もない・・・。

とっさに、恥ずかしいと思った。

これは釣り人としてやってはいけない恥ずべきことだ。

オレは竿先を10cmほど船ベリから出して、竿を置いていた。

ホルダーに掛けず、ただ置いていた。

指示ダナより10mほど巻き上げ、底から20mほどのところにテンヤがあったので、魚が食ってくることはないだろう、と高をくくっていた。

竿尻は釣り座ではなく足元にあったので、竿には角度が付いている。

リールの重みもある。

持っていかれることはないだろう、と甘く見ていた。

そしてクーラーが置いてあった離れた場所に行き、デカビタCを一口飲んだ。

すぐに戻るつもりだったが、「もう一口・・・」と欲張った。

さらに「ついでにパンも食おう」と、ヤマザキ・ピーナッツパン(5個入り。100円)を手にした瞬間の出来事だった。

蒼一郎はオレの右隣で淡々と自分の釣りを続けている。

目を合わせてもくれない。

本当に恥ずかしい・・・。

釣り人としても、親としても、絶対にやってはいけないことをしてしまった・・・。

目次

  • テンヤに備え目一杯努力した分 思い詰め、まるで余裕がなかった。
  • 「こんだけ頑張ってんのになんで 釣れねえんだよ」とおれはくさった。
  • 「大きいのはタナより10m上を泳いでいたりする」んだよマジで。
  • 蒼一郎のためになる手記
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング