リールのアップ写真

タトゥーラシリーズのリールを駆使してバス釣りもソルトゲームも楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされて人気を博している、タトゥーラシリーズのさまざまアイテム。

何といってもベイトリールの高性能ぶりが、強く印象に残りますよね。

2021年には大型タイプもラインナップに追加されて、選択肢に幅が生まれています。

「2018年には、タトゥーラシリーズにスピニングリールがあったんだよね!」

その通り!軽くて使いやすく海水でもOKだったので、PEラインを巻いてソルトウォーターゲームによく用いた記憶があります。

そんなダイワのタトゥーラシリーズについて、詳しくご紹介しましょう。

タトゥーラシリーズならどんな釣りが楽しめるの?

タトゥーラシリーズには、現在ベイトリールが複数ラインナップされています。

大きく分けると、タトゥーラTWとタトゥーラSV TW。

どちらもコンパクトで扱いやすいのですが、よりライトラインで軽いルアーのキャストを目指したのが、SVタイプだと考えてください。

どちらも使っているのですが、まずはタトゥーラTWから。

こちらは16ポンドラインを100メートル巻ける、太いラインを操りやすい仕様になっています。

ブレーキシステムには、従来のマグフォースZを活用しているので、キャストフィールに失速感がないですね。

グングン伸びて、広範囲を積極的に探るのに向いています。

2021年にリリースされた、タトゥーラTWの300/400番なら、もっと太くて多くのラインをスプールに収めることができますよ。

例えば、ビッグベイトやビッグクローラーベイトをフルキャストして操りたい人に、ビビッ!と響くスペックに仕上がっています。

大胆に積極的に釣りを展開したい!海水でも自由に使いたい!そういったアグレッシブな印象を持っているのが、タトゥーラTWなのです。

実際にフィールドで使ってみると、パーミングしやすくてさまざまキャストがよく決まりますよ。

河川の釣りでは、対岸のカバーまで届いてしまうケースが多々あって、ノンプレッシャーなフィッシュイーターを次々にとらえることができました。

TWSによるバックラッシュの少なさも魅力的で、ベイトタックル初心者の人でも、安定した手返しを実現できています。

今からベイトリールを使いたい!と考えているなら、最初の1台にベストなリールといえるでしょう。

使用後のメンテナンスは、スプールに上方向から水をかけつつ、ハンドルを回して洗浄してください。

とてもカンタンで、汚れも落ちやすいでしょう。

洗浄後は拭き取り+乾燥をじゅうぶんにおこなって、日照の当たらない場所で保管すればOKです。

タトゥーラシリーズにスピニングリールがあったってホント?

実はタトゥーラシリーズには、スピニングリールも設定されている時期がありました。

2018年からラインナップされて、とても軽く扱いやすかった印象があります。

残念なことに、すでにダイワの公式サイトからは外れてしまっていますが、ネット通販サイトなら在庫のあるところが!

ぜひ検索して、チェックしてみてください。

必要十分なスペックに、ブラック基調のカラーリングが、とてもカッコイイですよ。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 タトゥーラ LT2500S-XH (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 タトゥーラ LT2500S-XH (2018モデル)

最安値価格
¥17,804(amazon)

Amazonへ ¥17,804

楽天市場へ ¥17,985

Yahoo!へ ¥17,804

軽くて小さなルアーを扱いやすいタトゥーラSV TW!

タトゥーラSV TWは、軽くて小さなルアーをピンポイントに届けるのに適したベイトリールです。

ラインキャパは、14ポンドラインなら最大90メートルまで。

エアブレーキシステムを搭載していて、TWSでバックラッシュを抑え込んでくれています。

実際に使ってみると、キャストしたルアーの失速が早めな印象。

これはブレーキを緩めてもあまり変わらず、徹底したバックラッシュ制御を目指した結果なのかもしれません。

ルアーが着水するまでの軌跡が、急にドロップする感じ。

となると、カバーを攻めるときにも、そういう軌道でルアーを送り込むことを前提に、釣りを組み立てる必要があります。

よく実践しているのが、ツーフィンガーではなくワンフィンガーグリップにして、素早くロッドを振り切ること。

こうすれば飛距離に伸びが出て、正確に届けられるようになりました。

タトゥーラシリーズにマッチするおすすめロッドを選んでみた!

タトゥーラシリーズにマッチングのいい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ロングキャストも接近戦もこなしたいなら、手首にあまり負担のかからないものがいいかもしれません。

長過ぎるブランクは、障害物に接触する危険性が増すので、短めでしっかり振り切れるロッドいいでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 551L+RB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 551L+RB 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

ダイワのブラックレーベルSGシリーズ、短めのベイトロッドです。

全長は1.65メートルしかありませんから、周囲の草木を気にせずに振り回せるのがいいですね。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採っています。

仕舞寸法は、148センチと長めになるのは、グリップのみ外せる状態だからです。

自重は95グラムとかなり軽め、トゥイッチやジャークなどのロッドワークを繰り出しやすいでしょう。

先径/元径は、1.8/12.9とやや太目。

適合するルアーウエイトは、2.7グラムから12グラムまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大12ポンドまでですね。

ブランクのカーボン素材含有率は、98パーセントです。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

タトゥーラシリーズを使いこなしてビッグフィッシュを釣り上げよう!

タトゥーラシリーズの特徴や、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまな釣り場へ出向いて、釣りを楽しみたいですね!

タトゥーラの関連記事はこちら

タトゥーラ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング