テンヤ仕掛けのアップ写真

太刀魚テンヤでドラゴンサイズをゲットしたい!釣り方・仕掛けやおすすめタックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

東京湾など近海エリアで盛んにおこなわれているのが、テンヤ仕掛けを使った太刀魚釣りです。

ジギングで狙うのと双璧といわれるぐらい人気で、1メートルを超えるドラゴンサイズも釣れていますよ。

ここでは太刀魚テンヤの特徴や釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

「太刀魚テンヤ仕掛けってジグヘッドみたいだけど、ルアー釣りとの違いはどこなの?」

太刀魚テンヤ仕掛けには、イワシなどの生魚を餌として装着して使います。

光り方も生の感触も伴なうので、太刀魚の食性が刺激されるのは間違いありませんよね。

それにプラスして、ジグヘッドのようなオモリとフックが一定化した仕掛けを使うことで、ルアー釣り的手返しの良さを付加しているのです。

要するに、餌釣りとルアー釣りのハイブリッド・イイとこ取りをしているのが、太刀魚テンヤ仕掛けのアプローチといえるでしょう。

長年の工夫が結実したら、この釣りスタイルにたどり着いたわけです。

太刀魚テンヤ仕掛けを詳しくチェック!

太刀魚テンヤ仕掛けについて、詳しくチェックしてみましょう。

オモリとフックで構成されていて、ジグヘッドの要素がそのまま活かされている印象です。

水に沈めやすく、ロッドワークをダイレクトに伝えることができますよ。

ラインアイがヘッド部分の上に付いているので、深い層まで落とし込んでも水平姿勢を維持しやすくなっています。

ステンレスやチタン製の細いワイヤーがつながれているのは、太刀魚の鋭い歯でリーダーラインを切断されないようにするため。

普段は巻いて保管しておき、釣り場で使うときに真っ直ぐに伸ばして使ってください。

先端にはスイベルが装備されているので、太刀魚が暴れてラインがヨレても、元通りに復元してくれるでしょう。

太刀魚テンヤ仕掛けの重さは、30号から50号前後。

乗合船では、この号数を指定されることがありますから、事前に何号を用いるのか聞いておくといいですね。

ヘッド部分のカラーに注目してください。

紫色に白の線が走っています。

この白い線、グロー系カラーが施されていて、水中でボワッと光り輝いてくれますよ。

遠くにいる太刀魚が、その膨張色を見つけて接近してくるので、とても集魚効果の高いカラーといえるでしょう。

フックは軸が長めで、フックポイントは下向きになっています。

これは太刀魚が下層から突き上げるように襲ってくるのを、確実にフッキングに持ち込むためで、ガツン!とアタリを感じたらしっかりアワセるようにしたいですね。

フックの軸から上向きに突起があるのは、ここに餌のイワシなどを装着するため。

しっかりと突き刺して、ワイヤーでぐるぐる巻きに縛り付ければ、太刀魚テンヤ仕掛けの完成です。

餌は自分で用意する場合や、乗合船が準備してくれる場合があるので、予約の際に確認するようにしましよう。

太刀魚テンヤで誘いをかけるにはどうすればいいの?

太刀魚テンヤの釣り方を見ていきましょう。

乗合船に乗って当日のポイントへ向かいます。

ポイントに到着したら、船長さんが合図してくれるので、太刀魚テンヤ仕掛けを投入してください。

底まで仕掛けを落とし切ってしまうのが、セオリーとなります。

ロッドティップを見ていると、さっきまで曲がっていたのが、スッと真っ直ぐに切り替わります。

そのときにラインの出が止まっていれば、着底したと判断していいでしょう。

そこからすぐにリールハンドルを回して、底から少し離れた状態を作ってください。

根掛かりを防げますし、太刀魚のアタリも読み取りやすくなりますよ。

船長さんから指示があれば、指定の層まで引き上げますが、通常は誘いをかけてフォール→着底したらまた浮かせるのを繰り返します。

太刀魚がどのタイミングで食い付いてくるか分かりませんから、集中力を高めて誘いをかけ続けましょう。

アワセにもコツが必要!慌てず焦らず何度もトライし続けよう!

誘いをかけていると、コツコツと細かなアタリが伝わってくることがあります。

これは太刀魚がテンヤ仕掛けに接触している証し。

いきなりアワセを入れると、すっぽ抜けてしまうので、ここはしばらく我慢です。

コツコツから変化が表われて、別のアタリに切り換わった瞬間、力強くアワセてください。

意外と食い付き方が浅いケースが多いので、フックの貫通に至らなければ一旦仕掛けを引き上げて、餌の付け替えをおこなってから再度投入してみてください。

太刀魚テンヤ釣りを楽しんでいる動画はこちら

太刀魚テンヤ仕掛けを操るのにマッチしたおすすめのタックルをピックアップ!

太刀魚テンヤ仕掛けを操って、大型の太刀魚を釣るのにおすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、専用のロッドから。

各社さまざまなアイテムをリリースしていますが、最初の1本はベーシックなものが扱いやすいですよ。

ダイワ(DAIWA) 船竿 テンヤタチウオ X 180・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 テンヤタチウオ X 180・R 釣り竿

最安値価格
¥12,936(amazon)

Amazonへ ¥12,936

楽天市場へ ¥12,936

Yahoo!へ ¥12,936

太刀魚テンヤ釣り専用に作られた、ダイワのベイトロッドです。

取り回しのいい長さと調子なので、初めての人でもカンタンに操作できるでしょう。

全長は1.80メートルで継数は2本ですから、仕舞寸法は95センチになります。

自重は127グラムなので、1日中振り回していても手首やヒジに過度な負担はかからないでしょう。

先径/元径は、1.2/11.4ミリと細め。

錘負荷は40号から100号で、太刀魚テンヤ仕掛けの負荷は30号から60号程度に定められています。

ブランクのカーボン素材含有率は、71パーセントなので、よく曲がり込んでくれる調子に仕上がっていますね。

実際に手に取ってみると、ロッドティップは柔軟に入り込みますから、太刀魚の微細な前アタリをとらえられるでしょう。

グリップ周りは細身で握りやすく、操作性はバツグンです。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

これなら太刀魚テンヤ釣りの最初の1本に選びやすいですし、購入予算をリールのほうへ回せますよね。

太刀魚テンヤ釣りでは、電動リールを使うケースが増えていますから、ちょっぴり費用がかかります。

ロッドのほうをこれぐらいに抑えておくと、最新の電動リールに手を伸ばしやすくなるかもしれません。

ダイワ(DAIWA) 電動リール 17 レオブリッツ 200J (2017モデル)

ダイワ(DAIWA) 電動リール 17 レオブリッツ 200J (2017モデル)

最安値価格
¥43,980(Yahoo!)

Amazonへ ¥45,200

楽天市場へ ¥47,536

Yahoo!へ ¥43,980

ダイワからリリースされている、軽量コンパクトな電動リールです。

クラッチを切ってからの落とし込みスピードが軽快なので、底取りが素早く、巻き上げもスムーズにおこなえますよ。

ギヤ比は4.8対1なので、パワフルな巻き上げを期待できます。

自重は460グラムと、操作しやすいウエイトに収まっていますよ。

最大ドラグ力は8キロで、ラインキャパはPEラインなら2号で300メートル巻けます。

ボールベアリングは10個搭載、最大巻上力は35キロもあります。

巻き上げを指示するレバーが、ボディの真ん中部分に付いていますから、すぐに反応して巻き上げできるのが嬉しいですね。

実売価格は4万円台と、電動リールにしては安い価格帯に抑えられています。

深場を狙うケースの多い釣りなので、電動リールに手を伸ばすチャンスかもしれませんよ。

ダイワの電動リールは、直流12ボルトで正式稼働するように作られています。

24ボルトの外部電源につないだり、家庭用の交流電源にはつながないようにしましょう。

船設備の電源につないで回転が不安定になるようなら、自分で予備用も含めてバッテリーを持ち込むように心がけたいですね。

また船べりが近づくと、自動的に巻き上げを停止する機能も付いています。

その際、ゆっくりと停まるので、掛けた太刀魚を制動によってバラシてしまうことを防げます。

こういった細かな配慮と工夫が、ダイワの電動リールには込められているのです。

太刀魚テンヤ仕掛けを上手く操作して大型太刀魚を釣り上げよう!

太刀魚テンヤの釣り方や仕掛け、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

専門的なアプローチや仕掛け・タックルが数多く出てきますが、ハードルが高い!と感じる必要はありません。

エキスパートな船長さんのいる乗合船やガイド船を選んで、そのレクチャーに耳を傾けながら太刀魚テンヤ釣りを始めてみましょう。

タチウオの関連記事はこちら

タチウオテンヤ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング