釣行の写真

【釣割マガジン】イカ名人の技に学ぶ多点テク~スルメ釣りの楽園・石廊崎沖~

隔週刊つり情報編集部

「150で止まったよ」

最新電動リールが唸うなりを上げて毎秒1mほどのピッチで力強く道糸を巻き上げていく。

船底へ道糸が当たるのを竿先を下げて防いでいるから、竿の曲がりを見ることはできないが、PEラインが引き絞られるように緊張している様子から、その重さが窺うかがえる。

道糸を巻き上げきると、富田昌幸さんは下げていた竿を左手でグワッと持ち上げながら、右手でオレンジ色の先糸をつかむ。

そして先糸をつかんだ右手を持ち上げながら左手を下ろして竿を船ベリに立てかけると、仕掛けが船ベリに当たらぬよう前屈の姿勢で両手を一杯に伸ばして取り込んでいく。 

ブシュッ!プシュッ!ブシュー!

4、5、6、7、8杯!

背中合わせの大槻朋広さんも同様の多点掛け。時刻は10時。

米丸のミヨシには船上干しの暖簾が2列、完成しつつあった。

目次

  • ツノのサイズでこうも変わる
  • 名人1人多点掛けのなぜ?
  • 富田昌幸さんの直結技
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング