タイラバのアップ写真

タイラバタックルを選ぶにはどうすればいいの?おすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

ボートデッキからタイラバをキャストして、大型のマダイを狙う人が増えています。

密状態を避けながらアウトドアシーンを満喫できますから、ぜひあなたもタイラバを始めてみませんか?

ここでは、初心者アングラーが悩んでしまう、タイラバタックルの選び方についてご紹介しましょう。

「底まで落として、等速で巻き上げてはまた沈めてを繰り返すんだよね?」

その通り!どんなタックルならそのアプローチをやりやすいか、チェックしてみましょう。

タイラバタックルの選び方をチェック!

タイラバとは、船やボートに乗って専用のタイラバ仕掛けでマダイを狙う釣り方のことです。

「エビとかの餌は要らないの?」

エビを付けちゃうと、一つテンヤマダイになりそうですが、タイラバゲームでは餌は使いません。

オモリとなるヘッドパーツに、フックとネクタイ+スカートを装着して、バス釣りで用いるラバージグのボリュームアップバージョンのようなタイラバに仕上げます。

これを水面から底へ向かってフォール、ヘッドパーツが下になりどんどん落ちていきますよ。

その際、ネクタイやスカートがひらひらと艶めかしくアクションしてくれます。

それが小魚や甲殻類に見えるのか、それとも生命感そのものを象徴しているのか、マダイは活発に食い付いてくるのです。

元々メタルジグへの反応が、とても良いことが確認されていましたから、もっと食い付きの良いカタチを追求して、現在のタイラバのフォルムにたどり着いたのかもしれませんね。

ネクタイやスカートにはさまざまなデザインやカラーが用意されているので、組み合わせを自由におこなって、自分オリジナルの仕様を作り上げてみましょう。

タックルボックスやケースに分かりやすく収納しておくと、組み合わせの切り換え作業が楽になります。

ヘッドパーツも、カタチや重さに豊富なバリエーションがあります。

目安として、水深100メートルの底を効率よく攻めたければ、その2倍の数値・200グラムの重さのヘッドパーツを選択すると、扱いやすいとされています。

またリールには、水深の2倍以上のラインは巻いておきたいですから、PEラインの1号前後を200メートル巻けるものを用意すれば、タイラバゲームを楽しめるでしょう。

ダイワやシマノからは、この辺のラインキャパを保持したベイトリールやスピニングリールがたくさんリリースされていますよ。

自分にとって操作しやすいタイプのリールを選んで、それにマッチしたタイラバロッドを装着すれば、使用タックルは揃ったといえるでしょう。

「タイラバの専用ロッドについて、詳しく知りたいんだけど・・」

タイラバロッドには、大きく分けて2種類のタイプがラインナップされていますから、順に取り上げてみます。

タイラバロッドの選び方①胴調子タイプ

タイラバのロッドには、大きく分けて2つのタイプが用意されています。

まず取り上げるのが、胴調子タイプ。

これは、ロッド全体が柔らかくしなる調子に仕上げられたもので、掛かったマダイをバラシにくいメリットがあります。

ドン!とアタリかあっても、等速巻き上げを続けて、フックをしっかり口に掛けることが容易ですよ。

ただし、全体的に曲がろうとする調子なので、意図的にフッキングして掛けにいくスタイルには向かないかもしれません。

初心者アングラーなら、こちらの胴調子タイプのほうが、掛かったマダイを取り込みやすいでしょう。

スピニングロッドなら前方へのキャストもしやすいので、広範囲を探れるメリットも生まれてきます。

最近のベイトリールは高性能で、バックラッシュトラブルも抑えられていますから、キャストを絡めたアプローチをベイトロッドでできるようになると、より一層タイラバゲームを楽しめるでしょう。

タイラバロッドの選び方②先調子タイプ

タイラバロッドのもうひとつは、先調子タイプ。

これは、バット部分に張りがあってロッドティップ付近でよく曲がる調子に仕上げられています。

硬いからこそアタリがあれば、積極的に掛けにいけるロッドといえるでしょう。

初心者アングラーが使うと、フッキングのタイミングを外してしまって、せっかくのバイトをムダにしてしまうかもしれません。

ただし、タイラバゲームに慣れてくれば、先調子タイプのロッドのほうが獲れる数を伸ばせるようになるでしょう。

自分の釣りスキルの進捗に合わせて、ロッドを使い分けてみてください。

タイラバゲームを楽しんでいる動画はこちら

タイラバタックルを選ぼう!おすすめのロッドをピックアップ

それではタイラバゲームに用いてみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ベイトロッドなら、フォールも等速巻き上げもスムーズにこなせますよ。

バックラッシュトラブルが怖いですが、ブレーキ調整をしっかりおこなっておけばOKです。

操作は慣れるしかないので、思い切ってベイトタックルで組んでみるのもベターかもしれませんね。

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙 MX 69MHB メタル

ダイワ(Daiwa) タイラバ ロッド 紅牙 MX 69MHB メタル

Amazonへ 売り切れ

ダイワからリリースされている、タイラバ専用のベイトロッドです。

80グラムまでのヘッドパーツを使えて、よく曲がる調子に仕上げられていますよ。

全長は2.06メートルもあるので、竿さばきしやすく船底にラインが擦らないよう操作しやすいでしょう。

標準自重は、130グラムと軽め。

先径は0.8ミリで、元径は9.8ミリです。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号まで。

適合するタイラバは、30グラムから80グラムまでです。

ブランクのカーボン素材含有率は、58パーセントです

超弾性チタン合金のロッドティップ・メタルトップが採用されていますよ。

実売価格は2万円台ですから、コスパ優秀なアイテムといえそうです。

軽めのタイラバを使って、操作の感覚を習得するようにしたいですね。

楽しいタイラバゲーム!大型マダイを釣り上げよう!

タイラバタックルに関してご紹介しましたが、いかがでしたか?

乗合船予約の際には、スタッフさんからの指示をしっかり聞いて準備をおこなうようにしましょう。

タイラバの関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング