ルアーのアップ写真

フラットフォースに2021年ニューカラーが追加ラインナップ!人気のフラットサイドクランクベイト

FISHING JAPAN 編集部

フラットサイドデザインのクランクベイトといえば、アメリカのウッド製ハンドメイドモデルのイメージがありますが、エバーグリーンのフラットフォースは、プラスチックインジェクションでクオリティの高いものに仕上がっています。

固定重心ながら、安定した飛距離を叩き出してくれますし、着水してからのハイピッチなアクションは素晴らしい!のひと言。

効果的なフラッシングを生み出して、バスをバイトに持ち込んでくれるでしょう。

2021年には追加カラーの登場が決定、ますますフラットフォースを使うシーンが増えそうですね。

フラットフォースってどんなクランクベイトなの?

フラットフォースとは、エバーグリーンからリリースされている、バス釣り用のクランクベイトのことです。

スリムシェイプでボディがフラットサイドデザインになっているのが特徴ですね。

全長は6.2センチとコンパクトで、ウエイトは11.5グラム。

フローティング仕様で、潜行深度は最大で1.5メートル程度でしょうか。

12ポンドのフロロカーボンラインで試してみると、水深1.3メートルに沈んでいる障害物に当たりましたから、それより深い水深を目指しているのは明らかです。

頭部のアゴ下には、0.8ミリ厚の基盤リップが装備されていますよ。

これってかなり薄いほうで、安定したウォブリングをショートピッチで発生・維持させるのに役立っています。

内蔵されたウエイトは固定式で、よくある重心移動システムを大胆に取っ払っている辺り、アクションのキレを優先しているのが伝わってきます。

実際にキャストしてみると、動き出しが早めで、左右への倒れ込みが急に発生する感じ。

スローにリトリーブしても、その傾向は変わりませんから、相当レスポンスのいいセッティングに作られているのでしょう。

ボディが横倒れするのかな?と、10投ほどキャストして観察しましたが、倒れてからの姿勢復元がスムーズ。

つまり、倒れ切らずに左から右へ、そしてまた左へボディを揺らすのです。

そのアクションによる水押しは、あまり強めとは感じませんでしたが、フラットサイドによるフラッシング効果はバツグン。

常にキラキラと反射を続けているような状態を、きっちりキープできるのがいいですね。

絶妙な低重心バランスのフラットフォース!

このクランクベイトがハイピッチでアクションするのは、低重心バランスだからでしょう。

内部ウエイトを腹部に集めて固定することで、傾いたボディを復元するのがとてもスピーディーです。

しかもボディの最後尾にいくにしたがって、とてもスリムな外形になっているので、倒れ込みを誘発しやすいのが分かります。

これをウッド素材でおこなうのではなく、量産ベースのプラスチックインジェクションで実践してしまう辺りが、エバーグリーンの強みなのかもしれませんね。

フックは、前後に6番サイズのトレブルフックが、標準で装備されています。

追加カラーは合計で6種類!さまざまなシチュエーションで実績のあるものばかり!

フラットフォースには、2021年に合計6種類のカラーバリエーションが追加されます。

●#64 ファイアークローカラー

●#246 稚ギルカラー

●#266 スケルトンアユカラー

●#383 ネオンワカサギカラー

●#392 スモールマウスバスカラー

●#393 プリスポーンダイナマイトFカラー

釣り場や季節などに合わせて、上手く使い分けてみたいですね。

フラットフォースをキャストするのにおすすめのロッドをピックアップ!

それではフラットフォースをキャストしてリトリーブするのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

Mパワー前後のブランクを持った、7フィート程度のベイトロッドがベストマッチですね。

バスのバイトを弾いてしまわないように、即フッキングの動作は抑えるようにしたいものです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 6101MRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 6101MRB 釣り竿

最安値価格
¥29,210(Yahoo!)

Amazonへ ¥35,788

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥29,210

ダイワから発売中の、ブラックレーベルLGシリーズです。

全長は2.08メートルと、じゅうぶんな長さを誇っているので、軽めのスイングでも飛距離を伸ばしてくれますよ。

継数は2本でグリップジョイント方式を採用、仕舞寸法は180センチになっています。

自重は113グラムと軽めですから、長い時間キャストを続けてもあまり疲れを感じないで済むでしょう。

先径/元径は、2.4/14.8ミリと太目。

適合するルアーウエイトは、5グラムから28グラムまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8ポンドから16ポンドまでです。

ブランクのカーボン素材含有率は、98パーセントに設定されています。

実際にフィールドで使ってみましたが、振り抜けがよくブレを気にする必要のないシャープな仕上がりでした。

フラットフォースをキャストすると、低い弾道でポイントまで届けられます。

着水音を抑えたキャストを連発できるので、釣れる確率も必然的にアップ。

フッキングもランディングもスムーズにおこなえて、扱いやすい印象です。

実売価格は3万円台と、このスペックなら納得の価格帯でしょう。

フラットフォース追加カラーの気になる発売日はいつ?

フラットフォース追加カラーの気になる発売日は、2021年の7月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,750円です。

まずはベイトフィッシュにマッチしたカラーからラインに結んで、アプローチをスタートさせましょう。

クランクベイトの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング