ロッドのアップ写真

グランテンカラセットを駆使してテンカラ釣りを楽しもう!2021年新登場のセットアイテム

FISHING JAPAN 編集部

アウトドアブームですから、山間部でキャンプを楽しんでいる人が増えて来ました。

近くに渓流が流れていたら、遊漁券を購入して魚釣りをしてみませんか?

2021年プロックスから新発売のグランテンカラセットなら、苦手な活き餌を触らなくても渓流釣りを始められますよ。

ここでは、グランテンカラセットの特徴やテンカラ釣りについてご紹介しましょう。

グランテンカラセットとは

グランテンカラセットとは、2021年プロックスからリリースされる、テンカラ釣りのセットアイテムのことです。

テンカラ釣りは、リールを装着しない延べ竿を用いておこなう毛ばり釣りスタイル。

誰でも手軽にイワナやアマゴ・ヤマメなどの渓流魚をターゲットにできます。

グランテンカラセットなら、ロッドと毛ばりがセットになっているので、そのままアウトドアシーンに持ち込めます。

毛ばりを収納・整理するための専用ケースも付いていますし、ロッドの穂先に結ぶレベルライン、それからハリスも含まれていますよ。

それら全てを収納可能なバッグもありますから、持ち運びはバツグンに便利になっているといえるでしょう。

ロッドは、全長2.40メートルと3.00メートルの2種類から選ぶことができます。

オープンウォーターの広がっている渓流なら、長めのロッドでもかまいませんが、頭の上から木の枝が覆い被さっているような場所では、短いロッドのほうが操作しやすいでしょう。

ロッドのグリップは、初心者アングラーでも握りやすく扱いやすい、オリジナルシェイプのコルク製に仕上げられています。

テンカラ釣り用のロッドは、コルク製グリップが主流で、フライフィッシングのロッドを握っているような感覚になりますね。

また同梱包の毛ばりは、フックサイズが#14に設定。

配色は、黒ベースのもの2個と赤2個の合計4個が標準で入っていますよ。

釣り場に立ったときに、渓流の水質を観察してください。

透明度や水深などに合わせてカラーローテーションを実施すれば、魚の反応が変わってきますよ。

当然そこに棲んでいる川虫のカラーにも、ぴったりマッチさせていきたいですね。

グランテンカラセットには専用ケースやバッグも用意されていて持ち運び便利!

グランテンカラセットには、専用の毛ばりケースが付いています。

このケースは、両面開きタイプで大容量のハードタイプになっていますよ。

毛ばりを設置する自由度が高い、ウレタンの下敷きが配置されているのが嬉しいですね。

クリアカバーなので、中身をきっちり確認することができます。

道糸であるレベルラインには、3.5号のフロロカーボンラインが用意されていて、ハリスは0.8号の太さに約1メートルの長さが与えられています。

専用のスプールに巻き取れるので、使用後の保管も安心ですね。

これらテンカラ釣りタックル一式を詰め込める、専用バッグもセットされていますよ。

持ち運びがとても便利なので、アウトドアキャンプはもちろん、ちょっとした旅行にも携行することが可能でしょう。

テンカラ釣りの練習を身近な釣り場で実践してみよう!

グランテンカラセットを用いて、テンカラ釣りにチャレンジしてみましょう。

いきなり渓流デビューではたいへんかもしれないので、近くの小河川や水路へ出向いてみてください。

ウグイ・カワムツなどが泳いでいますから、そこへ毛ばりを投入しましょう。

魚の見つけ方や、魚が掛かってからの取り込みの練習になりますよ。

足場はできるだけ高くないほうが、魚を取り込みやすいでしょう。

グランテンカラセットと一緒に渓流釣り場へ持ち込みたいおすすめアイテムを選んでみた!

グランテンカラセットと一緒に渓流へ持ち込んで活用したい、おすすめのアイテムをとりあげてみましょう。

釣り上げた渓流魚を鮮度の高いまま持ち帰りたいなら、保冷力の高いクーラーボックスは欠かせません。

ただし、あまりに大きなサイズだと、重くて渓流を持ち運べませんから、コンパクトなものを選びたいですね。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 12L フィクセル ライトゲームスペシャル2 120LF-L12P 釣り用 ブラック

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 12L フィクセル ライトゲームスペシャル2 120LF-L12P 釣り用 ブラック

最安値価格
¥21,721(amazon)

Amazonへ ¥21,721

楽天市場へ ¥22,330

Yahoo!へ ¥22,299

シマノからリリースされている、ライトゲーム用のクーラーボックスです。

アジングやメバリングゲームにマッチするスペックですが、容量やパーツ類の充実度から、渓流釣りに転用しても何ら問題はないでしょう。

容量は12リットルと、渓流魚を収納するならじゅうぶんのサイズ。

重量は3.8キロしかないので、山道を歩くのも苦にはならないでしょう。

保冷時間の目安は30時間で、これはクーラーボックス容量の20パーセント分の氷を外気温31℃で持続可能な保冷時間のことです。

内寸法は、170×320×235ミリに設計されていますよ。

素材は、PP+発泡ポリスチレンを採用しています。

実際に使ってみると、ショルダーベルトや魚の投入口が用意されているおかげで、とても扱いやすい印象ですね。

ロッドレストには予備のロッドを縮めて入れておけますし、仕掛け交換の際に竿尻を指して安定させることにも使えます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

食べる分だけキープして、小さい魚は解き放ってあげるようにしたいですね。

グランテンカラセットを使いこなしてイワナやアマゴ・ヤマメを釣り上げよう!

グランテンカラセットの特徴や使い方、渓流釣りにおすすめのクーラーボックスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

渓流の釣り場には、ルールが設定されています。

事前にきっちり調べてから、釣りをおこなうようにしたいですね。

テンカラの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング