クーラーボックスのアップ写真

釣り用クーラーボックスの選び方!扱いやすくてよく冷えるおすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

陽射しの強い季節になってくると、釣り上げた魚をしっかり保管できる釣り用クーラーボックスが重要になってきます。

せっかく大物を釣り上げたのに、無事に持ち帰れないようでは美味しく食べれませんからね。

保冷力や容量など、釣り用クーラーボックスのスペックが気になるところでしょう。

ここでは、どんな仕様のクーラーボックスなら扱いやすいのか、詳しくチェックしてみます。

「釣り用に作られたものは、どんなところが違うの?」

確かに市販されているクーラーボックスには、さまざまな種類がありますよね。

その辺のスペックの差にも注目してみましょう。

釣り用クーラーボックスにはどんなスペックが搭載されているの?

釣り用クーラーボックスには、釣りで用いるための工夫が満載されています。

ひとつずつ挙げていきましょう。

まずは、保冷力の高さ。

釣り場でゲットした魚を、鮮度の高いまま保存するには、よく冷えているクーラーボックスが不可欠です。

どの程度の保冷力が求められるかというと、例えば、釣り場から自宅まで半日以上かかってしまう遠方なら、その間は氷や保冷剤が解け出さないレベルのものが要ります。

クーラーボックスに入れた氷は、持ち帰るまで解けない!と考えている人もいるようですが、外気温が高ければ高いほど、それに影響されて解けてしまうものなのです。

「確かに持ち帰ってフタを開けたら、クーラーボックスの中が水浸しで、氷がどこにも無い状態のときがあったよ!」

そうなると一緒に入れていた魚は、劣化するしかなくなってしまいます。

せっかく釣り上げたマダイや青物・ヒラメ・アジなら、持ち帰って美味しく食べたいですからね。

やはりよく冷えて、それが長持ちしてくれる釣り用クーラーボックスでないと、安心して釣りを楽しめないでしょう。

保冷力を高めるには、内部に使われている断熱材をハイスペックなものにする必要があります。

真空パネルと呼ばれる断熱材を使えば、よく冷えるクーラーボックスになりますよ。

底一面に真空パネルが配置されているタイプや、上下左右の全面が真空パネルにになっているタイプもありますが、当然全面のほうがよく冷えます。

ただデメリットもありまして、真空パネルはとても重くなってしまうのです。

釣り上げた魚をたくさん詰め込んで、氷や保冷剤も満載にしていたら、ものすごく重量がかさんで持ち運びがたいへんな状態に。

釣り場から駐車しているクルマまで近ければいいのですが、そんな便利な場所は多くありませんから、過酷な運搬作業を強いられてしまうでしょう。

そこで、真空パネルの設置面を減らしたモデルや、ウエイトそのものが軽い発泡スチロールを断熱材に使ったモデルが選択できるようになっているのです。

販売価格も、真空パネルのタイプが最も高価で、発泡スチロールのタイプは低価格に抑えられていますよ。

魚の大きさにマッチしたサイズが選べる釣り用クーラーボックス!

釣り用クーラーボックスには、さまざまなサイズが設けられています。

魚はその種類によって、大きさが異なりますよね。

青物なら60センチをはるかに超えるケースがありますし、イワシなどをサビキ釣りでゲットしたなら、最大でも20センチ程度でしょう。

そういった釣れる魚のサイズにマッチしたクーラーボックスを、選べるようになっていますよ。

「確かに小さなサイズのクーラーボックスなら、大きな魚は入らないよね!」

その通り!釣りの対象魚に合わせて、クーラーボックスを購入するのがベターでしょう。

当然小さいサイズのほうが軽いので、持ち運びも楽におこなえますよ。

釣り用クーラーボックスの各種パーツにも注目!

釣り用クーラーボックスには、転がして運ぶためのキャスター付きのものがあります。

キャスターがあれば、魚を満載した状態で持ち上げて運ぶ必要がなくなるので、とても便利ですよね。

またハンドルが上部に付いていて、キャスターによる運搬をしやすいように工夫されていますよ。

これならトータルのウエイトが重くなっても運べますから、真空パネルを装備した保冷力の高いクーラーボックスも扱いやすくなるでしょう。

釣り用クーラーボックスは、上から座っても壊れない耐久性も兼ね備えているので、長く使い続けられるのも魅力のひとつといえそうですね。

釣り用クーラーボックスの中からおすすめのアイテムをピックアップ!

豊富なラインナップの釣り用クーラーボックスの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、コンパクトなサイズのものから。

小さければ軽いので、持ち運びにとても便利です。

アジングやメバリングなどで活用するなら、魚のサイズも小さいですから、すっぽり入ってしまいますよね。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 小型 12L フィクセル リミテッド 120HF-012N 釣り用 ピュアホワイト

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 小型 12L フィクセル リミテッド 120HF-012N 釣り用 ピュアホワイト

最安値価格
¥19,062(amazon)

Amazonへ ¥19,062

楽天市場へ ¥19,400

Yahoo!へ ¥19,400

シマノからリリースされている、コンパクトな釣り用クラーボックスです。

容量は12リットルと、とても小さ目に設計されているので、アジングゲームなどで活用できるでしょう。

重量は2.9キロしかありませんから、持ち運びは楽におこなえますね。

保冷時間の目安は40時間で、クーラーボックス容量の20パーセント分の氷を外気温31℃で持続可能な保冷力を備えています。

40時間もあれば、釣り場から自宅まで戻れそうなので、じゅうぶんなスペックといえそうですね。

内寸法は、170×320×235ミリなので、アジ・メバル・メッキ・カマス・ハゼ・シロギスなどを収納できますよ。

素材は、PP+発泡ウレタン+3面真空パネルの構成になっています。

真空パネルが3面もあれば、保冷力はバッチリでしょう。

実際にフィールドで使ってみると、ハンドルが握りやすくて持ち運びが便利。

ショルダーベルトも標準で付いていますから、あちこちのポイントにランガンスタイルで移動するのもカンタンです。

上フタには魚の投入口が設けられているので、上フタを全開放する回数を減らせます。

釣れた魚は投入口から放り込むように徹底すれば、保冷力は長い時間キープされるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

コンパクトサイズの釣り用クーラーボックスを探しているなら、シマノのこのモデルを選択肢のひとつに加えてみてくださいね。

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス NSシンクートランク大将2 3500WD 釣り

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス NSシンクートランク大将2 3500WD 釣り

最安値価格
¥22,035(amazon)

Amazonへ ¥22,035

Yahoo!へ ¥22,035

ダイワから発売中の、大型サイズの釣り用クーラーボックスです。

容量は35リットルもあるので、かなりの数の魚を保管することができるでしょう。

ウエイトは6.0キロしかないので、持ち運びもさほど大変な状態にはならないのがいいですね。

内寸は、240×520×240ミリなので、体長50センチ程度の魚ならすっぽり入ってしまいます。

船釣りでタイラバやジギングの際に持ち込むと、マダイやロックフィッシュ・青物などを収納することができますよ。

断熱材は、真空2面パネル+HPウレタンを採用しています。

これなら保冷力も高いので、安心して釣りを楽しめるでしょう。

スライドハンドルや肩当て付きベルト・水抜き水栓・滑りを止めるふんばるマン・スノコ・大型投入口などが装備されています。

実際に手にしてみると、さほど重く感じることはなく、各部が頑丈に作られている印象です。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されていますよ。

ダイワからは、もっと大きなサイズのクーラーボックスもリリースされているので、大型青物のよく釣れる釣り場なら、そちらを購入するようにしたいですね。

釣り用クーラーボックスを使いこなして釣りを楽しもう!

釣り用クーラーボックスの特徴や種類、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

アウトドアブームで、さまざまなクーラーボックスが市販されるようになってきました。

どのようなスペックで、保冷材にはどんなものが使われているのか、じっくり吟味して購入するようにしたいものです。

またロッドホルダーなどのオプションパーツが付いているタイプも、数多く出回っているので、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選びましょう。

クーラーボックスの関連記事はこちら

クーラーボックス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング