魚のアップ写真

ヒラメの釣り方ってどうすればいいの?おすすめのタックルもピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

食べて美味しい高級魚のヒラメ、ぜひ釣ってみたい対象魚ですよね。

船や堤防からアプローチしても釣れますが、やはりサーフ=砂浜からのキャストにこだわるアングラーは多いでしょう。

ここでは、ヒラメの特徴や釣り方について、詳しくご紹介します。

「ヒラメってほとんど掛けたことがないんだけど、やっぱり難しいのかな?」

サーフに立って遠投を繰り返すだけでは、なかなかバイトに巡り合えないかもしれません。

軽めに近くへキャストするだけで釣れることがあるので、サーフゲームにおける着眼ポイントをチェックしてみましょう。

ヒラメを釣りたい!どんなところに潜んでいるの?

ヒラメとは、カレイ目ヒラメ科の海水魚のことで、小魚を追って捕食するフィッシュイーターとして知られています。

結構獰猛で、積極的にイワシやアジ・サバなどを襲っていますよ。

砂地を好む習性があって、フラットなボディをその中にうまく潜り込ませ、真上を通り過ぎる小魚に食い付きます。

砂から目玉だけがギョロリ!と突き出している様子が、何とも勇ましいですよね。

淡水は嫌うのかなと考えていたのですが、河川の河口域よりも上流にのぼっているのに遭遇したことがありました。

やはりベイトフィッシュの動きにつられて、その群れとともに河川を遡上してしまうのかもしれません。

今回はサーフに絞って、ヒラメの居場所を探ってみましょう。

まずは、潮の流れに注目します。

波となってサーフに打ち上がるので、まさにその波打ち際がポイントになります。

水深でいえば、1メートルより浅いエリア、波と砂が入り混じるようなところの、ほんの少し沖側をチェックしてみましょう。

「えっ、ヒラメって離岸流を狙うんじゃないの?」

その通り!岸に寄せる波ではなく、岸から離れていく波=離岸流を叩くのがセオリーですが・・。

そもそも離岸流とは、どの地点から始まるものなのでしょう?

釣りをする際の着眼で重要なのは、幅広く対象を見つめることです。

離岸流によってサーフに地形変化が生まれるわけですが、その始まりを追っていくと・・スタート地点は極めてショアラインに近い場所、すなわち波打ち際とみなせるのです。

離岸流はその色で場所を判断できますから、色の異なるエリアの波打ち際に視線を移してください。

他とあまり変わりのない波打ち際に映ったとしても、水流は力強く反転を起こしているはず。

それに巻き込まれた小魚は、バランスを崩して普段通りには泳げなくなっている可能性が高いのです。

まさにその瞬間・状態を狙って、ルアーを投入してみましょう。

ヒラメの釣り方には接近戦もあり得る!

離岸流の起点にアプローチする際、ロングキャストは必要ありません。

10メートル程度も投げないですから、よく使っているサーフゲーム用のタックルよりも、コンパクトなものに切り換えていいでしょう。

例えば、ベイトタックル。

バス釣り用の7フィート前後のベイトロッドに、16ポンド程度のフロロカーボンラインを巻いたベイトリールを用意してルアーを結べば、極めて手返しよくアプローチすることができますよ。

使うルアーは、鉄板系のバイブレーションルアーがおすすめです。

できるだけ薄いボティのものを選んでおくと、着底までが速やかにおこなえます。

ヒラメなどのフィッシュイーターに襲われた小魚や甲殻類は、逃げ場を失って水面へ走るか、底に散らばる岩や石・地形変化の陰に隠れようとします。

そのときの動きは、一直線。

のんびりとスパイラルフォールなんて動作はしませんから、使うルアーにも同じ動きが求められるわけです。

スパッと最短距離で底に向かうようなアクションを出せる、鉄板系バイブレーションルアーをラインに結ぶようにしましょう。

鉄板系バイブレーションルアーを上手く使おう!

ヒラメは、底に向かった鉄板系バイブレーションルアーをロックオンします。

着底状態のまま放置していてもバイトしてきますし、離岸流独特の引きの流れに乗せてリフトさせても、その振動に誘われてバイトを期待できます。

コツは、寄せの波のときはラインテンションをたるませて、引きの波のときにロッドティップをリフトさせること。

ほとんどリールハンドルを握らずに、その場で繰り返し鉄板系バイブレーションルアーを躍らせることができれば、ヒラメが食い付いてくる可能性が高まるでしょう。

ロングキャストをしている他のアングラーのロッドが、あまり曲がっていないときに、ぜひ実践してみてくださいね。

ヒラメを狙うのにおすすめのルアーを選んでみた!

サーフエリアでヒラメを狙うのに、おすすめのルアーを取り上げてみましょう。

まずは、前述の鉄板系バイブレーションルアーから。

底まで速やかに落とすための、超薄作りのボディを持っているのはこちらでしょう。

モーリス(MORRIS) メタルバイブ フラッシュユニオン フルメタルソニック 18g コットンキャンディー #007 ルアー

モーリス(MORRIS) メタルバイブ フラッシュユニオン フルメタルソニック 18g コットンキャンディー #007 ルアー

最安値価格
¥890(楽天市場)

Amazonへ ¥1,108

楽天市場へ ¥890

Yahoo!へ ¥890

フラッシュユニオンからリリースされている、鉄板系バイブレーションルアーです。

ウエイトは18グラムあるので、スピニングタックルはもちろん、ベイトタックルでもアプローチできますよ。

実際に手に取ってみると、極めて薄いボディなのが分かります。

これによりしっかりと水を切ってくれるので、海底まで到達するスピードが早いですし、ロッドをリフトしたときの振動を起こすのも、レスポンスよくスタートしますよ。

着底状態でステイしてバイトを待つこともできます。

またリフト&フォールを繰り返して、ヒラメに気づかせることも可能なので、バイトの数が増えますね。

波が沖へ向かうのに合わせてリフトすると、その場で繰り返し躍らせることができます。

アピール力の高さとレスポンスの良さが、大小さまざまなサイズのヒラメを引き寄せてくれるでしょう。

ウエイトは10グラムや7グラム、もっと軽いものもラインナップされていますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてください。

標準で装備されているダブルフックは、フッ素コーティングが施されていて、刺さりが安定しています。

フッキングした後はラインテンションをキープしたまま、ヒラメをランディングするようにしてください。

実売価格は900円前後と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

複数のカラーを所有して、上手くローテーションしてみましょう。

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ルアー アバカスシャッド4.3 #005 グリパンブルーフレーク

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ルアー アバカスシャッド4.3 #005 グリパンブルーフレーク

最安値価格
¥850(Yahoo!)

Amazonへ ¥898

楽天市場へ ¥950

Yahoo!へ ¥850

こちらもフラッシュユニオンから発売中のワーム・アバカスシャッドです。

サイズは4.3インチで、ボリュームもかなり大き目。

ジグヘッドにセットして、海底にタッチしながらスイミングを繰り返すと、ひったくるような強めのバイトが。

フッキングは少し遅らせて、アバカスシャッドをくわえた状態でラインテンションが張り詰めるのを待ってから、強めにおこなうようにしましょう。

チャターベイトのトレーラーや、フリーリグとの相性もよく、シモリなどのカバーが存在するところなら、テキサスリグにセットしても使えますね。

実際にフィールドで使ってみると、テールの動きにメリハリがあって、それに干渉するように伸びている2本のアームパーツが、接触するたびにボディを揺らす効果があります。

まさに生命感が溢れ出す状態を、うまく表現できるワームといえるでしょう。

実売価格は800円台と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

カラーバリエーションも豊富ですから、好みのカラーを選んでキャストしてみましょう。

ヒラメの釣り方をマスターして大型座布団サイズをゲットしよう!

ヒラメの特徴や釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ロングキャストによるセオリー通りのアプローチも実践しつつ、それが不発なときのために、サーフの手前エリアを探れる準備をしておきたいですね。

接近戦で手返しが早くなりますから、糸ヨレが心配です。

そのためにもベイトタックルを1本用意しておくと、ロングキャスト用タックルを一旦置いた状態で、手前エリアを探れるでしょう。

ヒラメの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング