魚のアップ写真

キス釣りの時期っていつごろか知ってる?釣り方やおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

シロギスは、サーフや防波堤・河口域などで釣れる、白くて美しい魚です。

投げ釣りの対象魚として人気が高く、船釣りも組み合わせれば年中ターゲットにできるかもしれません。

手軽にショアからアプローチするなら、どの時期が適しているのでしょうか?

ここでは、キス釣りに合った時期や釣り方についてご紹介します。

「100メートルぐらい遠投しないと釣れないのかな?」

春先からゴールデンウィークにかけては、遠投した沖合いの水深に群れていることが多いですね。

キス釣りを積極的に楽しみたい!どんな時期に釣ればいいの?

キスは、砂底を好んで移動を繰り返しています。

ゴカイや青イソメなどの虫系と呼ばれる餌を捕食しているので、それらを仕掛けに装着して投げ釣りをおこないたいですね。

このときに探るポイントは、時期によって変えていくことがキス釣りのセオリーです。

まずは春の時期、キスは暖かい水温に惹かれて浅瀬に向かおうとしますが、一旦居場所に定めるのは、ショアから沖合い100メートル前後の辺り。

それぐらいの水深を好む理由は、やはり適水温だからでしょう。

当然仕掛けを遠投しないと釣れませんから、本格的な投げ釣り用ロッドが必要になってきます。

初めてキス釣りをする人にとっては、遠投するスキルも求められるので、ちょっぴりハードルが高いかもしれませんね。

季節が初夏を迎えると、キスはかなり浅い場所に接岸してきますよ。

水温が高くなっていて、なおかつ産卵を控えた荒食いを始めるからでしょう。

浅瀬にはゴカイ・青イソメ以外に、エビ・カニなどの甲殻類も豊富にいます。

これらをどんどん捕食していくので、釣れる確率も一気に跳ね上がるでしょう。

しかも仕掛けを遠投することを強いられませんから、短めで軽いスピニングロッドで釣りが成立することに。

2ピース仕様のライトソルトウォーターゲーム用ロッドでもかまいませんし、振出式の万能ロッドでもじゅうぶん対応できるのが嬉しいですね。

浅瀬を求めて上がってくるキスは、サーフエリアをも通り過ぎて、河川の河口域まで入ってくるケースが見られます。

河川にはボディウォーターが走っているミオ筋が必ず存在しますから、そこまで仕掛けを到達させて沈め、キスが通りがかるのを待ってみてください。

ひんぱんにアタリが取れるポイントを見つけたら、その日はキスの数釣りを楽しめるでしょう。

キス釣りは水温に左右されやすい!アプローチを切り換えながら対応しよう!

夏が過ぎて秋を迎えても、キスは釣れます。

ただし、あれだけ浅場にいたのに、水温の低下に合わせて少しずつ沖合いへ居場所を移していく傾向が出始めますよ。

ちょい投げ釣りで届いていたアプローチも、秋を迎えたタイミングで切り換えていかなければならないでしょう。

ただし、キス自体のサイズは、かなり大きく成長しています。

ショアから30センチクラスを狙えるのも、この時期になりますから、ぜひ遠投アプローチで釣り上げてみてください。

冬の時期は、かなり深場まで落ちてしまいます。

水深30メートル前後を探ることになるので、ショアからの投げ釣りはオフシーズンということに。

船釣りならその真上まで行くことはできますが、低活性で餌に食い付く確率も下がっているでしょう。

キス釣りに使う仕掛けをチェック!

キス釣りに用いる仕掛けは、キャスティング用の天秤と、枝バリの複数付いた投げ釣り仕掛けです。

セットになっているものが、釣具店やネット通販で入手できますから、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選んでみてください。

あまりに重いオモリのものを購入すると、ライトタックルではキャストしづらくなります。

ちょい投げ釣りで浅瀬にアプローチするつもりなら、軽めのものを使うようにしてください。

ハリのサイズは、小さいほうが丸飲みしてくれるのですが、ノドまで到達するとハリスから切る必要が出てきます。

ターゲットにしているキスの大きさに合わせて、ハリのサイズもアップしてみましょう。

キス釣りに使いたいおすすめタックルをピックアップ!

それではキス釣りに使ってみたい、軽量でキャストしやすいおすすめタックルを取り上げてみましょう。

実はエギングロッドが、感度の面でもとても適しています。

もし手持ちのロッドの中にあるのなら、それを転用してみるといいですよ。

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S83M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S83M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

最安値価格
¥11,656(amazon)

Amazonへ ¥11,656

楽天市場へ ¥13,397

シマノからリリースされている、シャキっとしたブランクスのエギングロッドです。

全長は2.52メートルと、扱いやすい長さに設定されていますよ。

継数は2本で、仕舞寸法は129.4センチですから、さまざまな釣り場へ持ち込みやすいでしょう。

自重は102グラムと軽めで、先径は1.6ミリと細く作られています。

適合するエギサイズが4号までなので、20グラムを超えるオモリにも対応可能でしょう。

適合するPEラインは、0.5号から1号まで。

これなら高い感度でキスのアタリをとらえられそうですよね。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.4パーセントです。

実際に手にしてみると、とても軽くてダルなブレは見られない印象でした。

2500番前後のスピニングリールを装着すれば、超軽量なちょい投げ釣りタックルの完成です。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

キスの釣り方を習得して良い時期にアプローチしてみよう!

キス釣りの特徴や釣れる時期、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

初心者の人でもカンタンに釣れる対象魚ですから、時期に合わせたアプローチをぜひ習得してくださいね!

投げ釣りの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング