波のアップ写真

波が強くなるとどうなるの?天気予報を活用して釣りを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

空は朝から快晴で天気予報もバッチリなら、釣りへ出かけたくなりますよね。

実際に釣り場に出向いてみると、穏やかな海を見て「これは釣れるかも!」と期待を膨らませてしまいます。

でもお昼前から急に波が高くなってきて、ロッドを振るのもつらい状況に変わってしまう、そんな経験はありませんか?

ここでは天候が急変して波に対応しなければならなくなった場合の釣り方や、天気情報の入手方法についてご紹介しましょう。

波はどうして強くなるの?

釣り場に到着して、しばらく時間が経つと波が強くなるケースがあります。

そのまま穏やかなままなら、釣りやすくてよかったのに・・と悔やんでも、どうすることもできません。

波が強まれば、それまで魚のアタリが発生していたのに、全く無反応になってしまいます。

もう釣りをすることは難しいのでしょうか?

そもそも波は、風が強まることに比例して変化していきます。

ほんの少し波が立つくらいなら、キャストした仕掛けやルアーが流されることもないのですが、次第に強まってくると、何もかもコントロールすることができなくなります。

ひんぱんに起こるパターンとして、早朝は穏やかな海なのに、太陽が昇ってお昼近くなると、急に風が発生する場合があります。

風は海水面を撫でるように拭きますから、平坦で穏やかな状態を一変させますよ。

どんどん強くなる風、それに呼応するかのように波も高くなっていきます。

こういう展開では、そのままその場所で釣りを続けることをおすすめしません。

仕掛けに装着しているシンカーを重くしたり、結んでいるルアーのウエイトを上げたりして対処できそうですが、それらを重くするとせっかくの魚からのアタリが、掻き消えてしまうのです。

そこでやってもらいたいのが、スマホを取り出してマップを開くことです。

まずは自分の現在地を把握して、そこから近いところに、風をシャットアウトできるような地形がないか調べましょう。

風の吹いている向きは体感で分かりますから、そちら側に背の高い山や岬のあるような沿岸部なら、風を避けることができそうです。

風が当たらない水域なら、波も穏やかな状態に近いでしょう。

駐車場などの設備の有無を確認してから、探し出した風裏のポイントへ移動を開始してください。

ただし、風が当たって波が発生しているほうが、魚の活性が高まりよく釣れるケースもあります。

まずはじっくり釣ってみて、好釣果につながらなかったら移動を選択するようにしたいですね。

穏やかな海と波を収めている動画はこちら

波の発生原因である風の情報を知るには「Windy」を活用しよう!

海におけるお昼ごろからの風の変化を、事前に把握しておく方法があります。

それは「Windy」というサイトで、世界中の風の動きをデータ化してチェックできるようになっていますよ。

調べたい地名を入力して検索できますし、サイト内に表示されている地図をスクロールしながら、自分の居る地域の状況も確認できます。

青<緑<黄<赤<紫のカラーの順に、風が強くなっていることを表しているので、一目瞭然ですね。

当然波の強さも、その情報から推し量ることができるでしょう。

風の情報以外にも、波や気温・雨・気圧などの表示に切り替えられます。

釣り場でスマホを取り出して、チェックするようにしたいですね。

タイドグラフBIならスマホでカンタンに釣り場情報をゲットできる!

波の情報と絡めて、日本全国の釣り場に関する潮汐や天気を調べられるスマホアプリも存在しています。

「タイドグラフBI」という名称で、なんと全国3,000箇所もの釣り場情報が網羅されていますよ。

気温や雨量に加えて、風の向きや風速・波の高さまでも見ることができます。

気象庁が発表しているリアルタイムの警報・注意報・地震・津波・台風情報もアップされています。

雨雲レーダーの表示も選択できるので、これから雨天になりそうな予測も立てやすいですね。

あなたのスマホにアプリをダウンロードして、フィールドでじっくり使いこなしてみましょう。

業界初!3,000ヶ所の釣り場に対応した潮見表アプリ「タイドグラフBI」がリリース!釣り場の潮汐や天気、魚の釣れやすさまで全てわかります!

釣り人の皆さん、釣りに行く前にはその地域の潮汐や天気を調べますよね? 釣りをする人のほとんどは釣行前に地域の潮汐を調べて、さらに天気アプリでその日の詳しい天気を調べて‥とあらゆ…

FISHING JAPAN 編集部
業界初!3,000ヶ所の釣り場に対応した潮見表アプリ「タイドグラフBI」がリリース!釣り場の潮汐や天気、魚の釣れやすさまで全てわかります!

波の高まる釣り場で活用したい、おすすめのライフジャケットを選んでみた!

波が高くなくても常時身に着けておきたいのが、ライフジャケットです。

緊急時にこれほど頼りになる釣りアイテムはないでしょう。

おすすめのライフジャケットを取り上げてみますので、自分の好みに合ったものを選んでくださいね。

シマノ(SHIMANO) ライフジャケット 釣り 大人用 ラフトエアジャケット 肩掛けタイプ 桜マーク 国土交通省認定品 手動/自動膨脹式 VF-051K 救命胴衣 カーキチャコール

シマノ(SHIMANO) ライフジャケット 釣り 大人用 ラフトエアジャケット 肩掛けタイプ 桜マーク 国土交通省認定品 手動/自動膨脹式 VF-051K 救命胴衣 カーキチャコール

最安値価格
¥16,800(amazon)

Amazonへ ¥16,800

楽天市場へ ¥16,800

Yahoo!へ ¥16,800

シマノから発売中の、自動膨張式ライフジャケットです。

上半身に装着するタイプで、国土交通省の型式承認を得ています。

小型船舶の船検にも対応)していて、ライフジャケットのタイプ別分類はTYPE Aとなりますね。

サイズはフリーで、胴回りは最大130センチまで対応可能です。

冬場に厚着しているときなどに、とても重宝するでしょう。

素材は、外側も気室もナイロン100パーセントです。

浮力性能は、気室膨脹の際に74N/24時間以上に設定されています。

浮力材の部分は取り外し可能で、洗濯機による洗濯ができます。

立体裁断で生地をカットしていますから、首から肩にかけて体にフィットしますよ。

キャストやフッキングのときにズレにくく、集中力を高めながら釣りを楽しめるでしょう。

ウエストベルトと背面ベルトによって、自分の体型に合わせることができます。

速乾メッシュ素材を首周りに使っていて、肩裏部にはダブルラッセルメッシュを施しています。

汗かきの人には、嬉しい仕様ですね。

補助送気装置やホイッスル付きで、D環も標準装備されています。

手動でも膨張させられるように、専用の引き手が付けられていますよ。

実際に着てみると、調整幅は広めで着込みやすく作られている印象です。

軽さが快適さに直結していて、一度使うとこればかり装着したくなってしまいます。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

カラーバリエーションも豊富ですから、自分の服装にマッチしたものを選んでくださいね。

ブルーストーム(Bluestorm) 固形式ライフジャケット 国土交通省型式承認品 桜マーク MIXOPTERUS[ミクソプテルス] グレー BSJ-29RS

ブルーストーム(Bluestorm) 固形式ライフジャケット 国土交通省型式承認品 桜マーク MIXOPTERUS[ミクソプテルス] グレー BSJ-29RS

最安値価格
¥13,860(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥13,860

高階救命器具のBLUESTORMブランドからリリースされている、浮力材入りのライフジャケットです。

国土交通省の小型船舶用救命胴衣型式承認を得ていて、区別はType Dになります。

前面には邪魔になるような突起はなく、キャスティングをスムーズにおこなえるでしょう。

リールの巻き取りもスムーズに実施できますから、ストレスのない釣り方を満喫できるデザインですね。

背面には、ルアーケースが収納可能なポケットが付いています。

そのポケットの位置を前面に持ってくることもできるので、ルアー交換などを楽におこなえるでしょう。

実際に着込んでみると、さほど重さは感じませんし、肩への負担も低く抑えられている印象です。

収納量はじゅうぶんに設けられていますから、手持ちのタックルを減らして釣りに臨むことができそうですね。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に設定されています。

肩から腕にかけてが、とても自由に動かせる感じにデザインされているのが嬉しいですね。

夏場の暑さにも対応しやすいですし、汚れたらカンタンに水洗いできる仕様もバッチリでしょう。

ファスナーには止水タイプが搭載されているので、安心して水飛沫を浴びることができます。

ただし、完全防水ではないので、水没させてはいけないものなどを入れないようにしましょう。

波に関わる天気予報や情報をゲットして釣りを楽しもう!

波に関連する天気予報や情報サイトの利用方法や、おすすめの安全対策アイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

波が穏やかであっても、油断は禁物です。

海の天候は急変することが多く、その前触れはやはり風の発生なのです。

できる限り風には敏感であるべきで、スマホを積極的に活用してアプリや雨雲レーダーなどで情報を得る習慣をつけましょう。

波や風を味方にすれば、もっと魚が釣れる!かもしれませんよ。

天気の関連記事はこちら

天気・気象・潮汐」カテゴリの人気記事

DAILYランキング