釣果の写真

【釣割マガジン】釣って楽しく食べておいしいイサキをライトタックルで狙ってみよう!

大山俊治

船釣りの世界には、「梅雨イサキ」という言葉がある。

これは、初夏に産卵期を迎えるイサキの「旬」を差す言葉だ。

イサキは、船釣りなら、ほぼ周年狙うことも可能。

だが、一番注目が集まるのが5~6月をピークにした初夏から梅雨の時期だ。

刺身や塩焼きはもちろん、お腹にたっぷり入った白子や真子の美味しさに魅かれて、多くの人が船に乗る。

そのイサキを釣るとき、最強の武器になるのが「LT」とも呼ばれるライトタックル。

通常よりも細いラインに軽く感度のいいロッド、小型のリールを使うこのスタイルは、イサキ釣りの面白さを格段に高めてくれる。

使いこなせば、大型の狙い撃ちはもちろん、食いが渋い状況でもラインが太いノーマルタックルでは、食わせられないイサキを掛けていくことも不可能ではない。

そんな「LTイサキ」のタックル&釣り方をがまかつフィールドテスター・田中義博さんに解説してもらおう。

解説 がまかつフィールドテスター・田中義博
写真・文 大山俊治

目次

  • イサキに最適なライトタックルロッドとは
  • 「誘って掛けにいく」ラインと仕掛けの選び方
  • 「マイクロピッチ」で誘えるLTのメリット
  • 大型を狙い撃ちにする「タナ探り」

続きを "船釣り専門WEBメディア
「釣割マガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

ライター紹介

大山俊治

大山俊治

船釣り、管釣り、ソルトルアー、磯釣り、コイ釣りなど、幅広い釣りジャンルに精通するベテランフィッシングライター。奥深い原稿は評価が高くファンが多い。管釣りブームやシーバスブームを仕掛け、支えた人間のひとり。千葉在住。

DAILYランキング