ルアーと魚のアップ写真

雨の多い梅雨の時期にバスを釣るにはどうすればいいの?おすすめルアー特集

FISHING JAPAN 編集部

季節が梅雨になると雨が多くて、釣り場に出かけるのが億劫になりがち。

でも思い切って行ってみれば、ビッグサイズのレコードバスに出会える可能性が高いですよ。

ここでは、梅雨の時期に実践してみたいおすすめの釣り方をご紹介します。

ただし、雷の注意報が発令されているタイミングでは、自宅待機して出動を控えましょう。

梅雨の時期ってバスはどこにいるの?

梅雨の時期には、バスは池のどの辺を泳いでいるのでしょうか。

晴れている日なら、日陰に潜んでいそうですが、雨だと太陽の姿は隠れています。

全景が薄暗い感じなので、バスにとっては好都合かもしれませんよ。

何故なら、ほとんど眩しくないからです。

目にまぶたの無いバスは、出っ張っている眼球の形状も手伝って、眩しさを避ける習性があります。

雨の日なら、その足枷から解放されることに。

つまり、日陰で止まっていた体を動かして、ゆるりと泳いでいる確率が高まるのです。

バスの横移動に合わせて、アプローチするルアーも横移動でアピールできるものを選びましょう。

日照が抑えられている分、水面を向けるようになっているので、表層を横移動できるトップウォータールアーがいいですね。

ただし、どれくらいのスピードで横移動しているか分かりませんから、常にブレーキをかけられるものが適しています。

ボディの左右に大きな羽根を広げられるハネモノルアーなら、急な制動やスピード調整にも、レスポンスよく対応できるでしょう。

用意したいのは、大小2種類のハネモノルアーです。

大のほうで広範囲を探ったりロングキャストを繰り出したりして、バスの居場所を探ります。

そうやって絞り込んだポイントで、今度は小のハネモノルアーを用いて、誘い+食わせを実践するのです。

小さければ、バスに警戒心を膨らませる機会を与えません。

何度もキャストできることにつながりますし、その都度バスの反応を観察しながら、①ベストのスピード②ベストの放置時間などを導き出しましょう。

カラーは、バスに見つけてもらいやすいものなら、展開を早めるきっかけになりますよ。

梅雨のバス釣りにハネモノルアーを用意してキャスト開始!

まずは大のハネモノである、フラッシュユニオンのドラウンドクローラーからキャスト。

遠くのポイントまで届くので、広範囲を丁寧に泳がせながら、バスの反応をチェックします。

この段階で釣れなくてもいいんですよ。

軽くチェイスしてくるようなバスが居れば、次のキャストの前にルアー交換。

ヘドンのタイニークレージークローラーをラインに結んで、反応のあったポイントへキャスト。

着水後はすぐに動かさずに、バスの引き寄せを実践します。

タイニークレージークローラーのそばの水面が、モワッ!と動いたら、ゆっくりとリトリーブを開始してください。

このとき、リトリーブのスピードは一定・等速に保つようにしましょう。

2メートル泳いでバイトがなければ、その場で静止します。

さきほどのような、モワッ!が発生しなければ、ルアーを回収して再度キャスト。

実際におこなってみると、このサイズのバスが釣れました。

雨の降り方に注目!ルアーを交換するタイミングを推し量ろう!

梅雨なので、雨の降り方にも強弱があります。

小のルアーでアプローチしながらも、雨脚が強まってきたら、大のルアーへ戻しましょう。

理由は、水面を羽根で攪拌しても、小なら雨の勢いに負けてしまうからです。

再び大のフラッシュユニオン・ドラウンドクローラーに戻して、メリハリのある泳ぎをさせてください。

雨に負けない強めの刺激が、バスを上手く誘うことになり、豪快なバイトにつながるかもしれませんよ。

梅雨の時期に使ってみたい、おすすめのバスルアーを選んでみた!

梅雨の時期に、雨降りの状態や釣り場のシチュエーションに合わせて使ってみたくなる、おすすめのルアーを取り上げましょう。

大小のうち、小でアピール度の高いものといえば、こちらが効果的です。

あまり早くリトリーブすると、動きが破綻してしまうので、スローに引っ張るところから始めてください。

HEDDON(ヘドン) ルアー タイニークレイジークローラーX0320YRH

HEDDON(ヘドン) ルアー タイニークレイジークローラーX0320YRH

Amazonへ 売り切れ

ヘドンからリリースされている、定番のハネモノルアーです。

サイズが5センチ・7グラムと小さめなので、場にプレッシャーを与えずアプローチを繰り返せますよ。

通常のベイトタックルでキャスト可能なので、特別にベイトフィネスなロッドやリールを用意しなくてもかまいません。

着水して少し引っ張れば、羽根を左右に目いっぱい開きます。

その状態からスローにリトリーブしてもよし、そのまま静止させてもよし。

釣り場のシチュエーションと、コンビになる大のハネモノルアーとのローテーションを考慮しながら、じっくり使ってみましょう。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

フックは、流行りのフッ素コートタイプに換装しておくと、ショートバイトでもフッキングに持ち込みやすくなるでしょう。

梅雨を攻略してビッグバスを釣り上げよう!

梅雨の時期の釣り方や、おすすめのルアーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

天候が急変しやすいので、レインウェアは必ず持参するようにしたいですね。

それから雷の音が聞こえたら、必ず水辺から離れて避難しましょう。

そのまま釣りを続けるのは、絶対にやめてください。

バス釣りの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング