魚のアップ写真

釣りの速報ニュースって利用してるの?釣果情報の上手な活用法をチェック

FISHING JAPAN 編集部

スマホをタップすれば、さまざまな情報を入手できるのが今の流れ。

当然何が釣れているか・どこで釣れているかを知りたければ、釣りの速報ニュースを検索するとゲットできます。

ここでは、釣りの速報を活かして自分の釣り方を確立していく方法をご紹介しましょう。

「釣れてるぞ!って情報を元に、そこへ釣りに行くだけだとダメなの?」

人だらけの釣り場では、まともに釣りをすることすらできないかも。

実際駐車スペースの問題などで、釣り場近隣に住む人々に迷惑がかかっているケースもあります。

もっとゆったり落ち着いて、自分の釣りを組み立ててみませんか?

釣り速報ニュースは熱い!釣れているポイントや情報が満載!

ネットはもちろん、専門誌や新聞などで、釣りの速報ニュースが豊富に掲載されています。

全国津々浦々の直近の釣果が出ていますから、自分の住む近くの釣り場情報をチェックすれば、すぐにでも出かけられますよね。

船釣りなら、乗合船やガイドサービスの船長スタッフさんから、ナマの情報が届いているので、直接その乗合船を予約すれば、好釣果に恵まれるかもしれません。

早速電話してみると・・・「ごめんなさい、もう予約は満杯になってしまって。」との返事。

そうか、みんなあの釣り速報ニュースを見たから、どっと押し寄せたんだな!と納得するしかありません。

それならばと、岸から釣れている釣り場情報を探して、そこへ行ってみました。

ところが、クルマを停めるスペースすらないぐらい、大勢のアングラーが先着しているではないですか。

早い者勝ちなのは仕方ないにしても、これでは気軽に釣りを楽しめません。

というより、自分の釣り方がどういうものか、どんな釣りをしたいのかまで、ぼやけてしまいます。

ちょっと落ち着いて考えてみましょう。

釣り速報ニュースに出ている情報は、すでに過去に起こった事象・結果です。

その場所へ後から出向いても、同等の釣果を望むのは酷なハナシでしょう。

何故なら、すでにそこの魚は釣られてしまっていて、情報となった日よりも目減りしているからです。

「魚ってチャージされないの?」

同じ環境ですからその可能性はあります。

でも極端にアングラーの増えている現在の状況が、果たして同じ環境といえるでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、自分なりの釣り速報ニュースの活用法です。

自分なりの活用法を試してみよう!

釣り速報ニュースをそのまま鵜呑みにしない!というのが、自分なりの活用法の原点になります。

例えば、A地点というポイントでアジが釣れているという速報が出たとしましょう。

日付が昨日なら、もう今日行っても人だらけに違いありません。

確かめに行くのはかまいませんが、ちょっと時間がもったいないですよね。

ここで冷静になりましょう。

まず、A地点の地図をスマホに表示します。

アップ過ぎたらそこしか映されていませんから、もっと広範囲に拡大表示してください。

するとA地点の近くに、似たような地形の場所を見つけました。

1つ2つと候補を見つけては、マーキングしてください。

次に調べるのが、マーキングした場所に隣接する駐車場情報です。

グーグルマップなら、駐車場・地名で検索すれば、有料コインパーキングなどがズラリと表示されますよ。

たったこれだけの作業をおこなうだけで、他人とは異なる自分独自の釣り場を探せ出せたことになります。

あとは実際に出向いて、釣りをしてみればいいのです。

情報にない釣り場を見つける喜び!

「何の釣果情報もない場所で、釣りをするのは初めてかも・・」

そういう人、かなり多いかもしれません。

でも安心してください!海はつながっています。

全く魚のいないポイントが存在するほうが、あり得ないでしょう。

釣り速報ニュースに載っている近くのポイントなら、潮や風の流れも似通っていますから、高い確率で同じ魚が釣れるはず。

しかもまだ手付かずの釣り場なら、ストックしている魚の量も多いでしょう。

そういう期待を込めて、自分で釣り場の新規開拓をしていくのです。

そのためのベースとなる情報を、釣り速報ニュースで得るようにすれば、びっくりするほど安定した釣果に恵まれますし、自分の釣り方がしっかりと構築されるでしょう。

未体験の釣り場で活用したいおすすめのタックルを選んでみた!

釣り速報ニュースを元にして、自分で見つけた未体験の釣り場。

そこで使ってみたいおすすめのタックルを取り上げてみましょう。

さまざまな釣り方に対応可能な汎用性の高いものもいいのですが、アジやメバルなどの小型魚をターゲットにしたタックルのほうが、キャストするルアーも小振りで結果が出やすいですよ。

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S70UL メバル・アジ狙いのライトルアー

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S70UL メバル・アジ狙いのライトルアー

最安値価格
¥6,171(amazon)

Amazonへ ¥6,171

楽天市場へ ¥6,280

シマノからリリースされている、アジ・メバルなどをターゲットにしたスピニングロッドです。

全長は7フィート=2.1336メートルですから、軽いルアーをロングキャストするのに向いています。

適合するルアーウエイトは0.8グラムから10グラムまでなので、ジグ単からフロートリグまでカバーできますよ。

適合するPEラインは、0.3号から0.8号まで。

自重は83グラムと、とても軽く仕上がっています。

実際に手にしてみると、長さの割りにしっかりと張りがあって、飛距離がしっかり伸びてくれる印象でした。

グリップも握りやすく、魚が掛かってからのやり取りもじゅうぶん楽しめますよ。

重めのリグに切り換えると、沖合いのブレイクラインやシモリなどを、丁寧に探れるのがいいですね。

実売価格は6千円台と、とても安い価格帯に収まっています。

2ピース仕様ですから、持ち運びも便利なので、足を使ったランガンスタイルにも向いているでしょう。

アタリの取り方は、ラインにややスラックを発生させて、ラインに変化が出るのをじっくり見るようにしてください。

フッキングしてからは、ラインテンションを緩めずに、リールハンドル巻きっぱなしで魚を引き寄せるようにしましょう。

ジグ単やフロートリグを使えば、アジ・メバルなどを効率よく掛けることができますよ。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

最安値価格
¥17,918(amazon)

Amazonへ ¥17,918

楽天市場へ ¥18,216

シマノの剛性・耐久性に秀でたスピニングリールです。

番手はC2000番なので、ライトソルトウォーターゲームを展開するのに向いていますよ。

シーバスやチヌなどの大型魚が不意に食い付いてきても、じっくり対処できる強さが備わっているモデルです。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1巻きで69センチのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.0/3.0キロです。

自重は185グラムと軽めで、スプール寸法は直径43ミリでストロークが13.5ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を150メートル巻けます。

実際に使ってみると、軽くて扱いやすい印象ですね。

ローラーの回転がスムーズで、ラインに負荷が掛かると回転にすぐ影響が出ますから、フッキング動作へ移るタイミングが分かりやすいでしょう。

糸ヨレは抑えられていて、ライントラブルがしっかり解消されているのも嬉しいですね。

実売価格は2万円前後と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

じっくり使い込んで、さまざまな場面で活用できるリールになってくれそうです。

60センチほどのシーバスを掛けたことがありますが、ライトラインにもかかわらず確実にランディングに持ち込むことができました。

ドラグの出が滑らかで、ライン出っぱなしにならないところもありがたいですね。

ハンドルノブはコンパクトで滑りの心配がなく、安心して巻き取り操作を続けられますよ。

釣り速報ニュースを利用して自分の釣りスタイルを確立しよう!

釣り速報ニュースの活用法や、おすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

多くの情報が飛び交う現代ですから、それに翻弄されていては自分のやりたいことを見失います。

魚を釣りたい!のなら、どういう環境条件を求めなければならないのか逆算して、しっかりプランを立てて行動に移しましょう。

ライトゲームの関連記事はこちら

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

DAILYランキング