魚のアップ写真

マゴチを釣って刺身で食べたい!おすすめの釣りタックルもピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

夏に旬を迎える魚の中で刺身がめちゃウマなのが、マゴチです。

平たく潰れたような独特のフォルムで、各所に鋭いトゲが突き出していますよ。

素手で触るとケガをしてしまう恐れがあるので、捌き方にはコツが要ります。

ここでは、マゴチの特徴や釣り方・捌き方や、おすすめの釣りタックルをご紹介しましょう。

「マゴチの刺身は、本当に絶品の味だよね!」

美しく刺身に仕上げるためにも、マゴチの捌き方をきちんとマスターしたいですよね。

マゴチとは

マゴチとは、スズキ目コチ科の海水魚のことです。

体長は、最大で60センチ程度にまで大きくなることが知られていますよ。

活発に小魚や甲殻類などを追う肉食魚タイプなので、ルアーによる誘いや活き餌の泳がせ釣りなどで釣り上げることができます。

水深の比較的浅いエリア=水深30メートル以浅に棲んでいますから、ショアからのキャスティングゲームや船釣り・オフショアジギングゲームなどの対象魚としても人気が高いですね。

マゴチの生息域は、本州・青森県から九州エリアの太平洋沿岸でその姿を確認することができます。

日本海側では若狭湾から九州にかけて、それから東シナ海・瀬戸内海各地でもよく釣られていますよ。

雄性先熟と呼ばれるタイプで、成長して2年ぐらいまではオスです。

サイズでいうと、40センチに満たないぐらいでしょうか。

そのサイズを超えるころには、メスに性転換する習性があります。

子孫を効率よく残していくためには、とても有効といえそうですね。

マゴチの産卵時期は、春の4月ごろから夏の7月にかけて。

ちょうど食べて美味しい旬と重なりますし、市場の高値もこのころにピークを迎えます。

同じ白身魚でフラットフィッシュ系のヒラメが、夏には値を落とす傾向がありますから、マゴチの値が上がるのも肯けますね。

マゴチのウロコは、他の魚と比べると小さくて剥がしにくい印象があります。

その皮は厚みがあり、骨とともにしっかり取り除きましょう。

骨よりも突起しているトゲに注意してください。

背ビレはもちろん、尻ビレやエラ周りなどから結構な長さ・鋭さで突き出ていますよ。

迂闊に触ると、指先ならカンタンに突き刺さってしまうことも。

釣り場などで応急処置が難しいケースもありますから、厳重に注意して活け締めを素早くおこなうようにしましょう。

自宅に持ち帰って捌くときには、ケガ防止のために軍手やゴム手袋を装着してから、包丁を握るようにしたいですね。

慣れてきたら素手で捌いてもかまいませんが、丁寧に作業することを心がけましょう。

マゴチをキレイに捌いて刺身に仕上げている動画はこちら

マゴチをショアからのキャスティングゲームで釣る方法!

マゴチの釣り方は、ショアからのキャスティングゲームでカンタンに誘うことが可能です。

砂地を好む習性があるので、サーフエリアからロングキャストの利くルアーをラインに結び、アプローチを開始してください。

具体的には、メタルジグやシンペン・ミノー・ジグヘッドリグ・チャターベイト・テールスピンジグ・ハイブレーションなどがおすすめです。

ショアジギングに用いるロッドなら、イメージ通りのロングキャストを繰り出せるでしょう。

ボトムまで落とし込んでからリトリーブスピードを変えつつ、さまざまな層を丁寧にトレースします。

アタリは強烈で、ゴゴッ!という衝撃と強い重みを手元で感じますから、ロッドを立ててリールハンドルを回してください。

ロッドが曲がり込むので、それが急に真っ直ぐに戻らないよう巻き続けると、バラシを防ぐことができます。

マゴチの口周りが意外と硬いので、1回のアワセではフックが貫通しないことが多く、ゴリ巻き寄せの最中に徐々に貫通させていくのがいいかもしれません。

マゴチの食べ方をチェック!

釣り上げたマゴチは、活け締めにしてクーラーボックスに入れ、持ち帰るようにしましょう。

食べ方は、なんといっても刺身がおすすめ。

白身魚独特のもちもちした食感や甘みが、口の中に広がってくれます。

その他煮付けやフライ・ムニエル・湯引き・鍋などに調理すると、美味しく食べることができるでしょう。

捌く段階でしっかりと骨を取り除いておきたいですよね。

マゴチの体型が独特なので、捌き方動画などをじっくり観て、包丁の入れ方などをマスターするようにしましょう。

マゴチの捌き方を丁寧に収めている動画はこちら

マゴチをショアからのキャスティングゲームで釣るのにおすすめのタックルをピックアップ!

それではマゴチを釣るのに使ってみたい、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

船釣りでバーチカルジギングをするのも楽しいのですが、手軽に釣りに出かけるつもりなら、ショアからのアプローチのほうがすぐに釣りを始められますよ。

マゴチも60センチクラスになると、かなり強い引きを覚悟しなければなりません。

それに耐えられるだけのタックルを、用意しておきたいものです。

シマノ(SHIMANO) ショアジギングロッド コルトスナイパー BB S1000MH サーフ 防波堤 磯

シマノ(SHIMANO) ショアジギングロッド コルトスナイパー BB S1000MH サーフ 防波堤 磯

最安値価格
¥12,045(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ ¥12,045

シマノから発売中の、ショアジギング専用スピニングロッドです。

しっかりとした剛性・耐久性のあるブランクスに仕上げられていて、メタルジグもハードルアーもジグヘッドリグもキャストしやすくなっていますよ。

強い衝撃にも耐えられますから、時間をかけて魚を水面まで浮かせることが可能です。

全長は3.05メートルと長めですから、ロングキャストアプローチに向いているでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は157.0センチです。

クルマに積み込む際にも、邪魔にならずスムーズに乗せれそうですね。

先径/元径は、2.2/14.5ミリと太目の設定。

適合するルアープラグウエイトは、最大で60グラムです。

適合するメタルジグウエイトは、最大で80グラムですから、かなりの飛距離を稼げそうです。

PEラインは、最大で3号まで使えますが、マゴチ狙いなら2号にフロロカーボンのショックリーダーラインを結べば対応できるでしょう。

フジDPSリールシートの位置は460ミリ、ブランクスのカーボン素材含有率は95.7パーセントです。

ガイドシステムには、ステンレス製フレームのKガイドを採用しています。

実際に手にしてみると、自重は266グラムとやや重めですが、振り抜き感は素晴らしく操りやすい印象でした。

ラインがガイドに絡みにくいのも、キャスト数をコンスタントに増やしていけるメリットにつながっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格設定に収まっていますよ。

これくらいの低価格なら、初めてマゴチ釣りをする人にも購入しやすいでしょう。

当然他の魚をショアジギングで狙うこともできます。

ヒラメやサワラ・ブリ・カンパチ・シーバスなどを、ロングキャストで迎撃してくださいね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C5000XG ライトショアジギング ライトショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C5000XG ライトショアジギング ライトショアキャスティング

最安値価格
¥20,367(楽天市場)

Amazonへ ¥21,136

楽天市場へ ¥20,367

シマノからリリースされている、ストラディックシリーズのC5000番です。

ラインキャパが豊富でゴリ巻きに耐えられるので、ロングキャスト+強引なやり取りに向いていますよ。

ギア比の設定は、6.2対1です。

ハンドル1回転につき、101センチものラインを巻き取ることができるようになっていますよ。

最大ドラグ力は11.0キロと、かなり余裕のある設定値です。

自重は295グラムと300グラムを下回っていますから、長い時間の釣りにも対処可能でしょう。

スプール寸法は、直径が52ミリでストロークが19ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら3号を200メートル巻けます。

実際にフィールドで使ってみると、各部の剛性感が高くて安心して使える印象でした。

ローターやハンドルの回転は軽やかでスムーズ、引っ掛かりのない巻き心地は、さすがシマノ製と唸らせるものがあります。

使用後にはジャブジャブと水洗いできますし、注油箇所もシンプルで分かりやすいのがいいですね。

実売価格は2万円台前半と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

ショアからのさまざまなキャスティングゲームに使いたいなら、この1台があればかなり幅広く活用できるでしょう。

大型のマゴチを釣り上げ刺身にして美味しく食べよう!

マゴチの特徴や釣り方・捌き方・食べ方や、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

高級魚としても有名なマゴチですから、なんとか自分の手でゲットできるようになりたいものです!

サーフゲームの関連記事はこちら

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング