ワームのアップ写真

スティーズホグに2021年新しいカラーが追加ラインナップ!バス釣り用ワーム

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りワームの中で、独特の生命感と水押し効果を持っているのが、ホグ系と呼ばれるワーム。

元々アメリカで発祥したもので、日本に渡ってきてさまざまな進化を遂げています。

ダイワのスティーズホグも、デザインやマテリアルに違いを持たせていて、とても個性的ですよね。

2021年には新しいカラーが追加ラインナップされるので、ますます使用頻度がアップするでしょう。

スティーズホグとは

スティーズホグとは、ダイワから発売中のバス釣り用ワームのことです。

カテゴリーは、その名の通りホグ系で、サイズ設定はなんと5種類も用意されていますよ。

最も小さいのが、2.2インチ。

ダウンショットリグやキャロライナリグ・スモラバのトレーラーとして使うことを想定してデザインされています。

マテリアルは、他と比べて柔らかく作られているのが特徴的で、ロッドワークに機敏に反応しますよ。

含まれる塩の量は多めになっていて、キャストの際の飛距離・フォールスピードのアップを狙っています。

頭に当たる部分のボリュームが上がっていますから、オフセットフックやスモラバのワームキーパーなどで裂けてしまうのを抑えているのもありがたいですね。

このボリュームなら、海のロックフィッシュゲームにも転用できるでしょう。

3インチは、マテリアルに含む塩の量を抑えています。

理由は、水中での水平姿勢を出すためで、ダウンショットリグにおける間を与えたフリーフォールの際に効いてきますよ。

3.6・4.3・5.0インチは、他と比べて硬めのマテリアルになっています。

そのほうがカバー直撃のテキサスリグなどで、ワームのズレを抑え込めるからです。

塩の量は、多過ぎず少な過ぎず。

水押し効果を落とさない程度に、針持ちの良さをキープしていますよ。

ザリガニなどの甲殻類そっくりに映りますから、その動きに似せてカバーとのハードヒットは日常茶飯事。

うまくすり抜けてリグの状態も維持させるためにも、ワームマテリアルの調整は重要なのです。

スティーズホグの使い方

スティーズホグを実際にフィールドで使ってみました。

ボディに刻まれたリブが、均等で深いのが印象的ですね。

しっかりと水をつかんでくれますし、空気の泡も水中へと引き連れてくれます。

フォールしながら泡を撒き散らすことで、集魚効果は高まるでしょう。

そして何より嬉しいのが、スッと水平姿勢に切り替わること。

アクションにメリハリが生まれて、バイトを誘発することにつながっていくでしょう。

フッキングはスムーズに決まりますし、ハリ先をリブに隠していても、きっちり露出してバスのアゴをとらえてくれました。

すっぽ抜けも少ないですから、確率高めにランディングにまで持ち込めますよ。

スティーズホグに2021年追加ラインナップされるカラーバリエーションをチェック!

2021年スティーズホグの追加カラーは、サイズによって設定が変わります。

2.2・3・3.6インチには、合計5種類のカラーが追加ラインナップされますよ。

●レッドクローカラー

●ブルークローカラー

●ブラックエビミソカラー

●脱皮シュリンプカラー

●テナガエビカラー

4.3インチには、次の2種類が追加される予定です。

●シュリンプカラー

●レイクシュリンプカラー

どれも甲殻類を意識したものになっていて、日本全国に生息するエビたちをモチーフにしています。

自分が通う釣り場にどんなエビがいるのか、事前にチェックしておくと、バッチリハマるカラーを選べるでしょう。

スティーズホグを使いこなすのにおすすめのロッドをピックアップ!

それではスティーズホグをバス釣りで使うのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ダウンショットリグやキャロを想定すると、シンカー分のウエイトが加算されることになりますから、ベイトロッドがマッチしそうですよね。

あまりに硬いブランクスでは、キャストしづらいケースが出てくるかもしれませんから、Mパワー前後のもので操ってみましょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MRB 釣り竿

最安値価格
¥18,730(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,704

楽天市場へ ¥19,865

Yahoo!へ ¥18,730

ダイワから発売中のバス釣り用ベイトロッドです。

全長は2.08メートルもあるので、軽く振るだけでしっかりと飛距離を伸ばしてくれるでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は109センチ。

自重は109グラムと、軽めに設定されています。

先径/元径は、2.0/12.4ミリでやや太目。

適合するルアー重量は、5グラムから21グラムになっています。

これならダウンショットリグやフリーリグ・テキサスリグ、重めむのシンカーを用いたキャロにも活用できますよね。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8ポンドから16ポンドです。

ブランクのカーボン素材含有率は、99パーセントです。

実際に手にしてみると、きちんと張りがあって、負荷に対して曲がり込みがスムーズな印象です。

よく曲がれば、バイトを弾いてしまうトラブルも抑えられるでしょう。

実売価格は2万円前後と、とても安い価格帯に収まっています。

オカッパリの強い味方を探しているなら、おすすめの1本といえそうですね。

スティーズホグ追加カラーの気になる発売日はいつ?

スティーズホグ追加カラーの気になる発売日は、2021年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、全サイズ660円です。

全てのサイズを実釣で試してみて、シチュエーションに合わせた選択ができるようになりましょう!

ワームの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング