ワームのアップ写真

好評ハニーナゲットに2021年追加カラー登場!フリーリグにベストマッチな扁平ワーム

FISHING JAPAN 編集部

フリーリグとの相性がバツグンで、発売以来好釣果を叩き出しているジャッカルのハニーナゲット。

2021年には待望のニューカラーが追加ラインナップされますよ!

ここでは、ハニーナゲットの特徴や使い方、おすすめのロッドについてご紹介しましょう。

フラットな扁平ボディは、さまざまなシチュエーションで有効活用できるスグレモノです。

ハニーナゲットとは

ハニーナゲットとは、ジャッカルから発売中のバス釣り用ワームのことです。

サイズ設定は、2種類用意されていますよ。

ひと口サイズの3インチと、ワイドボディでアピール度大な3.8インチから選べます。

ハニーナゲットの特徴は、なんといってもゼロテンションダートの誘発にあります。

ボディの後半部をじっくり見てください。

本体とテール部分をつなぐクビレ箇所に、大きくて深い溝が設けられています。

これにより、ボディが衝撃を受ければ、カンタンに折れ曲がるクセがついているのです。

例えば、フリーリグ。

先にシンカーがボトムに到着するわけですが、その際の衝撃がハニーナゲットに伝わると、この溝を基点に折れ曲がりが発生。

このワンアクションが、シンカーに引っ張られてフォール中のハニーナゲットを、水平姿勢にシフトしてくれますよ。

水平姿勢になれば、ゼロテンションダートへすぐに移行できますよね。

扁平フラットな面を活かして、ダートスライドする様子が、バスの食性を刺激するのは間違いないでしょう。

スローで水中を滑るようなゼロテンションダートを、ぜひ使いこなせるようになってください。

まるでザリガニのような甲殻類と、アクションがそっくり。

ボディフォルムはブルーギルにそっくりですから、バスは両方の要素を持つ対象物を目の前にすることになります。

テールパーツであるリッジクローも、独特の水絡みを見せて生命感を溢れさせてくれるでしょう。

ハニーナゲットの使い方

ハニーナゲットの使い方は、フリーリグにセットしてキャストするのが、最も好釣果を期待できるでしょう。

スイベル付きのシンカーとオフセットフックを用意して、ハニーナゲットをリグってください。

キャストして着水すると、先にシンカーが水中へ落ちていきます。

そのラインテンションによって、後からハニーナゲット本体が引っ張られていくことに。

この最中でシンカーが着底した瞬間、ラインテンションに変化が起きます。

ロッドはそのまま、リールハンドルも回さないようにして、ハニーナゲットのナチュラルなフォールに任せてみましょう。

ゼロテンションダートが発生するのもこの瞬間で、バスがバイトしてくる確率が高まります。

実際にバスが食い付いたら、ラインが横方向へ滑るように動き出すので、それを視認してからフッキング動作へ移るようにしてください。

ハニーナゲットの2021年追加カラーバリエーションは合計2種類!

ハニーナゲットの2021年追加カラーは、全部で2種類ラインナップされます。

●スポーンギルカラー

●ナチュラルグラスギルカラー

どちらも水中でしっかり目立ち、バスの興味を惹き付けてくれるでしょう。

ナチュラルトーンのベースカラーに、複雑なラメが配置されています。

ブルーギルに見えることもあれば、他のベイトフィッシュに見間違えることも。

ボトムまできっちり落としてから、次のアクションに移るようにしたいですね。

ハニーナゲットのフリーリグとマッチングのいいおすすめロッドを選んでみた!

それではハニーナゲットと相性の良さそうな、おすすめロッドを取り上げてみましょう。

軽めのシンカーを使っても、キャスタビリティは申し分ありませんから、MLからMパワークラスのブランクスを搭載しているベイトロッドがいいかもしれませんね。

長さはある程度長めのほうが、フッキングからランディングまでスムーズにおこなえそうです。

JACKALL(ジャッカル) BPM BC-67ML-BF2.

JACKALL(ジャッカル) BPM BC-67ML-BF2.

最安値価格
¥16,093(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥16,093

ジャッカルから発売中の、赤いブランクスカラーがかっこいいベイトロッドです。

ベイトフィネス用と謳っていますが、実際に手にしてみると、もっとオールラウンドに扱える印象ですね。

全長は6.7フィートでMLパワー、2ピース仕様になっています。

自重は120グラムで、適合するルアーウエイトは5グラムから14グラムまで。

これなら2グラム前後の軽いシンカーでも、フリーリグで扱えるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6ポンドから14ポンドまで。

フロロカーボンラインにするほうが、ラインの沈み込みが素早いので、手返しのいいバス釣りを展開できますよ。

持ち重り感はさほどなく、キャストフィールも良好です。

負荷が掛かったときのブランクスの曲がりも安定していて、バスを水面まで浮かせやすいですよ。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

赤いブランクスのロッドを持っていないなら、ぜひこのアイテムを検討してみてください。

釣り場でとびきり映えるのは、間違いないでしょう。

ハニーナゲット追加カラーの気になる発売日はいつ?

ハニーナゲット追加カラーの気になる発売日は、2021年の7月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、どちらのサイズも880円です。

実釣時には、できる限りゆっくりフォールさせることを実践してください。

ボトムをズル引きすると、バイトがひんぱんに発生しやすいですよ!

ジャッカルの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング